広告

posted by fanblog

RSS アイコンのバナーを複製する方法

ファンブログ カスタマイズ

既存の項目の中にある、「RSSアイコン」は、「項目の選択/並び替え」でサイドバーのいろいろな場所に設置できますが、最初に改行するための <br> が入っていますので、必ず上部に1行分の隙間ができてしまいますし、項目なのでサイドバーにしか設置できません。

そこで、今回はこの「RSSアイコン」を複製する方法をお話します。複製ができれば、ランキングバナーのように、いろいろな場所に貼ることができますし、素材サイトさんが提供していますバナーに変更することもできます。
「RSSアイコン」の項目の HTML ソースは見ることができませんので、ブラウザでご自分のサイトのソースを見て、その中から「RSSアイコン」のソースを探していくことになります。
ブラウザによってやり方が違いますが、今回は一番利用されているインターネット・エクスプローラーの操作方法で説明しますことを、ご容赦くださいませ。
▼ それでは複製の仕方の説明です ▼

複製するための「RSSアイコン」を、「項目の選択/並び替え」で「使用する項目」に入れ「保存」してください。
設置する場所はどこでも構いません。既に設置されている方はそのままの状態で OK です。
「自分のブログを確認する 」を押し、ご自分のサイトを開き、インターネットエクスプローラーのメニューバーから「表示(V)」を選択し、「ソース(C)」を押しますとソースが記述された「メモ帳」が開きます。
メニューバーが表示されていない方は、「Alt」キーを押しますと表示されます。
ソースが開きましたら、最大化を押して画面を大きく表示させてください。メニューバーの「編集(E)」を選択し、「検索(F)」を押して「検索」ウィンドを開きます。

開いた「検索」ウィンドの「検索する文字列(N):」に rss10 と入力して、「次を検索」のボタンを押してください。

そうしますと、このソースの中の「rss10」という記述が選択されます。(青地に白い反転文字)
この選択された行が「RSSアイコン」のソースとなりますので、この行をコピーします。

記述の詳細は微妙に違いますが、最初と終わりは同じ記述なので、例としまして私のサイトの「RSSアイコン」のタグを明記しますので、それに習い選択してコピーしてください。
<A href="http://fanblogs.jp/pamphlet/index1_0.rdf" target="_blank">
<IMG src="/template/9038/img/rss10.png" 
alt="http://fanblogs.jp/pamphlet/index1_0.rdf" border="0"></A>
※ 明記しましたタグは3行になっていますが、本来は1行での表示になっております。
コピーしたタグをメモ帳などに貼り付けて「保存」すればタグの複製は完了です。
あとはランキングバナーのようにお好きな場所に、このタグを貼り付けて設置してください。
設置しましたら、オリジナルと同じようにRSSフィードの画面が正しく開くかどうか必ず確認してください。
既存の「RSSアイコン」は削除できませんので、「項目の選択/並び替え」で「使用しない項目」に入れて「保存」してください。

最後に、今回はご自分のサイトのソースをコピーして「RSSアイコン」を作成しましたが、他人のソースをコピーして自分のサイトにさまざまなプログラムを表示させることは、あきらかにマナー違反です。
ソースは公開されているものなので、参考にするのは構わないと思いますが「他人のソースのコピー」は絶対にしないようにしてくださいね。
いかがでしたでしょうか?画像(IMG)タグの <IMG src="/template/9038/img/rss10.png" をお好みの画像のURLに変更することで、オリジナルの「RSSアイコン」も作成できますので、いろいろ試してみてくださいね。

※ 使用する画像のURLはアップロードして保存した画像のアドレス(URL)を指定してください。

※ Htmlタグのご使用、カスタマイズにつきましては、利用者の自己責任にてお願いします。
この情報が、お役にたちましたら ≫ FC2 Blog Ranking ≪ 押していただけると励みになります

この記事へのコメント

« 前の記事 : 特定のページのサイドバーだけに表示される項目の設置方法
2カラムのサイドバーを上下のグループに分けて表示させる方法 : 次の記事 »

ブログパーツ
美容整形
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。