UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年01月25日

次期ランドローバー レジローバー イヴォーク ハイブリッド搭載へ

世界で爆発的な人気を博しているランドローバーのレンジローバー イヴォークが次期プロトタイプを極寒のスウェーデンで寒冷気候テストをしているところを目撃されました。今回のテストは通常1台でのテストではなく、複数台の開発車両を持ち込んで何か新しいシステムをテストしているようです。

59546.jpg
59534.jpg


ランドローバーの歴史上、大ヒットモデルになったレンジローバー イヴォークは、2011年の発売から6年が経った現在でも、SUVのエントリーモデルとして人気を博し、新しいセグメントの先駆けになっただけでなく、年間販売台数が10万台を下回ることのない大人気のモデルに成長し、次期モデルは大きなプレシャーがのしかかります。

今回テストしているプロトタイプは、ボディに全て生産型パーツを装着し、ほぼ量産型と見られ、フロントマスクは完全にカモフラージュされてはいますが、現行モデルより厚みのあるラジエーターグリルやスポーティなベンチレーションを装備し、よりレンジローバーやレンジローバーヴ ェラールのようなデザインになるようです。またテールライトも薄型のヴェラールのデザインに近いものになりますです。

59546.jpg
59537.jpg
59535.jpg
59542.jpg
59551.jpg
59540.jpg
59553.jpg

プラットフォームは、現行のD8アーキテクチャの最新バージョンが用いられ、全長は変わらずにホイールベースが30mm程度延長される見込みで、改良されたプラットフォームにより、乗り心地と快適性を工場させており、よりレンジローバーの名前にあったモデルになる見込みです。

パワーユニットには、新設計の1.5リッターの直列3気筒エンジンに電気モーターの48Vハイブリッドシステムを組み合わせたハイブリッドモデルの他、最高出力1237psを発揮する2リッターの直列4気筒ディーゼルターボエンジン、最高出力296psを発揮する2リッター直列4気筒ガソリンエンジンなどがラインアップに並ぶ予定です。そして販売初期にはローンチモデルも用意される可能性もあります。

ワールドプレミアは、2018年秋以降を予定しており、それまでに各地でテストをしている様子が目撃されるでしょう。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7236808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。