ファン
検索
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
【実践記】ゴッド凱旋 by 鈴木ケンゾウ (10/25)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール

2020年08月10日

スロットにおけるレバー操作について





こんにちは。
本日は小ネタをお送りします。

インフラ業界で読者も全世帯対象!月々の電気代が断然お得になる【リミックスでんき】


皆様もパチスロを打つ中でチャンスゾーンや高確率で決まったレア役を引きたいことがあると思います。

そのような時、レバー操作にも力が入ると思います。
ゆっくりやってみたり、勢いよく回してみたり私もよくしています。

コピー打法といわれる、超ゆっくりレバーを下げることで、前のゲームと同じ小役を引きやすいというのは機種によってあります。
やってみると案外そんな気がしてくるものです。

レバー操作によって多少挙動が変わるのは実際あることです。
ただ、それよりも効果的なのは放置して最初のムービーのような画面に戻したり、ジャグラーなどであれば、クレジットランプが消えるのを待ち新たに打ち始めることです。

調子が悪いときによくその手法を使います。
逆に確率やグラフ的に台の調子が良いときにはあまり使わないようにしてます。

特にその方法はパチンコに有効で、演出が派手になったり、すぐに当選したりします。
スロットにおいても急に当たったりします。

リールの空回しの放置などもよくやりますが、その効果はあまり実感できずにいますね。
その辺はもう少し研究してみます。

今回はこれにて以上です。