広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月24日

産業用のパワフルな機能で低価格を実現 高濃度・低価格!産業用オゾン水生成器【オゾンバスターインダストリー】使い方も重要




とにかくたくさんのオゾン水がほしい
大量のオゾン水で一気に除菌したい


そんな声に応えて発売されたオゾンバスターインダストリー

『オゾンバスターインダストリー』は、その名の通り、産業用のオゾン水生成機です。

200リットルまでの水道水に入れ、電源を入れるだけで、2ppm前後のオゾン水が生成できます。

オゾンバスターシリーズの中で、最も容量の大きいオゾン水生成機です。

当機でオゾン水に出来る水は、水道水に限られ、流水ではなく貯めた水をオゾン水にします。




オゾンバスターシリーズは、電気分解によってオゾンを生成します。

水の電気分解では通常 O2 (酸素)とH2(水素)がそれぞれ陽極と陰極に生成されます。

このとき必要な電圧はE0 = 1.23Vで、E0=1.53V, 2.08Vでは、陽極でO3(オゾン)が生成されることがわかっています。
オゾンバスターシリーズは、陽極の電極に特殊なコーティングを施し、電極と原料水間のポテンシャルレベルを操作することにより、オゾン生成の原因となる上記電気分解が最も活性化するように制御されています。

各電極で生成されるガスは、陽極:酸素・オゾン、陰極:水素となります。

その上で、水の硬度が高ければ高いほど、単位時間あたりに生成されるオゾンは多くなり、オゾン濃度は高まります。

逆に、硬度ゼロの蒸留水や、硬度の低い軟水を使用すると、オゾン濃度は低くなります。

本実験では、前述の通り、日本の水道水の平均値程度の硬度にて実験を行っています。



誰でも簡単使用4ステップ
オゾンバスターインダストリーは水に入れて電源を入れるだけの簡単ステップで、高濃度オゾン水が生成できます。

付属の電源に接続します。


用意した容器の中に、水道水かミネラルウォーターを入れます。


オゾンバスターインダストリー本体を、全体が水中に浸かるように容器の中に入れます。


電源を入れます。



使用中は必ず換気を<してください
水中で電気分解を行い、オゾン水は生成されますが、同時にオゾンガスも水中から出てきます。
生成するオゾン水濃度にもよりますが、長時間オゾン水を生成すると、オゾンガスが周囲に充満することがありますのでご注意ください。(5分の動作でもかなりのオゾンが空気中に出てきます)
オゾンガス自体は人体に有害ですので、必ず広い場所もしくは換気の出来る場所で、オゾン水を生成してください。

30分以上の長時間使用はおやめください
長時間オゾンバスターインダストリーを稼働させると、電極が発熱し、水温が上昇します。

水温が上がるとオゾンの分解速度も上がるため、オゾン濃度が上がりにくくなります。
長時間稼働は故障の原因にもなりますので、1回の使用は30分までとしてご使用ください。
尚、オゾンバスターインダストリーの電極寿命は2,000時間となっています。



1年間の修理保証付き
弊社まで着払いにて本製品をお送りいただければ、修理して再度発送いたします。
お客さまの故意による故障(例えば、水道水以外の水で使用したり、井戸水に使用したりすることで故障した)と弊社が判断した場合は、有償での修理とさせていただきます。
弊社で定めた一定の基準以内に収まるように生産することで品質の保証をしています。
実際にオゾン水を生成する際は、水の硬度や水温によってオゾン濃度は大幅にばらつきますことをご了承ください。




オゾン水生成器とは、水中にオゾンを溶かし込み、オゾン水にする機械です。

オゾン水は強力な除菌力があるので、歯科医師さんがよく使います。

その他、一般家庭で手洗いやうがいのため、食材の洗浄のために使われたり、クリーニング事業者がクリーニングのため、 食品加工業者が除菌のために使ったりと、幅広い用途に使われています。

オゾンマートは、日本では珍しいオゾン発生器専門のインターネット直販サイト。

オゾン発生器はこれまで、メーカーが製品を作り、1次代理店に卸し、2次代理店に卸し、 販売店の営業マンが足で売って歩く、という売られ方をしていました。

そのためオゾン発生器の価格は現在も一般的には高いのですが、オゾンマートでは、インターネットでの直販を中心に販売しているので低価格を実現しています。


オゾンバスターインダストリーはこちらから>>
































2018年04月17日

日本国内生産・全国送料無料 オゾン発生器専門メーカー《オゾンマート》商品紹介



オゾン発生器、脱臭機と呼ばれるものは、いろいろなメーカーから発売されています。

価格も様々で、1万円くらいから20万円くらいまでいろいろみたいですね。

オゾン発生器の家庭用のものなら、5万円から10万円くらいのものがいいでしょう。


一般的には、車での使用も広がっています。

どうしても車の中ってニオイがこもりがち。

タバコやエアコンの臭い、食べ物やゴミのニオイ、飲み物や油をこぼしてしまって、染みついてしまうこともありますよね。

そのほかマンションの部屋の臭いやキッチンのこもりがちな臭いもしっかりと消臭してくれるオゾン発生器。

強いニオイの空間を短時間で消臭してくれるオゾン発生器は、一般家庭にも必須アイテムになってきそうです。
空気清浄器などより、しっかりと空気をキレイにしてくれるので、これからはオゾン発生器が人気になっていくと思われます。



それではオゾン発生器専門店であるオゾンマートより販売されているオゾン発生器をご紹介します。


《コンパクトで使いやすいオゾン発生器》
現在、新生活応援キャンペーン中で、5万円で購入できるチャンスです。
低価格 高濃度オゾン発生器【オースリークリア2】

通常価格79,800円が49,800円(税別)

「オースクリア2」は、は元々業務用機械として開発されていますが、そのシンプルなデザイン、手軽さから、一般のご家庭でもプロレベルの技術を手にすることができます。
高さ22cm × 幅16cmと、B5サイズのコピー用紙よりも小さく、1.3kgという軽さ。
女性でも、片手で簡単に持ち運ぶことができます。
プロ仕様の産業用機械には見えない、コンパクトでスタイリッシュなデザインですが、そのパワーは強力。
300mg/h の オゾンを生成することができますが、この量のオゾンがあれば、消臭、脱臭、除菌は、短時間で完了することができ、業務として行う十分な性能を持っています。



《手軽に使える自営業や業務用としても人気のオゾン発生器》
大風量 高濃度オゾン発生器【オゾンメイド】

価格 198,000円(税別)

オゾンメイドは3.8kgという身軽な作りになっていて、同様の機種の2/3程度の大きさしかなく、業務用として使用するのにもコンパクトに持ち込むことができます。
そしてそのパワーも大きく、1000mg/hrも出力があるのに198,000円(税込213,840円)という価格もポイント。
競合の半値という設定ができるのは、オゾン発生器専門店ならではだと思います。
日本の工場で、日本の部品を使って、日本人が作っているので、安心して使用してもらえるオゾンメイド。
病院や不動産関係などで働く方に人気になっています。
複数台購入する場合は割引もあります。



《協力なオゾン生成量&多機能で超ハイスペックのオゾン発生器》
オゾンマート最上位機種【オゾンクラスター1400】

価格 248,000円(税別)

【オゾンクラスター1400】の寿命は約10,000時間。
もちろん、使用されている環境や使用方法によって15,000時間以上問題なく動いたり、10,000時間持たなかったりする場合もありますが、概ね10,000時間とお考えください。
例えば、1日6時間、週5日間、年に50週稼働させると、合計で1,800時間。
5年で9,000時間、6年で10,800時間になります。
日々のメンテナンスは特に必要なくそのまま5〜6年使えるところは凄いです。
病院やホテル客室、中古マンションの消臭・雑菌など様々な用途で利用してもらえるパワフルなオゾン発生器になります。



《介護施設や在宅介護のために開発されたオゾン発生器》
有人環境でも安心して使用できる【介護用オゾン発生器 オゾンケア】

価格135,000円(税込)

介護現場用に作られた【オゾンケア】は、介護施設などでありがちな染みついてしまうニオイなどに効果的で、忙しい介護スタッフに考慮してメンテナンスフリーの安心設計で作られています。
1か月の電気代は、約180円ほど。
介護施設の臭いって、どうしても独特なんですよね。
入居者やご家族の方、スタッフが快適な環境、空気の中で過ごせるようにと購入する施設の方も多いです。




《手のひらサイズで最大級の性能のオゾン水生器》
強力なオゾン水生成器 オゾンバスター

価格21,600円税込

ウィルスや最近の洗浄を徹底的にしたい方に人気の【オゾンバスター】は、最大で5倍のオゾン濃度を実現。
キッチンや厨房、お風呂やトイレ、大切なお子様のおもちゃや用具…。
日常生活の中には沢山の細菌が潜んでいます。
タオルやお部屋の嫌な臭いも、全て細菌が原因なんです。
除菌や消臭によく利用される塩素ですが、食品を塩素で洗浄すると塩素が食品に残留し、特有のニオイが残ります。
オゾンで洗浄すれば、洗浄後のオゾンは酸素に戻り、何も残留致しません。
高性能のオゾン水生器は、安心して気軽に使用できます。




オゾン発生器、オゾン水生器は、それぞれの生活スタイルに合わせて選ばれているものですので、ぜひ
自分に合った製品を選んで頂きたいです。

オゾン発生器は、中国製のものも多く販売されていて、どうしても故障が多かったりしますは、【オゾンマート】で販売されているものは、日本製です。

国内で部品から生産されている信頼できる通販サイトなので、それぞれの商品の公式サイトでチェックしてみ
てくださいね。






















2018年04月16日

オゾン発生器・脱臭機の健康被害は?やはり日本製のメーカーが売れている




オゾン発生器が販売されるようになってから、オゾン発生器の健康被害なども国民生活センターなどに報告されているという事例もあります。

データ的に見てみると、2010年以前の印象がありますが、やはりオゾン濃度というものがあるので、使用方法などによって、オゾン発生量の問題が出ることもあったそうです。


現在、人の生活は、様々な化学物質を利用して生きていますよね。

化学物質を上手に利用し、便利に取り入れて生きていくことも大切なこと。

化学物質が、人体や環境に悪影響を与える可能性を『環境リスク』という言い方をします。
それは、どの程度の濃度であるかが重要なので、リスクも伴っているというわけです。

栄養分でもアルコールでも同じですが、なんでも大量に摂取してしまうと体への負担は大きくなり、中毒性も出てきます。

すべて、量や濃度が問題なのですね。

過多に摂取してしまうと、それは健康被害は起こります。

健康被害の無い濃度のオゾンを発生させて、濃度管理をきちんとできる商品なら、何も問題はありません。


オゾン発生器、脱臭機は、適切な濃度管理さえ守れば、こんなに便利なものはないというわけです。


そして、今回ご紹介しているオゾンマートのオゾン発生器に関しては、完全なる日本製のオゾン発生器になります。

やはり、コスト削減のために、中国製の部品が使われていたりしたことによるトラブルも多いとのこと。

商品の公式サイトを見ると、信頼できる説明書きがあるので、通常に使うことで、問題や健康被害が発生することは無いそうです。

オゾンマートから販売されているオゾン発生器は、いくつか種類があり、家庭用に使うコンパクトなものや、介護施設などでも安全に使ってもらえる設計で作られているもの、飲食業やホテル客室、オフィスなどで使える大型のものなどが揃っています。


オゾン発生器専門店である【オゾンマート】は、日本国内生産、全国送料無料での販売、購入前の問い合わせにも対応しているため、オゾン発生器の購入を考える方は、チェックです。

次回は、商品の紹介をしていこうと思います。

宜しくお願い致します。


>>業務用オゾン発生器/オゾン水生成機【オゾンクラスター1400】

>>1,000mg/hrのオゾン量の強力なオゾン発生器 【オゾンメイド】

>>有人環境でも安心して使用できる介護用オゾン発生器【 オゾンケア】

>>強力なオゾン水生成器【オゾンバスター】

>>300mg/hrのオゾン生成量のオゾン発生器【オースリークリア2】



















2018年04月15日

空気を買う時代 オゾン発生器で暮らしの空気をキレイに安全にできる。



空気を買う時代が、もうやってきています。

高まる空気の価値は、止まらないんですね。

昔は、お金を出して水(ミネラルウォーター)を購入するなんて、考えられませんでした。
水を買うのはもう当たり前の時代です。

空気も、お金を出して購入しなくては、人間は生きていけないのでしょうか。

PM2.5など大気汚染が問題になっている中国、二酸化炭素の大量排出により地球温暖化・海面上昇・空気汚染・若年性成人病など、様々な問題が今の地球では起こっているんです。

自分が暮らしていく生活の中で、空気をキレイに保つということは、健康そのものに常に影響しているんです。

喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症や鼻炎など、アレルギーがもとで出てくる辛い症状は、やはり部屋の空気がキレイになると起こりにくい症状になります。

マンションや戸建ての家の室内には、様々なアレルギーの素が発生しています。

ダニやカビなども同じですよね。

空気清浄器などでも効果がありますが、メンテナンスを間違えると、逆効果になることも。

これからは、オゾン発生器を置くことをおすすめします。

アースウォーカートレーディング株式会社が通販店舗を構える《オゾンマート】。

《オゾンマート》は、日本では珍しいオゾン発生器専門のインターネット直販サイトです。
オゾン発生器はこれまで、メーカーが製品を作り、1次代理店に卸し、2次代理店に卸し、販売店の営業マンが足で売って歩く、という売られ方をしていました。

そのためオゾン発生器の価格は現在も一般的には高いのですが、弊社は代理店も営業マンも抱えず、インターネットで直販を行うことで低価格を実現しています。


オゾン発生器は時間あたりどのくらいのオゾンが出るか、という基準で評価されます。

「〜mg/hr」とか、「〜g/hr」などという評価軸です。

この数値が高ければ高いほど、値段も比例して高くなります。

競合製品と比較していただけるとわかりますが、オゾンマートのオゾン発生器は低価格です。
高い出力でも低価格であることがわかると思います。

オゾンマートの商品は、営業マンがいないため認知はあまり無いですが、知ってもらえると良さと安さがわかってもらえるので、購入してもらえやすい商品と言えます。

インターネット人口が増加するに従って、オゾンマートの売り上げも上がっています。

・工場直販で代理店や営業マンがいないため、製品の価格が安い。
・同じ理由で原価が低いため、販売手数料がその分高い。
・インターネット上で圧倒的な価格競争力。
・ユーザーレビューを大量に集めており、実績が視覚化されている。
・競合他社よりもLPの内容が厚くコンバージョンしやすい。



家庭用から業務用まで、様々な用途で使えるオゾン発生器は、どんどん注目されています。

中国製の空気清浄器やオゾン発生器も多く販売されている中、オゾンマートでは、徹底して日本製のオゾン発生器を販売。

細かい部品の部分も、国産、国内生産のこだわりを見せています。

業務用などは、価格もそれなりにしますが、6年間、メンテナンスなしで使えるという画期的なものになっています。

介護施設や、不動産関係、自営業の方、飲食関係など、いろんなところでオゾン発生器が注目されている現在。
染みついたニオイや汚れを根本から消してくれるので、ニオイがキツイ施設などにもかなり効果的になっています。

友人環境で安全に使えるのは、オゾンマートのオゾン発生器だけになっていると思います。


いくつか、商品を紹介しています。

>>業務用オゾン発生器/オゾン水生成機【オゾンクラスター1400】

>>1,000mg/hrのオゾン量の強力なオゾン発生器 【オゾンメイド】

>>有人環境でも安心して使用できる介護用オゾン発生器【 オゾンケア】

>>強力なオゾン水生成器【オゾンバスター】

>>300mg/hrのオゾン生成量のオゾン発生器【オースリークリア2】






























最新記事
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。