ファン
プロフィール
あるぱきーのさんの画像
あるぱきーの
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー

2019年11月23日

1ヶ月

緊急帝王切開手術から1ヶ月。

娘は色んな人に守ってもらいながら大きくなりました。
505gの小さな体で、一時は400gまで落ちましたが何とか回復してきました四つ葉


よく頑張った!
動脈管結紮術と人口肛門増設手術を乗り越えてもバタバタと手足を動かしている娘の姿に勇気をもらっています顔3(かなしいカオ)

腸の動きがまだまだ弱いのでお腹が苦しそうだけど、自分のペースでゆっくりで良いから大きくなっていこうね🦙

227418A6-FA99-4154-9D88-6A032E46B176.jpeg

2019年11月14日

お腹の手術

動脈管の手術が無事に終わって2日後。

もともと気になっていたお腹の張りが良化せず、腸に穴が開いて腹膜炎を起こしていることが分かりましたしょぼり

緊急手術を受けて人工肛門を増設することに。

立て続けに手術を受けることになったので娘の体力がとても心配でしたが、無事終わりました涙ぽろり

頑張ってくれてありがとう顔3(かなしいカオ)
待っている間、妻と不安でたまらなかったのですが先生や看護師さん達に声をかけて頂いてとても有難かった。。



今日は天気雨で綺麗な虹がかかっていました虹

4DECF1E5-C0AC-41CF-AB82-3C0E4C746250.jpeg

きっと色んなパワーを貰ったのかな?

大きい手術はひとまず終わったので、あとは上手く母乳入ってくれるかな🍼

今日はお疲れ様四つ葉

2019年11月12日

手術

病院から電話がかかってきた。
動脈管を閉じるための手術についてだった。

きたか。。。


この心臓と肺を繋ぐ動脈管が壁となっている。

娘の場合は動脈管が閉じてくれないことで消化機能にも影響が出ていて、母乳の量も増やせていないので、なかなか先に進めない。

動脈管が閉じないまま問題なく大きくなる子もいるようだが、娘は影響を受けている。



当日に病院へ行くと先生から説明を受けた。
心臓と肺を繋いでいる動脈管が閉じず、インドメタシンを投与しても効かなくなってきたことや、
それが影響して腎臓にも血液がいかず、おしっこも少なくなってきていることを伝えられた。

循環機能が低下している事で娘の顔が浮腫んでいる。それでも目をぱちりと開いた顔はとても可愛らしく感じた。


心臓外科の先生からも説明を受けて手術をお願いすることになった。


妻と2時間ほど待合室で待っている間は、不安でいっぱいだった。




看護師さんに呼ばれて、娘の元へ向かうと執刀医の先生から

『無事に終わりました』

と言われた。

妻も私も安堵し、お礼を伝えたが先生は内科の先生に引き継いでそのままお別れとなった。

たくさんの方達が娘と妻を助けてくれたり、守ってくれているけど出会いと別れが目まぐるしい。

これが当たり前だと思いたくないので、こうやって書きとめておきたい。

いつかこれを
娘に見せる日が来るのを楽しみにしようと思う。


麻酔が抜けるのに2、3日かかるらしい。

これから母乳をたくさん消化出来ますように。

2019年11月08日

おへそ

仕事をしながらでも週5日は会いに行きたい。

今日は1日ぶりに娘に会いに行った。

母乳は消化できてるかなとか、血管は太くなったかなとか、脳出血は拡大してないかなとか


妻も私も不安だった。


NICUに着くと娘はうつ伏せで向こう側を向いていた。
看護師さんが奥にスペースを作ってくれて娘の顔が見えるようにしてくれたので有難かった。

看護師さんから
『おへそが取れましたよ〜』と
教えてくれて妻も私も驚いた。

C3DD98EE-6FCE-4F25-983F-1F5EC4E95E80.jpeg


良かった。。
これで感染症のリスクは高くない状態になった。
頑張ってくれた先生と娘に感謝だ。

母乳は昨晩から止めているらしいが、体重も470g→500g台に増えていた。

良い感じ顔3(かなしいカオ)


動脈管はまた開いてきたので薬を投与している。良化してきた腸の動きや脳に負担がかからないか心配だ。

そんな不安をよそに娘は目いっぱい体を伸ばしていた。立ち上がるんじゃないかと思うくらいで笑ってしまった。
看護師さんが顔の向きを変えようとしても
『ぃやだっ』
と拒否するし、腕の位置を治そうとしても自分の居心地良い位置に変えるらしい。

『意思が強いわね〜女の子だわ!』
と看護師さんと妻と盛り上がった。

気が強そうだな。。
微笑ましいやらなんやらにこにこ

2019年11月04日

先生と娘のトライ

今日で生後12日目。

臍からの点滴は長くは続けられないらしい。
感染症にかかった場合、心臓から近い臍からの点滴だと体全体に回ってしまうスピードが早い為、
手足からの点滴に切り替える必要がある。
臍よりはリスクが低い。
手か足のどちらかからカテーテルを入れて心臓に近い所まで栄養を届ける為に距離があるが、娘の血管はまだ成熟していなく細いので途中で止まってしまうらしい。

1回に時間をかけて先生も娘も頑張ってくれている。

娘の手首にトライした跡が残っている。
今日も頑張ってくれたんだな。

さすってあげたいけどまだ触ることを我慢してるんだよ。

ママとパパの声が届くと良いな。


嬉しい出来事は母乳が2cc/回に増えたそうだ。
ちゃんと腸に入ってくれている。
初めは0.8ccずつだったのに少しずつ消化出来るようになったんだね。

体重は470gまで増えているそうだ。
栄養付けて、血管よ太くなれ〜

2019年11月03日

背中

胃腸の動きが弱いので母乳が消化されず、母乳が戻ってきてしまうそうだ。
0.5ccを4回入れても2cc程戻ってくるらしい。

起きているとたくさん動くので脳出血の拡大を抑えるために眠らせているが、薬が抜けきっていないのか娘は寝ている。

その表情は見ると、とても健やかに眠っているが体の中では生きようと物凄く頑張っているんだな。

腸の動きを促すためにうつ伏せさせてもらっていた。
娘の背中を初めて見た。可愛くて産毛がたくましい。
小さい小さい背中をさすってあげたいと思った。
皮膚から感染したら大変ので私も妻も今は我慢。

生後10日目で看護師さん達がアルバムを更新してくれた。カラフルに可愛く書いてくれてとても嬉しかった。

たくさん母乳を消化して体重増えてくれ〜

2019年11月01日

呑気

今日は昨日より早く病院に着いた。
保育器の外から妻が声をかけると目を開けてくれる。光しか見えないはずだが耳は聞こえているようだ。
小さい体で周りの変化を感じ取ってくれているのが嬉しい。
毎日見ているので変化は気付きにくいが、肌が赤から肌色に変わったような気がした。髪の毛も濃くなっている。
寝顔は私にそっくりだそうだ。


先生から娘の9日目、修正25週0日の経過について説明して頂いた。

呼吸についてはまだ自分での呼吸が弱く呼吸器の動きにのっかっている状態。
まだ腸の動きが弱く、母乳が入っていかない。脳出血を拡大させないために眠らせてもらっていたが、薬がまだ抜けていないのか眠りが深いのでその影響だという。
臍からのカテーテルで点滴をしているが手足からのカテーテルに切り替える必要がある。娘の血管は細いため心臓近くまで届かないらしい。先生と娘で3時間程頑張っていたそうだ。

私達の知らないところで娘が頑張ってくれている。私達は無知ゆえに呑気だなと痛感した。

血管の育ちを祈るばかりだ、そのためにも起きてくれ。。
腸の動きが良化すれば母乳を入れられる。

娘の体重は400グラム程になっている。
産後100グラムは減るらしいが少し減る量が多いそうだ。

会いに行って声をかければ起きてくれるだろうか。
私達に出来るのは声をかけたり、その場の空気感を変えることだ。
見守っている温もりが伝わると良いな。