UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年04月13日

ランボルギーニ ミウラ レストア

ランボルギーニのレストア部門のランボルギーニ・ポロストリコがレストアを行った2台目の「ミウラ SV」と、現在レストア中の「カウンタック LP400 ペリスコピオ」のシャーシが展示されました。


003_o.jpg
004_o.jpg
001_o.jpg

ランボルギーニ・ポロストリコは、現在ミウラ SV(シャーシ番号 5030)のフルレストアを行っており、このプロジェクトでレストアを行なっているミウラSVの初期段階も昨年お披露目されました。このフルレストアでは、ボディ、エンジン、内装にかかった作業は2000時間以上になり、あらゆる部分にランボルギーニのオリジナルスペアパーツが使われ、オリジナルのフォルムやコンディションを復元しています。

もう一台は、ランボルギーニ・ポロストリコが11カ月以上かけてフルレストアを進めているのはカウンタック LP400 ペリスコピオ(シャーシ番号 1120204)です。1976年に生産された当時のまま、あらゆる細部を復元していて、現在、エンジン、機械部品、電気系統などのフルレストアが進行中で、内装はオリジナルのタバコカラーのレザーを用いて復元予定になっています。



posted by Parka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月12日

シボレー カマロ ザ エクソシスト 


アメリカのチューニングメーカーのヘネシーパフォーマンスは、シボレー「カマロZL1」に最強モデルとなる「カマロ ザ エクソシスト」をニューヨークオートショーで初公開すると発表しました。



ヘネシーパフォーマンスはロータスエリーゼを元にした世界最速のVenom GTやTop Gearでジェレミー・クラークソンが乗ったフォードF150のチューニングカーのヴェロシ・ラプターで有名な過激なチューニングメーカーです。

この「エクソシスト」と名付けられたそのカマロのチューニングカーは、6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンのエンジン全体をチューニングされており、より高性能のスーパーチャージャーとインタークーラーシステムを搭載していて、0-100km/h加速を3秒未満でこなし、最大馬力はラインナップにある最強モデルのカマロZL1の659psを遥かに凌ぐ1000psを発揮すると発表されています。

あまり日本では見かけないカマロですが、見かけることがあればラッキーですね!



2018 BMW 8シリーズ テスト

20年ぶりに復活するBMW 8シリーズのテスト動画がキャッチされました。

この時期8シリーズはPHVも用意される見込みです。




噂されているのはMモデルが600馬力前後、そして840eがプラグインハイブリットなどが用意される見込みです。

そして、オープンモデルも用意される見込みで20年前の8シリーズには用意されなかったMモデルなどがラインナップされる見込みです。

お披露目は2019年を予定しています。

メルセデスベンツ同様に幅広く車種を選べるようになりそうですね。
タグ:PHV 輸入車 BMW
posted by Parka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月11日

ロールス・ロイス カナリン プロトタイプ

ロールス・ロイスが開発をしている自社初のSUVモデルとなるカナリンがウインターテストをしているところをカメラが捉えました。

このカナリンはファントムとは異なるフロントエアダクトを持つことや、単純にクロスオーバーSUVの規格に収まるボディサイズを持つことはないとアナウンスされています。



搭載されるエンジンは6.6リッターのV12気筒ツインターボで、最高出力は600馬力となる模様で価格は8千万円から1億円程度になると予想されています。

直接的なライバルはマイバッハのSUVでもあるG650となる模様です。

また動画にはカナリンだけでなく時期ファントムのテスト車も一緒に写っていることから同じくテストしているものと思われます。

発売は2018年を予定しているようです。

日本でもたくさんのファントムやゴーストなどのロールス・ロイスの車を見ることがありますので、このカナリンも日本で見かけるようになることでしょう。

posted by Parka at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月07日

マクラーレン BP23 次期ハイパーカー

BP23-500x333.jpg
マクラーレンが開発中のBP23のスケッチを初公開しました。
BP23は開発コード名です。
今回公開されたのはリアビューのみで低く構えられたリアエンドやテールランプ、ディフュザーなどが見ることができます。スッケチの流線型のデザインはマクラーレンのこれまでの車のように美しく、エアロダイナミクスにも優れていそうです。
このマクラーレンBP23には史上最もパワフルなパワートレインが搭載される予定で、900psを優に超える4リッターV8ガソリンツインターボの採用やP1同様にハイブリットシステムなどが噂されていますが、現段階でわかっているのは伝説的なマクラーレンF1同様にドライバーシートをセンターに配置した3シーターを採用することのみとなります。そして、価格ですが、3〜4億円とも言われていますが、まだプロトタイプすらできていなく、スケッチのみしかできていない状態で状態ではありますが、生産を予定している106台が既に完売したと公表されました。
公開は2年後の2019年のジュネーブモーターショーが有力視されています。
従来のマクラーレンのスーパーカーのように快適性とスピードを併せ持ったモデルになることは間違いありません。そして、F1、P1と1が付く名前が歴代の限定モデルについていますので、今回も1が付く名前になるのではないかと予想します。

売り切れてしまっているのは驚きですが、どのような形になるのかもわからないのにお金を払うのはすごいですね。
posted by Parka at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月06日

2018年モデル メルセデスベンツAMG GLC 63 と GLC 63 クーペ

2018年モデルのメルセデスベンツAMG GLC 63 とGLC 63 クーペが正式に発表されました。



Mercedes-AMG-GLC-63-S-3.jpg
Mercedes-AMG-GLC-63-S-4.jpg
Mercedes-AMG-GLC-63-S-5.jpg


Mercedes-AMG-GLC-63-S-Coupe-3.jpg
Mercedes-AMG-GLC-63-S-Coupe-8.jpg
Mercedes-AMG-GLC-63-S-Coupe-12-696x462.jpg

ダウンサイジングの波がSUVにも来ていますが、このクラスのSUVとしては唯一の4リッターV8を搭載しています。
しかし、搭載される4リッターV8はAMGパワーを受け、GLC63とGLC 63 クーペはツインターボで476馬力650Nmものパワーを発生します。そして、GLC63S とGLC 63 クーペSは同じエンジンを積んでいながら、510馬力、700Nmにまでパワーアップしています。
GLC63とGLC 63 クーペは静止状態から100kmまで4秒で加速し、GLC63 SとGLC 63 クーペ Sは0.2秒短縮され3.8秒で100kmに到達します。
あのレクサスLFAが静止状態から100kmまで3.7秒ですから、いかに速いかがわかります。
また最高速は250kmでリミットが効くようになっています。

とにかく速いことがわかりますね。高速では敵なしですね。







posted by Parka at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月05日

Hamann ハーマンレンジローバー イボーク コンバーティブル

スイスのジュネーブで開催されているモーターショーでドイツのチューニングメーカーのハーマンによるレンジローバー イボーク コンバーティブルが発表されました。

d0168411_19194558.jpg

Unknown.jpeg

Hamann-Range-Rover-Evoque-Cabrio-Official-0-600x363.jpg

ノーマルのイボークと見比べるととても大きく色々と変わっていますね。

ノーマルのイボークはこちら ↓
images.jpeg

images-1.jpeg

まず、フロントマスクはより攻撃的になり、ホイールもとても大きなホイールが装着されています。
そして、最大の変更点はリアです。大きなリアディヒューザーにセンターエクゾーストパイプへと変更されていて、まるでレンジローバーイボークではないような見た目になっています。

ハーマンは今回エンジンのアップグレードパーツも発表しました。
イボークに搭載されている2リッター4気筒ターボエンジンですが、ノーマル時で240馬力を発生しますが、ハーマンのアップグレードキットをつけることにより260馬力まで馬力を上げることができます。

このサイズの車に260馬力は十分すぎるパワーとなっています。

BMWの改造で有名なハーマンですが、今回のこのレンジローバーはレンジローバーにしては少しやんちゃな印象を受けますが、街を走っていたらかっこいいでしょうね!




Novitec Rosso マセラッティ レヴァンテ

フェラーリやランボルギーニなどイタリア車やロールスロイスのチューニングで有名なドイツのNovite Rossoがマセラッティ初のSUVであるレヴァンテをアップグレードを発表しました。


20170402131324.jpg

20170402131327.jpg

今回発売されたアップグレードは、ノーマル時のV型6気筒3Lツインターボの出力を430ps/43.8kgmから494ps/67.2kgmまでアップさせ、最高速度を272kmに、0-100km/h加速を4.8秒まで向上しています。

また、ディーゼルモデルに搭載されるV型6気筒3Lツインターボエンジンの出力を275psから322psに引き上げ、0-100km/h加速を0.7秒短縮させました。

ロワーリングキットはスポーツエアサスペンションになり、25mm車高をダウンさせることができます。

エアロはフルカーボンエアロキットになり、ホイールは22インチにインチアップしています。

スポーツエキゾーストは、通常時とスポーツモードが搭載され気分によってボタンを押すことでよりアグレッシブなサウンドになります。

まだまだ珍しいこの新しいマセラッティ レヴァンテですが、ノーマルの430馬力でも十分な気もしますが、より刺激を求める方や、他の人と同じが嫌な方にはうってつけですね。

posted by Parka at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月04日

ジャガー Eタイプ 新車販売へ

1960年代の代表的なイギリスのスポーツカーであるEタイプですが、ジャガーのレストア部門は1965年式のEタイプを10代限定でレストアして販売することを発表しました。

少し前に同じグループのランドローバーが初期のレンジローバーをレストアして10代限定で販売しましたが、今回はジャガー版のようです。

スクリーンショット 2017-04-04 15.19.27.png
スクリーンショット 2017-04-04 15.19.39.png
スクリーンショット 2017-04-04 15.20.06.png
スクリーンショット 2017-04-04 15.19.48.png

価格は、28万5千ポンドで今日の貨幣価値ですと日本円で3934万円ですが、近年のクラシックカーの高騰やこの手の車にある買ってからお金がかかるということを考えると安いかもしれません。




2017年04月03日

2016年と2017年のF1のGフォース比較

いよいよ開幕した2017年のF1ですが、大幅なレギュレーション変更がされむかしのF1のように幅広くより早くなっています。

去年に比べて4秒早くなったと言われています。
去年のGフォースと比べたものが各カーブで表示されています。



最高Gフォースは6.1G!!

恐ろしいですね。

スピードが乗らないと言われているオーストラリアのアルバートパークで6.1Gですからスパなどの高速コースでは7Gを超えてくるかもですね。

ドライバーもこれでは2時間が限界でしょう!

QUICKDO


そして、メルセデスが常に勝っていた近年のF1ですが、久々にフェラーリの優勝により今年のF1はより楽しくなりそうです。
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。