UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月24日

ワンオフモデル フェラーリSP38

フェラーリは新たなワンオフモデルのフェラーリSP38をフィオラノで初公開しました。このモデルは488GTBをベースにしたモデルで、F40のオマージュモデルになると発表されていて、F40からインスピレーションを受けたデザインになっています。


20180523200438e01.jpg

フェラーリのワンオフモデルはこれまでに458MMスペチアーレやフェラーリSP275コペンティツィオーネ、250 TR(テスタロッサ)からインスピレーションを受けたF12 TRS、512BBにインスピレーションを受けたSP12 EC(エリック・クラプトン)などがあり、約2年前ぶりのワンオフモデルになっています。


20180523200439510.jpg
20180523200441048.jpg

20180523200437da0.jpg

デザインとしては、F40からはエンジンフードとリアウィングのデザインSP38のデザインに反映させているのがわかります。このワンオフモデルは週末から始まるコンクール・デレガンス・ヴィラ・デステにて展示されます。

20180523200442f7d.jpg


基本スペックは488GTB同じと見られていますが、ワンオフモデルなので価格は3億円以上とも言われています。


2018年04月16日

ランボルギーニ アヴェンタドール SV イオタ

2019年に発売が予定されているランボルギーニアヴェンタドールSVイオタが今まで見たことがない色のド派手なカモフラージュ柄でテストされている所を目撃されました。

20180410171033118.jpg
201804101710187cb.jpg
20180410171020a9c.jpg


ランボルギーニのフラグシップモデルの現行アヴェンタドールSのハードコアモデルで、アヴェンタドールシリーズの最終モデルになると言われているSVイオタは、ニュルブルクリンク最速タイムを出したウラカン ペルフォルマンテの空力パッケージを採用していて、デュアルエキゾーストマフラーや、チェンテナリオの様なリアディフューザーなど新デザインのエアロパーツが装着されています。

20180410171017405.jpg

直接的なライバルのフェラーリ812スーパーファスト以上のスペックになると見られ、6.5リッターV12エンジンは800馬力以上と見られ、アヴェンタドールSに比べ軽量化されることが予想されます。

20180410171015424.jpg


SV イオタはアヴェンタドールSのハードコア版で、前モデルのアヴェンタドールのハードコア版のSVはクーぺモデルが限定600台/ロードスターモデルは限定500台の生産でしたので、SV イオタも同じく限定車になると見られます。

2018年03月17日

メルセデスベンツ デジタルヘッドライト Sクラスマイバッハに初搭載

開催されているジュネーブモーターショーで、メルセデスベンツはSクラスマイバッハに初搭載されるデジタルヘッドライトを公開しました。

201803061010444a3.jpg

新しいデジタルヘッドライトには100万個以上のマイクロリフレクターを搭載していて、LEDヘッドライトよりも更に明るくなっていて、対向車には眩しさを軽減させ、視界が悪い道路の安全性を高める理想的な照明条件を作り出す事が可能な最新技術で、まずはトップモデルのS クラス マイバッハから導入されます。
このヘッドライトは視界が悪い道路に特定の警告画像を投影して車のドライバーに危険性を注意喚起する機能が備わっています。

2018030610105427f.jpg
20180306101057107.jpg
20180306101051b25.jpg
20180306101052200.jpg
20180306101055dbb.jpg
201803061010411d1.jpg
20180306101042589.jpg

デジタルヘッドライトを搭載したSクラス マイバッハにはカメラやセンサーで路面状況を感知し高スペックのコンピューターとデジタルナビゲーションシステムが瞬時に計算し光の加減を可能な限り最適化させると共に、路面状況をドライバーに伝えます。

esfgtrytrhyryryryryr.jpg

メルセデスは前期型のW222のSクラスからマジックボディコントロールという車が路面状況を判断してサスペンションなどを適正化させる技術を搭載してきましたが、この新しいデジタルヘッドライトも同じように車が路面状況を判断してガイドラインや方向指示などを出せるようになっています。
この技術によって、夜間の運転で路上で止まっている車や物などに気が付かず事故になってしまう例などを軽減できる見込みで、メルセデスはデジタルヘッドライトを順次他のモデルにも普及させる見込みです。





ですがこの技術は各国で適用される法的枠組みの条件を常に遵守しなければならず、現在承認の為テストを重ねています。

2018年03月12日

マクラーレン 次期ハイパーカー BP23

マクラーレンが開発をしている次期ハイパーカーのBP23ですが、マクラーレン史上最速のモデルになるようです。マクラーレンのアルティメットシリーズのラインナップに並ぶこのモデルは、1998年に当時のF1が記録した最高記録の243mph (391km/h)に迫るモデルになるようです。

mclaren_bp23_march_2018_driver_view.jpg


この391km/hという最高速度を超えることができる車は限られていて、ブガッティや、ケーニグゼグ、そしてヘネシーなどどのモデルも1000馬力以上のモデルになります。しかし、マクラーレンのCEOのMike Flewittt氏は「最高速度だけが取り柄ではなく、想像を絶するほど速く、マクラーレン史上最速のモデルを開発している」と話し、「もし300mph(482km/h)に耐えられるタイヤがあってもサーキットでの使用には適さないでしょう。それよりもドライバーがより思い通りにドライブできるようなパッケージで考えていて、よりエアロダイナミックスに特化したモデルになるでしょう。」と話しています。

mclaren_bp23_march_2018_rear_sketch.jpg

マクラーレンはまだ正式なエンジンや駆動方式について発表しておらず、ツインターボのV8エンジンが搭載されるのか、または新設計のエンジンなのかはわかりませんが、現在サーキット専用のP1 GTRを上回るパワーを発生するのは間違い無く、ハイブリッドシステムになるのも間違いないようです。





mclaren_bp23_march_2018_three-seat_cockpit_overview.jpg

BP23は、(B)ビスポーク(P)プロトタイプ (2) 2 (3)スリーシーターの省略で、今までにマクラーレンが作成したF1と同じ数に当たる106台の生産になり、今年中に正式にお披露目される見込みです。
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。