広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月23日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(完了)

かえるくんです

現在完了の完了について、お話します。

I have just finished to do my homework.
私は、ちょうど、自分の宿題をし終えたところです。

これがもっとも基本的な例文です。

継続、経験を表す現在完了と同様に、”完了”にも

使われる常連の”副詞”があります。

He has cleaned his room.
彼は、自分の部屋を掃除しました。

過去形の文

He cleaned his room.

との違いは、「過去から始めて終わった」

という意味を含んでいるところです。

この英文に、完了で使われる”常連の副詞”

just(ちょうど)、already(肯定文で:もう)

yet(疑問文で:もう)、yet(否定文で:まだ)

を当てはめてみます。

He has just cleaned his room.
彼はちょうど部屋の掃除を終えた。

He has already cleaned his room.
彼は、もう、部屋の掃除を終えた。

Has he cleaned his room yet?
彼は、もう、部屋の掃除をしましたか。

He has not cleaned his room yet.
彼は、まだ、部屋の掃除をしていません。

just,alreadyはhaveの後、yetは文末に置きます。

また、「なぜ、「し終えた」なのにfinishを使わないの?」

と思うかもしれません。

もちろん、finishを使って

He has finished to clean his room. でも同じ意味

ですが、現在完了の”完了”は、just finishを含んでいる

ので、このような例文にしました。





2016年03月22日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(経験)Aと(結果)

かえるくんです

現在完了形の経験の続きです。

have + been のお話をしましたが

「have + been + 場所」で「(場所)に行ったことがある」

という意味になります。

よく使われる、テストに出る表現なので重要です。

He has been to Kyoto.
彼は京都に行ったことがあります

上の例文で、認識しなきゃいけないのが

「行ってきて、今は帰ってきた」という意味を含んでいる点

です。

「行ってしまって、今はここにいない」

という意味の現在完了(結果)との対比が試験に出ます。

ちなみに「行ってしまって、今はここにいない」場合の

現在完了の文は

He has gone to Kyoto.
彼は京都に行ってしまって(結果)ここにはいない。

という使い方をします。

have been to 行って帰ってきた
have gone to 行って帰ってこない

を覚えておきましょう。








2016年03月18日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(経験)

かえるくんです

現在完了形の経験です。

これは現在完了形の中では1番簡単かもしれません。

「〜したことがある」というやつです。

バリエーションとしては

「xx回したことがある」、「かつて・・・したことがある」

「一度も・・・したことがない(否定文)」


I have visited Hokkaido twice.
私は北海道に2度行ったことがあります。

回数を表す副詞、twice(2度)がでてきました。

ここで数詞がひつようになるんです。

I have ever visited Fukuoka.
私はかつて、福岡を訪れたことがある。

I have never visited visited Fukuoka.
私は一度も福岡を訪れたことがない

=I have not ever visited Fukuoka.

never=not ever という書き換えはテストに出ます。

疑問文を見てみましょう

Have you ever visited Kyoto?
あなたは京都を訪れたことがありますか?

この疑問文に対する答えは色々あります。

Yes,i have ever./Yes,once.

No,i have not (ever)./Never. など。

この辺は、今後、問題を解いていると自然に頭に

入ってくるので心配ありません。

次回は完了です。




2016年03月16日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(継続)B

かえるくんです

引き続き、現在完了形(継続)のお話です。

have + 過去分詞 というこで一般動詞の過去分詞に

ついてお話してきましたが、be動詞の過去分詞のお話

をします。

一般動詞だろうとbe動詞だろうと過去分詞は過去分詞

です。

be動詞の過去分詞「いる、ある」というふうに訳せば

大丈夫です。be動詞の過去分詞は”been"です。

We have been here for a long time.
私たちは、しばらくの間、ここにいます。

もうひとつ

She has been in her room since yesterday.
彼女は昨日から(ずっと)部屋にいます。








2016年03月10日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(継続)A

かえるくんです

前回は、for を使った副詞句で現在完了形(継続)

を見てみました。

そして、疑問文、否定文にするときは"have"を"be"

動詞のように扱うことをお話ししました。

今回は接続詞”since"をつかった現在完了(継続)

のお話をします。

We have lived in japan since 1990.
私たちは1990年以来、日本に住んでいます。

もうひとつ

We have lived in japan since we got married.
私たちは結婚して以来、日本に住んでいます。

結婚したのは過去の一時点なので過去形の時制
です。get marriedで結婚するの意味です。

since の後は、年号、日付、時刻などが来る他に

時期を表す文が来る場合もあります。

さらっと、get married なんか使ってしまいましたが

ちょっと説明が要るかもしれません。

「be 過去分詞」で受動態、「have 過去分詞」で今、

やっている現在完了形ですが「get 過去分詞」では

何でもありません・・・。

じゃあ、なに?と思うかもしれません。

現在分詞や過去分詞は、それだけで「形容詞(動詞)」

として働きます。

高校生になると、それが自然にわかるようになります。

普通の”単語”として”単体”で使われます。

なぜ、高校生になったら解るようになるかというと、高校

で””分詞構文”というものを勉強するからです。

これは後日、説明します。





2016年03月05日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了(継続)@

かえるくんです

今日から現在完了の中身に入ります。

ここのところ停滞気味だったので切り替えて

しっかりと進めたいと思います。

KIMG0326.JPG

まず、現在完了の継続です。

継続を表す現在完了形では、時間を表す副詞句

をほとんど伴います。

問題として出題される場合は、その副詞句を

みて、過去形なのか現在完了形なのかを判断する

ことになります。

例文です

We have lived in japan for nine years.
私たちは9年間、日本に住み続けている。

have + lived が現在完了形です。

時間を表す副詞句は ”for nine years" です。

日本語訳としては ”住んでいる”で正解ですが

完了形らしく敢えて”住み続けている”としてい

ます。どちらでも正解です。

この現在完了形の英文の動詞は一般動詞”have"です。

これまで習った範囲では、疑問文の場合は文頭に

Doを置き、否定文の場合はDon'tを動詞の前に置き

ました。

ですが完了形では"have"を"be"動詞のように使います。

つまり、疑問文の場合は文頭に"Have"を、否定文の

場合は"have not(haven't)"とします。

例文ではこのようになります。

Have we lived in japan for nine years?
私たちは日本に9年間住んでいますか。

We have not lived in japan for nine years.
私たちは9年間日本に住んでいるのではありません。

次回は、違うパターンの副詞句でやってみます。



2016年02月24日

かえるくん親子の英語学習記 現在完了形っていうのは


かえるくんです

時制の基本は、現在、過去、未来です。

この3つの時制があれば大体のことは言葉で表せます。

〜です、〜でした、〜でしょう、〜するつもりです など。

さらに(現在・過去)進行形が加わって

〜している最中です、〜している最中でした

とう表現もすでに勉強しました。

そして、今回は”完了形”のお話です。

進行形と同様に”現在”と”過去”がありますが中学生では

現在完了形を勉強します。

なので、とりあえず、現在完了形です。

「何を表現したいときに使うの?」ということですが以下の

4つの表現をするときに使います。

@継続・・・すっと〜し続けている、ずっと〜だ
 過去形の「〜しました」とも、現在形の「〜です」とも違
 うのがわかります。

A経験・・・〜したことがある
 過去の出来事ですが過去形とは意味が違います。

B完了・・・〜し終わった、〜したところだ
 過去から現在までの流れを表すので過去とも現在とも
 違います。

C結果・・・(〜した結果)・・・
 これはちょっと特別です。過去の出来事が原因で現在
 に影響しているようなときに使います。
 これは限られたパターンしか出てこないので、例文の
 暗記で十分対応できます。


そして、もう一つ、現在、過去、未来の時もそうでしたが

副詞として、現在なら”now"とか、過去なら"yeaterday"

とか"five days ago"とか、未来なら"tomorrow"とか

"in the future(将来)"とか、時を表す副詞(句)が付くこと

が多いですが、完了形も独特の副詞(句)が付くことが

多いです、また、その副詞(句)を手掛かりに、@〜C

のうち、何を表す完了形なのかを判断して和訳をします。


次回から@〜Cの内容についてお話しします。

IMG_20160307_2135248_rewind.jpg






 

英語 ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 電車 姉妹サイトかえるくんの諦めない日々
ファン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
検索
英語学習ランキング
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
プロフィール
かえるくんさんの画像
かえるくん
元学習塾英語講師で小学生から息子に自分で英語を教えています。家庭でお金をかけずに、[毎日の短い時間で効果的に]を目標にリアルタイム実践を講義形式で更新してます。中学生のうちに2級を目指しています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。