【悲報】 みずほ銀行さんが ATMでまたトラブルwwwwwwwww

みずほ銀行の東京都内にある一部の現金自動預払機(ATM)で26日、現金が足りなくなり一時、引き出しができなくなる事態が起きた。10連休を控え利用者が急増したのが理由とみられる。

みずほ銀によると、引き出しができなくなったのは東京の大手町と荻窪にあるATM。現金が不足すると、担当部署が検知できる仕組みになっており、既に対応済みという。

異例の10連休を前に政府は銀行に対し、ATMの補充用の現金を例年の大型連休と比べ、1日当たり最大3割増しで準備することなどを要請している。
 

このニュースを受けてネットでは、

「電子マネー普及してるけど、やっぱ現金は必要だよね。」

「こうなるかもしれないと思って、数日前におろしておきました。」

「10連休であろうと100連休であろうと、銀行は借入者から利息を取ってるのだ。それに時間外手数料も取るのだろ、対応して当然だよな。」

「みずほ銀行はしょっちゅうシステムが止まる印象があるが、それでも取引を続けている顧客を大切にしないといけない。」

「ATMに詰められる現金にも限りがあるから無くなるのは仕方ないと思う。すぐ対応して現金補充したなら問題ないのでは?支店の手持ち現金が無くなったのなら準備不足だけど。」

「昨日のうちに現金をおろしておきました。これだけ長い連休だと、現金をある程度持ってないと不安ですからね。」

など、多くのコメントが書き込まれている。

posted by oya33 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス

明治安田生命社長 不動産へ10年で3500億円投資!!!

明治安田生命保険の根岸秋男社長はインタビューに応じ、超低金利環境が続く中、「(国債中心の)運用を多様化する必要がある」と述べた。資産運用を強化するため、長期的に安定した賃料収入が期待できる不動産を対象に、今後10年で3500億円を投じる考えだ。

根岸氏は「今の低金利環境はまだ続く」と指摘。運用収益を高めるには、不動産や外国債券への投資を増やす必要があるとの認識を示した。

2018年度の業績は、外債投資などが奏功し、本業のもうけを示す基礎利益が過去最高となる見通し。これを受け、明治安田生命は340万件の保険契約者に計35億円の増配を実施する方針。根岸氏は「契約者にしっかり還元していく」と強調した。

同社は19年度、大手生保では初めて、約3万人の全営業職員にスマートフォンの無償貸与を開始。根岸氏は「全社的にデジタル武装していく」と語り、無料対話アプリLINE(ライン)を活用した顧客向け営業の強化や、カメラ機能を使った提出書類のペーパーレス化など負担軽減に取り組む考えを示した。 

このニュースを受けてネットでは、

「外債何かより全く良い、不動産は長期運用銘柄である。」

「最近、日本生命も同じような、戦略を打ち出していました。」

「今から不動産ですか。不動産に多少なりとも知識があれば、そろそろ手じまいを考える時期じゃないの。」

「国債での運用は元本利息保証だから堅いがそもそも国債は国民の税での返済が担保。たくさん発行すると日本は国内消化の分、国民の将来の増税の圧力が増す。デフレの最大の原因は所得が伸びないのに税が上がるからだ。生保、損保としては国債よりリスクはあるが不動産の投資を中心に運用してほしい。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by oya33 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス

[ふるさと納税] 泉佐野市の新キャンペーンがネットで批判殺到している件wwww

ふるさと納税制度で返礼品の規制を厳格化する国の方針を批判している大阪府泉佐野市は26日、ネット通販大手「アマゾン」のギフト券を寄付額の最大30%分上乗せする新たなキャンペーンを始めたと発表した。「300億円限定キャンペーン」と称し、期間はふるさと納税の新制度が始まる前の5月31日まで。寄付額が目標に達した時点で終了するとしている。

市の担当者は「規制で魅力が大幅に失われる新制度がつまらないということを利用者に知ってほしいと考え、キャンペーンを実施することにした」と話しており、国への対決姿勢を明確にした格好だ。

このニュースを受けてネットでは、

「日本の納税なのに、なぜそんなに Amazon を使うのか。」

「制度自体に欠陥はあるが、趣旨は賛同できるしおかしいところは改善すれば良い。泉佐野市は自分が良ければ良い的な、その場しのぎのキャンペーンで不快。しかもAmazon自体は日本で儲けても貢献していないのでは?どうしてAmazonにお金が流れるようにするのか、理解できない。」

「子どものけんかみたいになってきた。本来の納税のあり方ではない。そもそも制度そのものに欠陥がある。」

「泉佐野市のイメージが益々悪くなってきた。」

「自分の自治体に金を持ってきたい、そこまではまだ理解する。だけど、公務員なら日本のためになるように金を使うべき。結果的に海外に金が流れることはすべきではないし、先や周りを見られない浅はかな職員だと思う。」

「これでいいのか、という問いかけの形を取って、最後の荒稼ぎをするのが本音でしょ。」

「ふるさと納税によって納税先の変化はあるものの全体の税収が増えるわけではない。むしろポータルサイトやAmazonなどに流れ、本来の税収よりトータルで少なくなってしまっている。こんな制度は前提としてありえないと思う。もうやめませんか?」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by oya33 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
最新記事
令和は転職時代?!
30代40代50代求人多数!!
年収1000万円超え者続出中!! 令和時代必須のキャッシング!!
カードローンでモテモテ生活!!