UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月15日

フェラーリ488GTO 公式ムービー

フェラーリは488GTOの公式ティザームービーを公開しました。






動画ではレーシングカーの488チャレンジから受け継ぐエンジンやレーシングストライプ、そしてレブカウンターなどを見ることができます。
エンジンは710馬力を発揮すると言われています。
488GTOには専用のスタイリングが与えられ、ダウンフォースに特化したボディワークになっていることがわかります。



posted by Parka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月14日

新生ランチア ストラトス 25台限定生産へ 

イタリアのビスポーク・スポーツカー・ビルダーとして知られるMAT社が、ランチア・ストラトス・コンセプトを25台の限定生産すると発表しました。

timthumb.php.jpeg
storatos_180209_004.jpg

オリジナルのストラトスは1973年から1978年までの間に492台を生産しました。そして今回の新生ストラトスはオリジナルのデザインを継承したモデルでコンセプトモデルは2010年に初公開されました。

storatos_180209_003.jpg
storatos_180209_002.jpg


スタイリングは名門のピニンファリーナが手掛け、フェラーリ430スクーデリアのアルミ製スペースフレームとドライブトレインを流用しています。外観は、オリジナルと同様の全長3710mmの短いホイールベースを採用し、車両重量は1274kgと軽量に仕上がっています。

こストラトスの生産には紆余曲折あり、2011年に市販化を断念した経緯がありますが、今回MAT社は、ドイツの実業家のミハエル・ストシェック氏から外観と技術面が同じストラトスコンセプトの複製許可を得て生産に繋げることができました。




posted by Parka at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

レンジローバースポーツ PHEV 天門山クライムムービー





09rrs_18my_dragonchallenge_120218_09.jpg

ランドローバーはレンジローバースポーツPHEVを発表し、その性能を証明するために観光地として有名な中国にある天門山の「天へと続く門がある山」の999段の階段を駆け上がる動画を配信しました。この階段を駆け上がるのは自動車としては初のことです。この天門山の階段は最大角度45度にもなり自動車で駆け上がるのは不可能とされてきました。

04rrs_18my_dragonchallenge_120218_04.jpg
03rrs_18my_dragonchallenge_120218_03.jpg






この天門山の階段は11.3kmにも及ぶ99個のカーブがあり「竜の道」と呼ばれる場所で、今回のレンジローバーはレンジローバースポーツP400eで400馬力を発揮します駆け上がる姿は圧巻でこれからも新しい挑戦を続けて行ってくれるものと思います。



posted by Parka at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

新型メルセデス AMG G63

メルセデスベンツはスイスで開催されるジュネーブモーターショーで先日公開した新型のGクラスにAMGモデルのG63を正式にお披露目すると発表しました。新型のGクラスは今年1月に開催されたデトロイトモーターショーで初お披露目されたモデルで、今回のG63はハイパフォーマンスモデルであり、メルセデスお抱えのAMGによってチューニングされたモデルになります。

18c0089_007.jpg
18c0089_112.jpg
17c1001_07.jpg
17c1001_17.jpg
17c1001_14.jpg
17c1001_19.jpg
18c0089_011.jpg


新型メルセデスAMG G63は先代モデルの5.5リッターV型8気筒ガソリンツインターボからダウンサイジングされたエンジンが搭載され、4.0リッターV型8気筒ガソリンツインターボに置き換えられています。
しかし、4.0リッターのV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力585馬力を6000rpmで発生させ、最大トルクは86.7kgmで2500〜3500rpmの間で発生させます。その結果、0-100km/hの加速が4.5秒、最高速が220km/hになっており、オプションですが、ドライバーズパッケージを選ぶことで最高速が240km/hに引き上げ流事も可能です。

18c0089_078.jpg
17c1001_10.jpg
18c0089_017.jpg
17c1001_36.jpg
18c0089_059.jpg



トランスミッションは9速のAMGスピードシフトTCT 9Gが搭載され、駆動方式はAMGパフォーマンス仕様の4輪駆動の4MATICで、前後の駆動トルク配分は、40対60を基本になります。サスペンションやブレーキなどの足回りはパワーに見合うように強化されています。そしてGクラスとしてのオフロード走破性も両立しており、砂地、や岩場などの走行にあったモードもあり、ローレンジも用意されています。

18c0089_131.jpg
18c0089_133.jpg
18c0089_134.jpg
18c0089_136.jpg
17c1001_35.jpg


そして、AMGらしいスポーツテイストを纏ったインテリアとエクステリアになっており、インテリアは新設計のメーター類などが並ぶコックピットになっています。

今年夏以降に納車を予定しているようです。



posted by Parka at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

メルセデス マイバッハ S 650

メルセデスのフラグシップであるSクラスのトップモデルのメルセデス マイバッハS650がジュネーブモーターショーでワールドプレミアすることが発表されました。

18c0032_02.jpg
18c0032_01.jpg
18c0032_03.jpg


新しいマイバッハS650はツートーンのペイントなど色々なオプションが用意されており、アストンマーティンのQ部門などのようにハンドメイドのオーダーメイドのように生産されます。



このマイバッハにはS65AMGにも装着されている20インチのマルチスポークが装着されていますが、あと2種類マイバッハ専用の20インチのホイールが用意されているようです。そして従来のSクラスロングより200mm延長されたボディのインテリアにはマイバッハの名前にふさわしい内装になっており、より広いレッグルームなどが用意されています。そしてリアシートにはリクライニングはもちろん、黒革似合うように金、銅、プラチナによるステッチが用意されています。

18c0032_05.jpg
18c0032_04.jpg
18c0032_06.jpg

メルセデスマイバッハS 650に用意されるエンジンは1種類でV12気筒ツインターボエンジンで630馬力を発揮し、7速のトランスミッションが搭載されています。
直接的なライバルはロールスロイス ゴーストやベントレー フライングスパになりベントレーも新型のコンチネンタルGTをベースにフライングスパをジュネーブショーで公開する見込みです。



posted by Parka at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月10日

ジャガー D タイプ25台限定生産

ジャガーは往年の伝説的なレースカーのDタイプを復刻し限定生産することを発表しました。今回の復刻にあたり、ジャガーは6年前から計画を初めていたようです。

j_classic_d-type_050218_02.jpg
j_classic_d-type_050218_03.jpg
j_classic_d-type_050218_08.jpg
j_classic_d-type_050218_06.jpg

オリジナルのDタイプはCタイプの成功を元に開発されたモデルで、ルマン24時間耐久レースに向けてより空気抵抗の少なく最高速に重点を置いて作製されました。1954年にデビューしたDタイプは、1954年は優勝をすることができなかったもののルマンのバックストレートでの最高速の記録を塗り替えました。1955年から, 1957年までの3年間連続して優勝しました。しかし、1957年に工場を襲った火事により、生産中のDタイプの治具がすべてが焼失してしまい、生産続行不可能となり、生産が終了しました。

ジャガーはDタイプの後継者として、XKSSを生産していましたが、XKSSも火事によって完全に消失してしまい幻となっていましたが、ジャガーは9代のXKSSを復刻生産し、今回25台のDタイプを復刻させることに成功しています。

Dタイプはロングノーズとショートノーズの2種類あり選ぶことができるそうです。
j_classic_d-type_050218_21.jpg
j_classic_d-type_050218_12.jpg
j_classic_d-type_050218_11.jpg
j_classic_d-type_050218_19.jpg


価格などは公表されていませんが、先に販売されたXKSSが1億円前後でしたので、同じような価格帯になるのではないかと見られています。

赤ちゃん肌の秘密!コラーゲン成分配合の美容サプリ【天使のベビーコラーゲン】



posted by Parka at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月08日

マクラーレン セナ 0-100km/h 2.8秒





マクラーレンは3月のジュネーブモーターショーで正式に一般公開される新型スーパーカーのマクラーレンセナの詳細を発表しました。

mclaren_senna_victory_grey_19.jpg
mclaren_senna_victory_grey_16.jpg


マクラーレン・セナは、伝説のF1ドライバーの故アイルトン・セナ氏の名前を冠したスーパーカーになり、ミッドシップに4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最大出力は800馬力、最大トルクは81.6kgmを発生すると発表されました。
このモデルはハイブリッドシステム無しのマクラーレン市販車として、史上最強となり、トランスミッションは7速デュアルクラッチになります。


mclaren_senna_victory_grey_14.jpg
mclaren_senna_victory_grey_15.jpg
mclaren_senna_victory_grey_20.jpg

第3世代のカーボンファイバーモノケージが装備されていて、このモデルはすべてのボディパネルをカーボンファイバーになっており、車両重量もマクラーレン史上最も軽量な1198kgになるようで、この結果、パワーウェイトレシオは、1.49kg/馬力となります。
そして、ダウンフォースも最大になっており、255km/hでのダウンフォース量は車全体で800kgとなっており、リアウイングのみでも500kgを発生すると発表されました。

mclaren_senna_victory_grey_7.jpg
mclaren_senna_victory_grey_20.jpg
mclaren_senna_victory_grey_2.jpg
mclaren_senna_victory_grey_12.jpg
mclaren_senna_victory_grey_10.jpg
mclaren_senna_victory_grey_5.jpg
mclaren_senna_victory_grey_8.jpg

マクラーレン セナは、0〜100km/hの加速を2.8秒、0〜200km/hの加速は6.8秒と発表されており、最高速は340km/hになります。そして、0-400mの加速は9.9秒で、200km/hから静止するまでの距離は100mと驚異的な制動力を誇ります。

500台限定ですが、既に売り切れており、先日行われたオークションでは定価の約3倍の価格の約3億円で落札されていて、既にプレミア価格がついていますし、最後のハイブリッドモデルではないガソリンエンジンのみの特別車になる見込みが強いモデルです。



posted by Parka at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月06日

次期 BMW M3セダン

次期BMWM3セダンを北欧フィンランドでテストしているところを目撃されました。

60929.jpg
60932.jpg
60928.jpg
60934.jpg
60936.jpg
60938.jpg
60941.jpg

今回目撃されたテスト者は全身にカモフラージュが施されており、詳細は分かりませんが、ヘッドライトやフロントバンパーなどフロント周りには現行と全く違うデザインが採用されているようです。そして、ワイドになるキドニーグリルが確認できます。この新しい3シリーズにはCLARアーキテクチャと呼ばれる新しいプラットフォームが採用されており、剛性や軽量が向上しさらなるパフォーマンスが期待できます。

ギアボックスには、6速MTと8速ATが用意される見込みです。そして、エンジンはウォーターインジェクションシステムを搭載する、新開発のS58型で、3リッター直列6気筒ツインターボエンジンと48Vマイルドハイブリッドを組合せたハイブリッドモデルになり、最高出力は500馬力以上と見られています。
そして、駆動系は新型M5同様に、4WDのxDriveシステムになるようです。

次世代型には新燃費計測モードのWLTPが採用され、旧式の燃費計算方法の現行M3は、今年5月を持って生産終了するとの噂が囁かれています。

ワールドプレミアは2019年のフランクフルトモーターショーを予定しているようです。




タグ:BMW M3 新型
posted by Parka at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

アウディ RS6アバント パフォーマンス・ノガーロ・エディション 705馬力

アウディは、RS6アバントにパフォーマンス・ノガーロ・エディションの発表をしました。

rs6_av_pf_top_usp_04.jpg

今回発表された。パフォーマンス・ノガーロ・エディションは、アウディのモータースポーツパートナーで、アウディのトップチューナーとしても知られるABT Sportslineと共同で作成された車両で、エンジンには、ABT のチューニングメニューが導入されているのが特徴になります。
エンジンはノーマルのエンジンと変わらずに、直噴4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンで、ノガーロ・エディションはABT Sportslineのチューニングを受け、最大出力705馬力、最大トルク89.7kgmを発生します。最高速は320km/hと発表されています。

rs6_av_pf_top_usp_03.jpg

RS6アバントは、自社のミドルサイズのA6シリーズのステーションワゴンのA6アバントをベースに、パワフルなエンジンとよりスポーティーなエクステリアやインテリアに仕上げられています。
エンジンは、直噴4リッターV型8気筒ツインターボTFSIの高出力版で、最大出力は560馬力を誇り、0-100km/hの加速は3.9秒、最高速は305km/hという世界最速のステーションワゴンの一台で、駆動方式はもちろんアウディ伝統の4WDのクワトロで、トランスミッションは8速ティプトロニックでスポーティーな走りを楽しむことができます。

RS6アバント ノガーロ・エディションは専用のインテリアとエクステリアを与えられ、RS6より強化された足回りで固められています。このパフォーマンス・ノガーロ・エディションは、150台の限定生産になり、ヨーロッパでの価格は、13万ユーロ(約1785万円)と公表されていますが、日本での導入や価格は未定になります。



posted by Parka at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月05日

ジャガー初 EV I-PACE

ジャガーランドローバーグループはスイスで3月に開催される2018年ジュネーブモーターショーで、ジャガー初の市販EVである I-PACEを出品することを発表しました。

60759.jpg
60761.jpg
60760.jpg


I-PACEは、SUVのEV車で、モーターを前後アクスルに搭載し、4輪駆動を実現しています。モーターの合計馬力は、400馬力、71.4kgmのトルクを発揮します。注目すべきは、71.4kgの強力なトルクで、この数値は、自社のスポーツカーのFタイプSVRと同数値になります。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0-100km/hの加速は4秒とスポーツカー並みの数値を記録しています。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWhと大容量になり、1回の充電での航続は最大500km以上となり、DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量を45分で充電できるようになっています。



posted by Parka at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。