広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年01月21日

かえるくん親子の英語学習記 everyとnoの複合語


かえるくんです

引き続き複合語です。

some,any の時のように、形容詞+名詞の複合語になります。

@everything 「なんでもみな、全ての」という意味で単数扱い
  になります。everyは各個人、各個について言います。

Everything is all right. 
万事うまくいっています。

We had everything necessary. 
私たちは必要なもの全てあった。

something の時のように、形容詞necessary はeverythingの
後に置かれます。

Aeveryone(body) 「だれでも」の意味で単数扱いです。

Everyone makes mistakes.
誰でも過ちをする。

Bnothing 「何も〜ない」の意味で単数扱いです。

I have nothing to do.
わたしは何もすることがない。

nothingを後ろから不定詞の形容詞的用法が修飾しています。

Nothing is wrong.
どこも悪くない

Cno one,nobody 「誰も〜ない」の意味で単数扱いです。

Nobody hates him.
誰も彼を嫌っていない

He is second to none.
彼は誰にも負けない。

複合語については、他にもありますが中学英語なので

この辺で、いったん終わります。

でも、ちょっと難しかったかな。

でも、何度も繰り返して演習すれば慣れてきます。











タグ:NO every

かえるくん親子の英語学習記 someとanyの複合語


かえるくんです

複合語って言葉は、中学生では習いません、たぶん。

ですが複合語はたくさん、知らないうちに出てきます。

そして、感覚的に使えるようになってきます。

複合語は読んで字のごとく、2つ以上の言葉が合体したものです。

その中で頻繁に出てくるのがsome,any,no,everyとの複合語です。

今回はsomeanyについてお話します。

someは「いくつかの」、疑問文・否定文ではanyになります。

またanyは肯定文で「どのような」という意味もあります。

ともに形容詞です。

これらの形容詞に+ されるの代表(名詞)がthing,body,oneです。

−body,−one の違いは「−bodyの方が口語的」なだけで基本

的に同じ意味なので−one(body)と同じ意味として扱います。

いろいろと詳しい説明をしているサイトもありますがシンプルに

確実に記憶にとどめることを優先したいと思います。

@something 「何か〜なもの」
この複合語の品詞は名詞ですが、形容詞との位置関係が特殊
です。ここが一番大切でテストにも出るところです。

Please give me something hot.
どうぞ、何か暖かいものをください。

形容詞"hot"がsomethingの後ろに来てます、通常の逆です。
somethingは「何か〜もの」と訳します。

もうひとつ、形容詞の代わりに、不定詞の形容詞的用法です。

I have something to eat.
私は何か食べるべきものを持っています。
(私は何か食べを持ってます)

Asomeone(body) 「誰か」

Someone(body) knows the truth.
誰かが真実を知っている。

単数形扱いなので動詞にsが付いています。

もうひとつ例文

I want to chat with someone(body).
私は誰かとおしゃべりがしたい。

Banything somethingの疑問文・否定文「なにか〜なもの」
  肯定文で「どんな〜もの」

Do you have anything hot to drink?
あなたは何か暖かい飲みをもってますか。

ちょっとギコチナイ日本語訳ですがこういう意味です。

somethingが疑問文でanythingとなってます。さらに形容詞
の"hot"に加えて、不定詞の形容詞的用法"to drink"があり
ます。anythingを2つの形容詞が修飾する形でよく見かけます。


You can take anything .
あなたは何でも取っていいですよ。

もう一つ、この文は暗記したほうがよい例文です。

Anything will do.
なんでもいいですよ。

たとえば、お店で”消しゴムを選んでいる”ときに、どんなのでも
いいときに使う言い回しです。
丁度よい例が思い浮かびませんが何だって使えます。

この”do”は、日本語に訳すと「役割を果たす」という意味です。
この”do”の品詞は、動詞の中でも”代動詞”と言ったりします。

Canyone(body) いくつかのという"some"の意味はありません。
  「どれでも、だれでも」という意味になります。

I don't hate anyone.
私は誰も憎んでいない。

Anyone can play there.
誰でも、そこで遊べます。



次回はevery,noの複合語についてお話します。















英語 ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 電車 姉妹サイトかえるくんの諦めない日々
ファン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
検索
英語学習ランキング
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
プロフィール
かえるくんさんの画像
かえるくん
元学習塾英語講師で小学生から息子に自分で英語を教えています。家庭でお金をかけずに、[毎日の短い時間で効果的に]を目標にリアルタイム実践を講義形式で更新してます。中学生のうちに2級を目指しています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。