UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年01月23日

ランドローバー レンジローバー 2ドアモデル レンジローバーSVクーペ

発売以来世界的な人気を博しているランドローバーのフラッグシップSUVのレンジローバーが新型車を極秘開発しているところをカメラが捉えました。詳細は不明ですが、この新しいモデルはフルサイズレンジローバーの2ドアモデルになり、レンジローバー史上最高級価格のモデルになることがわかっています。

そして、ランドローバーは1月24日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、レンジローバーSVクーペを初公開すると発表しました。

1266843.jpg


レンジローバーは初代レンジローバースポーツの販売を開始した際に、2ドアモデルのレンジストーマーをコンセプトカーとして2004年のデトロイドモーターショーに出展しましたが、今回テストをしていたモデルはレンジローバーSVクーペという名前になり、ジャガーランドローバーグループの高性能部門のSVOが設計開発を進める2ドアクーペになります。


レンジローバーシリーズのイヴォークには2ドアを選択できるモデルはありますが、現在そのほかには2ドアの設定はなく、新しいモデルになります。トップモデルのレンジローバーは、1970年の初代のモデルに限定生産ではありましたが、1000台限定で2ドアが発売されました。しかし、量産モデルとしては実に50年振りとなる歴史的モデルの誕生になります。そしてこの特別なモデルは、世界限定999台を生産する計画で、ランドローバーによると、レンジローバーSVクーペは初代レンジローバーをオマージュしたモデルとなり、クーペデザインが採用されるようです。


1266841.jpg
1266846.jpg
1266847.jpg
1266850.jpg
1266849.jpg

ジャガーランドローバーグループのレンジローバーデザイナーのジェリー・マクガヴァン氏は、「大型2ドア・クロスオーバーSUV市場の規模は小さいが、可能性は秘めている」と語っており、量産モデルとして実現するようです。そして、ジャガー・ランドローバーの特別モデル開発部門のSVOが手がけることにより、スポーツ性を兼ね備えたモデルになることは確実で、ベントレーのベンテイガや、メルセデスベンツのAMG、BMWのM、そしてアウディのRSに対抗できようなパフォーマンスモデルになる見込みです。そして生産もSVO部門が担当し、1台1台、ハンドメイドで組み立てられるようです。

カメラが捉えた開発車両は4ドアに見えますが、リアドア部分は極端に短くなっており、スタンダードのレンジローバーと比べると不自然な短さになっており、2ドアをカモフラージュしているようです。
正面から見るとノーマルのレンジローバーですが、ルーフはコンセプトカーのレンジストーマーのように低く傾斜しており、また市販型と思われるテールライトは、最新のレンジローバーとは全く異なるデザインが採用されているようです。

なお、ランドローバーは、レンジローバーSVクーペの内装の画像を1点公開。世界初のフルサイズラグジュアリーSUVクーペになる、としている。

1267184.jpg

ワールドプレミアは2020年頃と予想されています。そして、販売価格はレンジローバー史上最高額になる見込みです。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7229915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。