UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年04月27日

ケーニグセグ アゲーラRS 242mph


スウェーデンのハイパーカーのケーニグセグ アゲーラRSが2kmの直線でコースで242mph(389.461 km/h)をイギリスで行われたVMAX200のイベントで記録しました。
eggs.jpg

このイベントでは 3台のケーニグセグが参加し、内2台のアゲーラと1台のOne:1が最高速を競いました。そのほかにもR32スカイラインGT-RやV60ポールスターなどのハイパフォーマンスカーが参加しました。

_mg_7136.jpg

このVMAX200のイベントでの最高速車は過去にアゲーラ One:1で記録した240mph (386.243km/h)ですが、今回記録した最高速は1.3マイル(2km)以下で記録したことが大きな話題となっています。



過去にアゲーラ One:1が240mphを記録した際の映像




そしてアゲーラRSがギネス記録を記録した277.9mph(約447.2km/h)



今回記録更新とはならなかったものの、One:1は 218.28mph(351.2km/h)を記録しています。

2018年04月26日

マリア・シャラポワ&マーク・ウェーバー ポルシェ911 GT2RS 試乗

ロシアの世界的スター選手でテニス選手のマリア・シャラポワ氏と、オーストラリアのレーシングドライバであり元F1ドライバで現在はポルシェの専属ドライバーのマーク・ウェーバー氏が、ポルシェ911の最速モデルのGT2RSの試乗しました。

f7121097-5755-49d3-a518-f4de4208e96c_image_480x270.jpg



マリア・シャラポワ選手とポルシェは元々ポルシェとスポンサー契約を結んでいましたこともあり、自身でハンドルを握るモデルはケイマンGT4ですので、十分なドライビングスキルがあるとみられますが、今回は911最強モデルのGT2RSに試乗しました。今回の911GT2RSは、ヴァイザッハ・パッケージにマグネシウムホイールなどのオプションを装着したモデルです。



posted by Parka at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ

2018年04月25日

フェラーリ セルジオ オークション出品へ

ピニンファリーナがデザインし、ワンオフモデルとして生産されたフェラーリ Sergioが5月12日にモナコで行われるRM サザビーズのオークションに出品されることが発表されました。昨年のオークションでも登場したこのフェラーリセルジオは5億7千万円で落札されています。

2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_0.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_4.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_1.jpg


フェラーリセルジオは数多くのフェラーリのデザインを手がけたイタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナの元名誉会長である故セルジオ・ピニンファリーナ氏の名前を冠した限定生産車フェラーリで、ピニンファリーナがデザインを担当しました。この限定生産のロードスターの生産台数は、わずか6台で、1台はアブダビへ、3台は米国へ、1台は日本へ、もう1台はスイスへ納車されました。




2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_7.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_10.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_15.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_17.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_3.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_44.jpg
2015-ferrari-sergio-by-pininfarina_2.jpg

搭載されるエンジンは458イタリアと同じ、4.5リッターのV8エンジンで最高出力は605馬力を誇ります。0-100km/hの加速は3秒と発表されています。



一番の特徴であるデザインはピニンファリーナが1960〜70年代のフェラーリをモチーフにデザインをし、クラシック感じさせるスタイリングを身にまとっています。またコンセプトカーのようなデザインでもありとても特徴的です。そしてこの個体は走行距離が200km以下でほぼ新車の状態でオークションに出品されます。

世界最速 SUV 日産 キャシュカイ 382.7km/h

イギリスのチューナーのSevern Valley Motorsporが、5年の歳月をかけて最速のSUVの日産 キャシュカイ (日本名 デュアリス)を作り上げました。最高速計測を行なった結果、382.7km/hのSUV世界最高速記録を達成しました。このスピードはマクラーレンF1やジャンボジェット機が離陸する時より速いスピードです。


31189809_1707791832616014_2078082753227653120_o.jpg





Severn Valley Motorsportに、日産 GT-Rのチューニングを専門にし的たチューナーで、過去には1,100馬力にまでパワーアップをさせたモデルも作り出していますが、今回はそのノウハウを同じ日産車のSUV キャシュカイに反映させました。搭載されるエンジンはGT-Rの3.8リッターV6ツインターボエンジンで、チューニングを施し、最大出力を2000馬力まで引き上げたエンジンを搭載しました。


img_5977.jpg
30744012_1704939659567898_7854020958334484480_o.jpg

今まで最速のSUVは、2016年のSEMAショーで公開された米国トヨタのMotor Sports Technical Centerが制作したランドクルーザーをチューニングしたランドスピードクルーザーで、370km/hでしたが、日産 キャシュカイは12.7km/h上回る記録を樹立しました。そして、今回記録した最高速度は、ケーニグセグ アゲーラRSが記録した356.1km/hをも上回る記録になります。


30653263_1695737837154747_3799768055081336832_o.jpg
30727707_1701844796544051_2061707851109236736_n.jpg
30729521_1701844789877385_2889146748226240512_n.jpg




30623912_1695571917171339_2072145175689297920_n.jpg
30706850_1701844929877371_6868387321805275136_n.jpg


2018年04月24日

Pogea Racing The FPlus Corsa フェラーリ 488 GTB

ferrari-488-gtb-pogea-racing-2.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-3.jpg

ドイツのチューナーのPogea Racingがフェラーリの488GTBのチューニングカーの FPlus Corsaを発表しました。ボディキットはカーボンファイバー製で、主な変更点はリップスポイラーや、リヤディフューザー、サイドウィング、サイドスカート、そして、大型リヤウィングをでよりダウンフォースを強めています。そして、このカーボンファイバー製のボディキットにより48kgの軽量化を実現しています。


ferrari-488-gtb-pogea-racing-7.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-6.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-8.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-10.jpg

搭載されるエンジンは排気量3.9リッターV型8気筒ツインターボエンジンで、主なチューニング内容はエンジンチューニングで主に専用のエキゾーストシステムを合わせ、最高出力は820ps、最大トルクは900Nmへとパワーアップしています。その結果、0-100km/hの加速は2.8秒、最高時速345km/hにまで上がっています。


ferrari-488-gtb-pogea-racing-11.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-17.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-14.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-15.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-19.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-18.jpg

専用チューンのサスペンションを装着し、専用のホイールは21インチの鍛造アルミホイールを装着です。
FPlus Corsaパッケージは限定20セットのみで、4セットは欧州市場、8セットは北米市場、残り8セットはアジア市場向けになっています。日本価格は発表されていませんが、欧州価格は€35,000となっており、460万円前後担っています。

2018年04月21日

ポルシェ911GT3RS ニュルブルクリンク オンボード

ニュルブルクリンク北コースのラップタイムを非公式ながら6分56秒を記録したと発表されていましたが、ポルシェから正式に6分56秒4を記録したと発表されました。このタイムは前モデルのGT3 RSよりも24秒も速く、GT3レーシングカー並のタイムです。

20180420191907ba0.jpg


ドライバーはポルシェのワークスドライバーは、ル・マン24時間耐久レースでポルシェ911RSRで走ったケビン・エストレ選手で、今回タイムを記録した際に使われたモデルは911GT3 RSで4.0リッターフラット6エンジンを搭載し520馬力を発揮するPDKモデルです。





911GT3 RSの詳細としては、車重は1430kg、そしてオプションのヴァイザッハパッケージ装着していました。
記録を出した日は4月16日、天候は晴れ、気温は14度、路面温度は18度で、午前11時40分にスタートしました。装着されたタイヤは、ミシュランパイロットスポーツカップ2R(265/35 ZR 20フロント 325/30 ZR 21リア)ですぐに注文する事が可能です。
posted by Parka at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ

2018年04月20日

ブラバム BT62

5月2日に発表が予定されているF1の名門ブラバムが26年ぶりに発表する新型車で初の市販車になるブラバムBT62のリアデザインと一部情報が発表されました。ブラバムBT62は創設者のジャック・ブラバム氏が1948年にオーストラリアでレースのキャリアをスタートしてから70年を祝って世界限定70台で発売され、価格は1億5000万円とも発表されています。

864oihigfuydtrtdfyghinkl.jpg


搭載されるエンジンはV8エンジンと発表されており、5.4リッターのV8自然吸気エンジンで700馬力以上で、車重は972kgと発表されました。そして、装着されるカーボンウィングはダウンフォース性能は1200kgを発生させ、ブレーキには6ピストンキャリパーのカーボンブレーキが装着されることが発表されています。そしてサーキット走行に特化させたモデルになるとも発表されています。





ブラバムは、1976年に初めてカーボンブレーキをレーシングカーに採用したり、BT46Bファンカーやターボチャージャーエンジンを搭載したBT52など最新の技術や斬新なアイディアをレースカーに反映させてきたこともあり、初の市販車になるブラバムBT62にも新しく革新的な技術を導入すると見られています。

ブラバムBT62は5月4・5日にロンドンで無料で展示されます。
posted by Parka at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラバム

2018年04月19日

ポルシェ 919 ハイブリッド EVO ルイス・ハミルトンとのスパ比較動画

先日去年のF1マシンより速いと話題を読んだポルシェ919ハイブリッドEVOですが、実際に去年ルイス・ハミルトン選手がベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでの予選で記録したタイムの1分41秒77とレーシングゲームでシミュレーターとしても有名なアセットコルサでの走行を比較しています。

20180418005906acc.jpg

ポルシェ 919 ハイブリッドは耐久レースのLMP1クラスのレギュレーションに沿って作られたモデルで 、今回のポルシェ 919 ハイブリッド EVOはそのLMP1クラスのレギュレーションにとらわれることなく改造されたモデルです。



搭載されるエンジンは2リッターV4ターボハイブリッドエンジンで基本構造は変わらないものの手が入れられていて、最高出力は1160馬力、車重は849kgと言うスペックを持つまでに手が加えられています。しかし、919ハイブリッドEVOはどのレギュレーションにも当てはまらないほどに改造されているので、もう公式レースに参戦する事はできませんが、ポルシェはこのマシンをサーキットが保持するレコードタイムに挑戦するように活躍させるようです。




このレーシングゲームでレースシュミレーターのアセットコルサは実際の車の挙動のように車が動かせることでも有名ですので、現実とかなり近い走りに限りなく近いと思われます。
posted by Parka at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ

アストンマーティン DBSスーパーレジェーラ

アストンマーティンは自社のフラグシップモデルのDB11の後継車としてDBSの名前を復活させることを発表しました。正式な名前も決まっていて、DBSスーパーレジェーラになります。


20180418113053b31.jpg


DBSスーパーレジェーラに関してまだ名前と一枚の写真しか公開されていませんが、エアインテークの下にスーパーレジェーラと書かれた文字があることからもうすでにデザインは完成しているものと思われます。

DB11に新設計のV12エンジンを搭載していましたので、DBSスーパーレジェーラに搭載されるエンジンも同じくV12エンジンになると見られていて、直接的なライバルのフェラーリ812スーパーファーストや今開発されているランボルギーニ アベンタドールSV イオタが800馬力ですので、同等のパワーを発揮すると見られています。





正式公開は今年6月に予定されています。

2018年04月18日

デベル シックスティーン 走行動画

去年のドバイモーターショーでデビューしたハイパーカーのデベルシックスティーンが実際に走行している動画が公開されました。


devel-sixteen.jpg


デベルシックスティーンはダウンサイジングが流行の中、12.3リッターのV16クアッドターボエンジンを搭載するハイパーカーで量産車最高馬力のの5000馬力を発揮すると発表されています。今回ドバイでテストされた車両は、低ブーストモード(20%)に抑えられた走行モードで走行しています。

www.instagram.com



フルパワー時の加速は0-100km/hを1.8秒、最高速度は560km/hと発表されています。
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。