UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年03月07日

DBA スピードバックGT シルバーストン・エディション

英国資本の少数生産メーカーであるデイビッド・ブラウン・オートモーティブ(DBA)が、ジュネーブモーターショーに特別なスピードバックGTを出店することを発表しました。この特別なスピードバックGTはシルバーストン・エディションと名付けられ、クラシックなデザインを身にまとい新しい客層を取り込もうとしています。

speedback-silverstone-edition-11.jpg

スピードバックGT シルバーストン・エディションは一台一台手作業で仕立てられ、高級な英国産の素材やトリムパーツをふんだんに使用しています。

speedback-silverstone-edition-3.jpg
speedback-silverstone-edition-4.jpg
speedback-silverstone-edition-8.jpg

ジャガーXKRクーペがベースになっていて、XKRクーペのアルミ製シャシーなど基本構造はそのまま流用しています。しかし、搭載されているエンジンの、ジャガーの5リッターV8スーパーチャージャーは、609馬力までパワーアップされています。サスペンションはシルバーストンの名前に相応しいようにスポーティなチューンが施されていて、装着されるアルミホイールは専用デザインの20インチで、タイヤはフロントが255/35、リヤが285/30です。

speedback-silverstone-edition-29.jpg
speedback-silverstone-edition-30.jpg

シルバーストン名前は、DBA本社の所在地と、その向かいにエントランスがあるF1サーキットにちなむもので、
元々、サーキットは英国空軍の基地だったことが由来になっています。スピードバックGTは一台一台アルミのボディパネルを叩き出しで成形され、インテリアの縫製などもすべて手作業により完成されます。

speedback-silverstone-edition-10.jpg
speedback-silverstone-edition-12.jpg
speedback-silverstone-edition-1.jpg
speedback-silverstone-edition-13.jpg
speedback-silverstone-edition-7.jpg
speedback-silverstone-edition-23.jpg

DBAの創設者であるデイビッド・ブラウン氏は、「シルバーストン・エディションで、新たな顧客の獲得を目指しています」と語り、「オリジナルは気楽で時代を超越したカタチですが、こちらはもっとパフォーマンス重視になっていて、より若い客層に向けたものです。ただし、ゆったりと走れて日々使えるクルマである点は慎重に残しました。これは、サーキットマシンではないのです」と続けています。

speedback-silverstone-edition-15.jpg
speedback-silverstone-edition-5.jpg


販売価格は£744,000(1億1200万円)と高額で、10台限定の生産になります。またベースモデルのスピードバックGTは517psで£120,000(1800万円)と高額ではありますが、数少ないクラシックなデザインなモデルとしては平均的な価格です。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7402216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。