UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年03月08日

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー

ニュルブルクリンクで最速タイムを記録したランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテにスパイダーモデルが追加されることが発表されジュネーブモーターショーにて公開されました。

Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-2.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-1.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-4.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-3.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-5.jpg

ソフトトップのルーフ以外は、クーぺのペルフォルマンテのままで、フロントスポイラーやリアウイング、ディフューザーなどクーぺのペルフォルマンテと共通になり、標準のウラカンスパイダーとは異なるデザインになっています。ルーフの開け閉めに要する時間は17秒で、50km/hまでなら走行中でも動作可能です。

Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-13.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-14.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-7.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-18.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-16.jpg



エンジンもまたウラカン ペルフォルマンテと同じ自然吸気の5.2リッターV10エンジンで、最高出力は640馬力/8000rpmと61.2kg-m/6500rpmを発生させます。駆動方式も同様に4WDで、オープンボディによる補強などの理由で車重は125kg増えています。乾燥重量は1507kgで、前後重量配分は43:57となっていますが、そして、車重は125kg増えたにもかかわらず、0-100km/hのタイムは3.1秒、0-200km/hのタイムは9.3秒で、車重が増えたにもかかわらず、最高速度はクーペと同じ325km/hです。シャシーのセットアップに変わりはありませんが、ステアリングとスタビリティコントロールのセッティングは新しくセットアップされています。




posted by Parka at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7402762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。