広告

posted by fanblog

Microsoft のクリップアートの使用制限について

Boston terrierMicrosoft のクリップアートは、著作権フリーではなく、使用目的により制限があるのですが、使用条件の FAQ に「個人的な Web サイトの作成にクリップアートを使って、公開することは可能。」という記載がありましたので、個人的に問題ないと解釈し、ブログの開設時から私のブログのアバター画像としてこちらのMicrosoft のクリップアート「ボストンテリア」を長い間使用していたのですが…
思うところがあり、今回改めて使用制限について精読しましたら、アバター画像としての使用には問題があるかもしれないと思われる記載がありましたので、こちらの画像をアバター画像として使用することを控えることにしました。

クリップアートの使用条件に関してよくある質問 (FAQ) から使用制限についての Q&A を抜粋して引用しました。
クリップ アートの使い方にはどのような制限がありますか?

単に配布物の装飾、イラストとして使用するだけであれば問題なくご使用いただけます。たとえば、年賀状、ホームページ、お店のちらし、会社が無料で配布するパンフレット、会社として出す年賀状、区立図書館の月報などにクリップ アートを使用することは可能です。

ただし、あるクリップ アートを特定の会社、個人、団体、製品やサービスなどのシンボル マークに使用すると、同じクリップ アートを同様の目的で使用する人がいた場合に、混乱を起こす可能性があります。すべてのお客様に同じようにクリップ アートをご利用いただくためにも、そのようなご使用はお控えください。
ブログ開設時にはまったく気にならかったのですが、ファンブログのアバター画像は足あととして表示されたり、最近ではコメントすると自動的にアバター画像が公開されるブログさんもあったりしますので、アバター画像は個人のシンボル及びマークに該当するのではないかと自分なりに解釈しました。

画像で検索 – 検索サービス – Google でこちらの「ボストンテリア」の画像を検索してみますと、多数のサイトさんが記事の挿画像として使用されてました。使用された画像は記事のサムネイルとして自動的に表示されることもあったりしますので、個人のアバター画像としての使用はやはり不適切であり、私の使用制限に対する認識が甘かったことを痛感しました。
※ あくまでも私個人の解釈です。強制、強要するものではございません。
そんな理由でアバター画像を変更することになったのですが、最近は「他のページに足あとを残す」足あと設定も解除していますし、他のブログさんにコメントを残すこともほとんどないのですが、どうせ変更するのならば「犬」よりも「人」であろうという結論になりました。

アバター画像自分の写真を公開する勇気はありませんので必然的に似顔絵ということになり、偶然見つけたアバター作成ツールで作成したものに変更してみました。
とても良くできたツールなので紹介したかったのですが、BATA版で操作説明もなく 利用規約も 「個人利用のみ。販売・再配布不可。( personal use only )」 と明記されていただけなので、現在製作会社さんに不明な点を問い合わせ中です。

問題が無ければ近いうちに紹介したいと思っておりますので気長にお待ちください。

2013年05月18日 追記 : 紹介記事をアップしました。

この記事へのコメント

« 前の記事 : 登録審査が無いASP「A8.net(エーハチネット)」に登録してみよう!
「似顔絵ジェネレーター」ブログやツイッターなどのアバター作成に使える無料ツール : 次の記事 »

ブログパーツ
美容整形
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。