広告

posted by fanblog

2015年11月24日

かえるくん親子の英語学習記 かえるくんの過去


かえるくんです

小学5年生の息子に家庭学習のみで中学英文法をマスターさせ

英検4級の取得をめざすこのブログです。

同じく中学英文法を覚えさせたい方の参考になればと思います。

勉強のできる子を対象としてません。

できない子を対象としてます。

かえるくんは6年ほど学習塾の英語講師の経験があります。

それなりに結果を出してきたと思っていますが、その理由が自分

自身劣等生だったからだと思っています。

ずっと昔になりますが、かえるくんは小学1年生から??CAという

英語塾に通っていました、通わされていました

西條秀樹の歌で一躍有名になったところです。

今思えば親の気持ちがわかりますが、子供のころは拷問にしか

思えませんでした。

5年生になるころには、2年留年して3年生のクラスにいました。

小学生が留年ですexclamation×2

5年間で覚えたのはアルファベットと簡単な英単語です。

年に1回、暗唱大会というのがありましたが、与えられた英文を

もっともらしい発音で暗唱し、優劣を競うものでした。

何のためにやってるのか意味がわかりませんでした。

当時はネットの何もない時代でとにかく情報不足だったのでしょう。

高校生の時に、入れさせられて塾は1週間に100単語10例文

暗記して出来なければ竹の鞭がく〜(落胆した顔)でたたかれるところでした。

まあ、恐怖でしたががく〜(落胆した顔)毎回採点されるうちに点を取る楽しさを覚えて

英語というものが「手ごたえのない底なし沼」のようなものから

押さえるところを押さえたら、十分理解できるもの」に変わりました。

今思えば、英語をおぼえた見返りというか手ごたえがなかったので

続かなかったのだと思います。

以前にもお話しました、英語は長距離マラソンではありません、110mハードル

です。ハードルを越えるたびに、1つ結果モータースポーツです。ハードルも無限には

続きません、10とか20くらいのものです。

今、全部を覚える必要はないんです

日本語だって偉い人が言うはなしは、難しくて”さっぱりわからない”

ことなんて日常茶飯事ですよね。

このかえるくんのブログでは一つ一つのハードルを明確にして、

説明してゆきます。

そのためには「単元ごとの10分ドリル」のような教材は便利です。

また、今はほかにもいろんな教材があるので迷ってしまいますが

あまり丁寧な自分で考える機会を奪うようなものはお勧めしません。

おやこで「あーだこーだ」言う”やり取り”が記憶の定着を効果的に

してくれるからです。

だから、間違ったっていいんです。

あそこでお母さん間違ったよね!」って覚えてくれます。










この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4446247

この記事へのトラックバック

英語 ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 電車 姉妹サイトかえるくんの諦めない日々
ファン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
検索
英語学習ランキング
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
プロフィール
かえるくんさんの画像
かえるくん
元学習塾英語講師で小学生から息子に自分で英語を教えています。家庭でお金をかけずに、[毎日の短い時間で効果的に]を目標にリアルタイム実践を講義形式で更新してます。中学生のうちに2級を目指しています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。