UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2017年07月28日

8世代目 ロールス・ロイス ファントム

ロールス・ロイスが2003年に発表した7世代目のファントムから世界的なラグジュアリー市場が加熱し始めて今日に至っており仙台のファントムが牽引したことは間違いありません。そして今回8世代目となるファントムがロンドンプレミアでお披露目をされました。

Rolls-Royce-Phantom-1.jpg
Rolls-Royce-Phantom-20.jpg
Rolls-Royce-Phantom-23.jpg
Rolls-Royce-Phantom-24.jpg
Rolls-Royce-Phantom-21.jpg


新しいロールス・ロイス ファントムは新設計の総アルミのフレームを使用し、このフレームは噂をされているSUVのカナリンのセダンバージョンになり今後ゴーストやレイスなどにも反映されるものと思います。そしてこのフレームによってより一層乗り心地を改善しており、魔法の絨毯のような乗り心地を実現しているとのことです。

Rolls-Royce-Phantom-29.jpg
Rolls-Royce-Phantom-28.jpg
Rolls-Royce-Phantom-31.jpg
Rolls-Royce-Phantom-27-696x464.jpg
Rolls-Royce-Phantom-4.jpg
Rolls-Royce-Phantom-14.jpg
Rolls-Royce-Phantom-16.jpg
Rolls-Royce-Phantom-2.jpg
Rolls-Royce-Phantom-30.jpg


そして、エアサスペンションも一新されており、1秒間に何億もの計算をし路面に合わせたサスペンションセッティングを実現させており、より快適担っています。そして、100km/hまでメルセデスベンツのマジックコントロールのようなシステムが作動し事前に道路状況を読み取りサスペンションを適切な硬さに変更します。

新しいファントムは防音素材を130キロも取り込んでおり、より一層静かになっており、世界で一番静かな自動車になっています。

そして新設計の6.75リッターV12ツインターボエンジンは、563馬力、900Nmのトルクを発生し、8速のトランスミッションを介して駆動力を路面に伝えます。

そして、オプションがたくさん用意されており、Wi-Fiやリアのセパレートシート、天井のライトニングなど盛りだくさんです。

新しいファントムは5200万円程度からとなる見込みでさらなる世界的な成功を見込んでいます



posted by Parka at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6534636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。