検索
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年08月13日

イップ・マン3(葉問3)

中国映画の代表的なジャンルの一つであるカンフー映画の最新作イップ・マン3を見た。イップ・マン(葉問)は香港のカンフーの伝説的な人物だが詠春拳という拳法の使い手で、あのブルース・リーの師匠として有名な人だ。映画はすでにシリーズ化されていて、日本でも前作は上映されているがドニー・イェンが演じたシリーズは三作ともなかなか出来が良い。

葉問

ドニー・イェンは誠実そうな顔つきでカンフー使いには見えないほど体も華奢だが、それが家族や地域の人を守るためにやむを得ず戦うイップ・マンの悲壮感にぴったりとくる。もちろん映画の最大の見せ場はアクション・シーンなのだが1対1よりも1対50とか大勢を相手の立ち回りが見せ場となる。今回はアクションスターの張晋が演じる同門の詠春拳の使い手との友情も絡められ、張晋の切れの鋭いアクションも見どころの一つだ。下の写真は張晋の得意とする包丁の二刀流だ。
張晋

このシリーズにはアクション以外に一貫して主張されているテーマがあって、それが家族愛と植民地として外国人に統治されてきた香港人の悲哀である。イップ・マンの奥さんは病弱で癌にかかって余命半年なのだが、襲ってくる刺客から奥さんをかばうためにぼろぼろになって戦うイップ・マンには涙が出そうになる。ただ奥さん役を演じる熊黛林はモデル出身の女優で主演のドニー・イェンより背が高いので、並んで歩くシーンではあまり癌で余命半年のかよわい奥さんには見えない。むしろ奥さんの方が強そうに見えるのはどうにかならないのだろうか。
奥さん

植民地として外国人に支配されている香港で占領軍の日本人やイギリス人から無理難題を押し付けられて困惑する香港人の悲哀が描写されているのもシリーズの一貫したテーマだ。今回は敵役としてボクシング世界王者のマイク・タイソンが出演している。さすがにイップ・マンでもマイク・タイソンをボコボコにはできないのだが、マイク・タイソンは三分間勝負でイップ・マンが死ななければ許してやるというイップ・マンに有利な条件を出すのでそこは問題がない。マイク・タイソンも試合自体は圧倒的に優勢を見せつけ顔が立つというものだ。
タイソン


イップ・マン 「序章」&「葉問」 Blu-rayツインパック【Blu-ray】 [ ドニー・イェン ]

価格:8,553円
(2016/8/13 09:32時点)
感想(6件)


2015年12月27日

王的盛宴

「王的盛宴」という映画は日本名が『項羽と劉邦 鴻門の会』となっているが、実のところ映画の主題となっているのは項羽と劉邦でも鴻門の会でもない。この映画の日本名は日本人に分かりやすいようにということで付けられたのだろうが、映画の主題からいえばちょっとずれたタイトルになっている。
王的盛宴

この映画の本当の主題は劉邦の将軍であった韓信がなぜ粛清されたかという謎解きにある。項羽と劉邦の争いで有名な四面楚歌や覇王別妃や鴻門の会の物語も一応は映画に出てくるが、映画の全体の筋からいえば単なるサブストーリーでしかない。この映画の真の主人公は劉邦でも項羽でもなく韓信である。
劉邦
韓信はもともと項羽の部下の一兵卒であったが、漢王朝の始祖である劉邦に大将軍として抜擢されて戦果を治め漢王朝の成立に最も貢献した将軍であった。「韓信の股くぐり」とか「背水の陣」といった日本でもことわざとなっているほど有名な将軍である。ところが漢王朝が成立すると劉邦から謀反の疑いをかけられて粛清されて三十五歳という若さで死んだ。

この映画では劉邦とその皇后がなぜ韓信を殺さずにはいられなかったかという点を説明していく。まず韓信は亡くなったときに三十五歳と非常に若く、その若さゆえに劉邦が死んだ後に漢王朝を脅かす存在となることが皇后の猜疑心を引き起こした。さらに、当初は項羽の下に仕えていながら鴻門の会では劉邦を逃がすために陰で工作しさらに劉邦に寝返って項羽を倒す主力となったことから、かつての主君に簡単に背くということも劉邦の猜疑心を引き起こしたと説明される。

この映画は見る前にあらかじめ項羽と劉邦の話や漢王朝の三人の功臣である韓信・張良・簫何などの関係を知っていないと意味が分かりずらいかもしれない。中国人ならば項羽と劉邦の話はたいてい知っているが、日本人ならば前知識として司馬遼太郎の小説や横山光輝の漫画などで項羽と劉邦の話を知った上で見る必要がある。ある程度こうした知識を前提としてみると、映画で提示されている新しい歴史解釈が見えてくるだろう。

項羽と劉邦 鴻門の会 [ ダニエル・ウー ]

価格:1,000円
(2015/12/27 21:02時点)
感想(0件)


タグ:王之盛宴

2015年11月29日

趙氏孤児(邦題:『運命の子』)

今日はたまたま京劇のチャンネルで趙氏孤児を上演していて、ついつい面白そうで見入ってしまった。その後で興味がわいたので2010年に公開された陳凱歌監督の趙氏孤児もついでに見た。前々からこの中国では有名な物語を見たいと思っていたのだが、一日に二つのバージョンで見ることになった。

趙氏孤児は春秋時代の晋国の話で司馬遷の『史記』などでも取り上げられているかなり古い時代の話である。後に元の時代に劇で上演されるようになり、中国人は誰でも知っている有名な話で京劇や映画やドラマにもたびたびなっている。映画版の趙氏孤児は邦題が『運命の子』となっているが、いまいちピンと来ない題名だ。まだ台湾版や英語版のサクリファイス(犠牲)という題のほうがしっくり来る。

ストーリーは晋国の宰相であった趙盾という人の一族が、その息子の趙朔将軍の代に陰謀によって謀反の疑いを掛けられて家族皆殺しになる。ただし趙朔将軍の生まれたばかりの子供だけは医者の程嬰によって隠されて育てられる。それを察した殺害者は国のすべての赤ん坊を殺すよう命令を出す。程嬰にも生まれたばかりの子供がいたが、程嬰は自分の子供を趙家の子供として身代わりに差し出して趙家の子供は難を逃れる。その趙家の子供が大きくなって親の仇討ちを果たすという物語である。
趙氏孤児
赤ん坊が全員殺されるところを隠されて生き残り、後に仇討ちを果たすというモチーフは旧約聖書のモーセの場合もそうであるし、イエス・キリストにも同じような伝説があるから古くから東西である英雄生誕と仇討ちの話のパターンの一つであるようだ。

京劇版と映画版とでは細部の設定が異なっており、京劇版では趙氏孤児の母親の姫様は主君の姉であることから殺害されず後に子供と対面する。映画版ではこの姫様を范冰冰が演じており、姫様は子供を産んで程嬰に託すとすぐに自殺してしまう。また京劇版ではわざわざ程嬰が趙氏の子供を守るために自分の子供を身代わりに差し出すことになっているが、映画版では誤解がもとで自分の子供が趙氏の子供として殺されてしまう。

二つの劇を比較して感激できるのは京劇版のほうで、感情表現などが巧みでつい見入ってしまう。映画版の方はこの物語に新しい解釈を提出していてキャストも豪華なのだが、今一つ感動できなかった。確かにいくら程嬰が託された子供を守るためとはいえ、自分の子供を差し出すのは現代の道徳観からすればやや引っかかるものがあるのはわかる。だがその非合理の故に悲劇性が増すということもあるので、こればかりは京劇版の従来の解釈のままでよかったのではなかろうか。香港版の映画やドラマ版もあるようなので、各種見比べて見るのもいいだろう。

【新品】【DVD】運命の子 グォ・ヨウ[葛優]

価格:5,076円
(2016/6/24 13:46時点)
感想(0件)



中国映画/趙氏孤兒(DVD) 台湾盤 SACRIFICE

価格:2,575円
(2015/11/29 23:34時点)
感想(0件)



中国ドラマ/趙氏孤兒-全45話- (DVD-BOX) 台湾盤

価格:13,500円
(2015/11/29 23:37時点)
感想(0件)


タグ:中国映画

2015年10月27日

一夜惊喜(ワンナイト・サプライズ)

やはり昨日テレビで見た映画で2013年に公開された映画「一夜惊喜」(ワンナイト・サプライズ)だ。范冰冰(ファン・ビンビン)のファンのための映画という感じの恋愛コメディ。

一夜

范冰冰(ファン・ビンビン)演じるミシェルは広告会社のOLだが誕生日パーティで酔っぱらってしまい、気が付くと妊娠してしまっていた。しかし酔っぱらっていて記憶がなく、子供の父親が誰かわからない。そこで父親を何とか探し出して、出産までに結婚してしまおうと婚活に励む。

范冰冰(ファン・ビンビン)を口説こうと何人もの男が現れるのだが、范冰冰(ファン・ビンビン)はハンサムな大金持ちの社長を追いかけて男たちに見向きもしない。ただ范冰冰(ファン・ビンビン)が追いかけている社長には別居中の妻がいる上に、会社の女性従業員にお手つきを繰り返しているようなプレイボーイ。結局は范冰冰(ファン・ビンビン)にも社長が全く自分と結婚するつもりのないことが分かり退散。

最後は出産のその瞬間まで范冰冰(ファン・ビンビン)を追いかけてきた男性と結ばれるという結末だ。まあ范冰冰(ファン・ビンビン)くらいの美人なら、何人もの男性に追いかけられても不思議ではないが、そうでない普通の女性が見ても妬ましくなるだけだ。男性ファンが見れば、范冰冰(ファン・ビンビン)を追いかける男性に自分を投影して楽しめるのかもしれないが。下は范冰冰(ファン・ビンビン)が妲己を演じる「封神演義」、范冰冰(ファン・ビンビン)の妖艶さが妲己にぴったりだ。

【送料無料】封神演義 DVD-BOX II/ファン・ビンビン[DVD]【返品種別A】

価格:5,896円
(2015/10/27 09:24時点)
感想(0件)


2015年10月25日

ブラッド・ウェポン:逆戦

テレビをつけたらたまたま放映されていたので見た映画が、台湾のアイドルスター周傑倫(ジェイ・チョウ)と香港のイケメン俳優の謝霆鋒(ニコラス・ツェー)が主演の「ブラッド・ウェポン:逆戦」だ。「逆戦」というのはまあ「逆境の中の戦闘」とでもいうような意味だろう。2012年の公開だから少し古い映画になる。

ブラッドウェポン

周傑倫(ジェイ・チョウ)と謝霆鋒(ニコラス・ツェー)は兄弟だが、幼いころに両親が離婚してそれぞれ別々に育てられた。母親に育てられた周傑倫(ジェイ・チョウ)は警察になり、父親に育てられた謝霆鋒(ニコラス・ツェー)は犯罪組織の一員となっていた。

周傑倫(ジェイ・チョウ)はウイルステロの事件に巻き込まれ、そこで犯罪組織側の兄と30年ぶりに再会する。警察の中にも犯罪組織と手を組む者がいて、二人は警察と犯罪組織の両方と熾烈な闘いをしながら犯罪組織に誘拐された謝霆鋒(ニコラス・ツェー)の娘を救出するといったような内容。アクションの内容はいたるところに「ボーン・スプレマシー」の影響を受けた場面がちりばめられている。

ただ設定やストーリーはアクションのためにとってつけたようなもので、映画の主な見どころは二人のイケメンスターが共演して銃を撃ちまくるのを眺めるということになる。そのため二人は何十発と敵の銃弾を浴びても、なお立ち上がり激しいアクションを繰り返すというゾンビ並みの生命力だ。
逆戦
ようするにこれは二人のアイドルのファンのためのイケメン鑑賞映画ということだ。ただこの映画は中華圏でもコケたようだが、その理由は安易でチープなストーリーと中途半端なアクションシーンにあるだろう。

【DVD】ブラッド・ウェポン/ニコラス・ツェー [DABA-4343] ニコラス・ツエー

価格:3,694円
(2015/10/25 08:10時点)
感想(0件)



ボーン・スプレマシー [ マット・デイモン ]

価格:1,500円
(2015/10/25 08:03時点)
感想(0件)





2015年10月19日

鍾馗伏魔:雪妖魔霊

中国映画「鍾馗伏魔:雪妖魔霊」は日本でも神楽や伝説でおなじみの鍾馗様のお話しをベースにアレンジし、李冰冰(リー・ビンビン)が演じる雪の妖怪とのラブロマンスを付け足したというヘンテコな映画。日本では「魔界戦記ー雪の精と闇のクリスタル」という題名で売り出されている。

钟馗

鍾馗様というのはもともと道教の神で、厄除けの神として中国と日本で敬われてきた。このもともとの鍾馗のエピソードというのは、唐の玄宗皇帝が病気になり鐘馗の夢を見たことから始まる。皇帝は夢の中で大きな悪魔が疫病の鬼を食っているのを目にし、悪魔に名前を尋ねると悪魔は鍾馗と名乗った。鐘馗はもともと人間だったが殿試という科挙の最終段階に行われる皇帝の面接試験に容貌が悪いという理由で落とされたことを苦に自殺した男だった。皇帝は話を聞いてこの自殺した男を丁寧に埋葬したので、その恩返しに皇帝を病気にしている鬼を退治しに来たというのだ。皇帝は夢から覚めると病気が治っていたため、この鍾馗の絵を魔除けとするようになったという。下は日本で節句の時に飾る鍾馗の絵。

【五月人形】【端午の節句】【手描き】【絵のぼり】 室内幟壁掛け鍾馗(横) 【送料無料】

価格:109,080円
(2015/10/19 08:22時点)
感想(1件)




映画ではこの鍾馗の伝説の続きを描く。鍾馗は死んだところを張道仙という仙人により生き返らされ魔物や妖怪退治を始める。しかし鍾馗は生き返ったときに実は人間の姿をした悪魔となっており、危険が迫るとデビルマンのように悪魔に変身してしまう。しかも仙人は彼を利用して魔界の征服をたくらむ悪者で、途中でそれに気づいた鍾馗は恋人となった雪の妖怪と魔界の王となった仙人に戦いを挑むというかなり無理のある展開。

鍾馗の恋人となる雪の妖怪は「アナと雪の女王」の雪の女王のような力を持っており日本の昔話でいう雪女なのだが、この妖怪とのラブロマンスがまた取ってつけたような強引さであまり必然性を感じさせない。

結論を言えば映画「鍾馗伏魔:雪妖魔霊」は「デビルマン」と「雪女」を強引に足して、それを中国古代風にアレンジしたという無理なストーリー展開が胸を痛くさせる映画だ。また戦闘シーンなど鍾馗が悪魔に変身した後を最新鋭の3Dアニメで表現しており、宇多田ヒカルの元旦那の紀里谷和明の映画「キャシャーン」のような映像で見せるから目がチカチカする。

また鐘馗と張道仙の戦闘シーンで、鐘馗が力任せに張道仙をこれでもかとぺしゃんこになるまで壁に打ち付けるのだが、いくらなんでもやりすぎである。また張道仙もぺしゃんこにされても、すぐにふくらんで元に戻るあたりがあまりにもご都合主義すぎる。アニメならまだしも、実写でこの表現方法はないだろう。

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル【Blu-ray】 [ チェン・クン[陳坤] ]

価格:3,841円
(2016/3/17 11:50時点)
感想(0件)


タグ:中国 映画
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。