UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年01月23日

ブガッティ 3Dプリンターでブレーキ制作成功

スーパースポーツを生産しているブガッティが3Dプリンターでブレーキキャリパーの制作に成功しました。ブガッティは高度なエンジニアリングを常に目指し新しいことへ挑戦をしている、メーカーの一つです。

02_3d-druck_bremssattel.jpg
01_3d-druck_bremssattel.jpg


今回ブガッティが3Dプリンターで制作成功したブレーキはブレーキキャリパーでチタンを使って作られているとのことです。まだ試作段階で市販車に使うには改良を重ねる必要があるそうですが、近い将来市販できる見込みです。

3Dプリンターは登場以来革新的に進歩しており、違法なものも簡単に作成できるので人々のモラルが試されていますが、今までチタン素材を使ったものは困難と言われてきました。

今回のブレーキキャリパーは長さが41cm、幅は21cm、そして高さは14cmで2.9kgととても軽量に出来上がっており、自社の最新車のシロンに搭載されているブレーキキャリパは鍛造アルミで5kgと比べた際の差は歴然です。

その昔、メルセデスベンツが当時最新技術のABSをSクラスに搭載したことで、今では安全装置の標準装備の技術の一部としてほぼ全車に装着されていますので、まだ時間はかかると思いますが、将来的に3Dプリンターによるブレーキキャリパーを装着する車が一般的になるかもしれません。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7229350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。