広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年12月14日

ジャンプフェスタ2021(JF2021)








皆さんこんにちは。

今年もジャンプフェスタの開催時期になりましたね。

ジャンプフェスタと言えばグッズ戦争の代名詞と称しても過言ではないと思います。
毎年幕張メッセで開催されていましたが、今年はオンライン開催となっています。

日程は
12/19(土) 9:00〜17:00
12/20(日) 9:00〜17:00


の、2日間開催です。
※ログインは12/18(金)18:00から可能(19:00から前夜祭があるそうです!)

公式サイトはこちら→ジャンプフェスタ2021 ONLINE公式サイト

参加には事前のアプリダウンロードが必要となりますので、
参加予定でまだダウンロードされていない方は公式サイトより
ダウンロードしておいてくださいね。
※ダウンロードにはiOS端末またはGooglePlay対応端末が必要となります。


皆さんにとって一番大事なイベントであるグッズの購入については、
今年はとても購入しやすいスケジュールが組まれています。

こちらでも公式サイトに記載されている内容をもとに
メモしておきますが、もっと詳細が欲しい!という場合は
公式サイトをチェックしてみてくださいね。

グッズ販売専用の【オリジナルグッズ販売ECサイト】というものが今年は存在します。
※事前の会員登録が必要です。(会員登録無料)

会員登録受付:2020/12/11(金)12:00〜12/20(日)17:00
購入申込受付:2020/12/14(月)12:00〜順次開始〜12/20(日)17:00

※日程は予定ですので変更になる場合があります

購入申込カテゴリーは4種類です。

1.遊戯王OCGDM プレミアムパック2021
>12/14(月)〜20(日)

2.ジャンプフェスタ2021限定グッズ
>12/15(火)〜20(日)

3.ジャンプフェスタ2021先行グッズ
>12/16(水)〜20(日)

4.ジャンプフェスタ2021受注(限定・先行)グッズ
>12/17(木)〜20(日)


メーカー各社のECサイトは別に存在するそうですが、
こちらは12/18(金)12:00〜販売開始する予定です。

既に本日の12:00より一番早いグッズ販売はスタートしていますので、
購入予定があり、まだダウンロードしていないという方は
ダウンロードして一度確認しておいてくださいね!

グッズ購入後のお取引で不明なことがありましたら、
お取引についての項目を参照していただけると嬉しいです!






タグ:イベント
posted by こん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2020年05月29日

特別な発送方法








お取引をしていると、たまに登場する特別な発送方法をご紹介します。

よく知っているものや聞いたことがあるけどよく知らないものも登場すると思いますが、

お付き合いくださいね。



* レターパック *


A4サイズ・4kgまで配送可能です。(全国一律料金)

追跡サービスがついていて配送状況の確認ができます。

ポストに投函することができますが、もちろん郵便窓口からも差し出しできます。

(大きい投函口のポストでないと入らないので注意が必要です)



郵便窓口のほか、コンビニエンスストアでも購入できるのでとても便利です。

また、封筒が厚紙でできているので、強度的にも少し安心できます。

利用の際には住所氏名のほかに電話番号を記載する必要があります。

※追跡はできますが、賠償はありません



レターパックライト:370円

お取引でレターパックと言ったら基本的にはこちらになります。

厚さが3cm以内である必要があります。少し膨らんでいて、3cmを超える場合には

レターパックプラスや定形外に特定記録を付けるなどの方法に変更する必要があります。

また、ポストへと届けられるので、自宅のポスト幅が狭い場合には無理やり折り曲げて投函される

場合があるため、しっかりと補強しておく必要があります。

※どうしてもポストに入らない場合は直接手渡しで届けられ、不在の場合には不在票が入ります



レターパックプラス:520円

宅配便と同様に、受け取り時に受領印が必要となります。

レターパックライトとは違い、不在の場合には必ず不在票が入ります。

封が閉まれば3cmを超えても差し出しすることができるので、

厚手の本やふっくらしたものを送る場合に便利です。




* 特定記録 *


料金:通常送料+160円

レターパックライトとほぼ同様の扱いをしてくれるサービスです。

少し違うところがあるとすれば、配達完了のメール通知サービスが利用できる点でしょうか。

差し出しの記録が残り、配達状況の確認ができます。



通常の郵便物やゆうメールなどにつけることができるので、

懸賞品や限定品などの貴重なものを送るときには付ける方も多くいらっしゃるようです。




* 局留め *


発送した郵便物を自宅には届けずに郵便局で預かっておくシステムです。

ご家族などの理解を得られていない方がこっそりグッズ交換などをする場合に利用されているようです。

送付する場合は以下の項目を記入します。




・郵便局の郵便番号

・受け取り郵便局名+留

・受取人住所

・受取人氏名




宅配便やレターパックを利用する際は受取人の住所氏名の他に電話番号も必要です。

受取人の住所を書くと間違って自宅に届くのでは?と心配になりますが、

住所の欄に『〇〇郵便局留』と書いておき、小さな字で受取人の住所を書いておけば大丈夫なようです。





詳しい説明は郵便局の公式サイトでも紹介されています。

レターパック

特定記録

郵便局留









タグ:発送
posted by こん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送

2020年05月28日

発送








梱包が終わり、あとは発送するだけとなりました。

暗黙のルールで発送は郵便局からというのが一般的になっています。



* 郵便局からの発送 *


郵便局から発送するのには以下のような理由があります。




・ポスト投函よりも時間に余裕がある

・ポスト内での郵便物の事故防止

・配達記録等特別な発送方法を選択できる

・事故が起きた場合の対応がスムーズ




* ポスト投函よりも時間に余裕がある

ポスト投函の場合、回収時間が決められています。

一定時刻以降になると回収が翌日となってしまい、最短で翌日昼の回収なんてことも。

郵便局ですと、それより長い時間当日分の郵便物として取り扱ってくれるので

発送に余裕を持つことができます。

それでも、郵便局の営業時間=当日受付時間ではないので、

同日発送で自分は当日扱いで相手の郵便物は翌日分として取り扱われることもありますが、

受付時間が当日の場合は基本的に同日発送として判断します。



同様にポスト投函でも同日であれば朝出しても夜出しても同日発送になります。

それが嫌な場合は相手にその旨を伝えておく必要がありますので、注意が必要です。




* ポスト内での郵便物の事故防止

梱包の説明時にも少し説明しましたが、ポストの入り口から投函された郵便物は

ポスト内の袋に積み重なっていきます。

それほどの衝撃がないにしても、角が当たったり圧力がかかったりしないとは言い切れません。

また、大雨の日などは濡れた郵便物が入ってきたり、

ポストから回収の車までの間に全く濡れないとは言い切れません。

水濡れ防止対策をしているとはいえ、余計に濡れる心配は少ないに越したことはないと思います。




* 配達記録等の特別な発送方法を選択できる

特定記録などの記録付き郵便物は郵便局からのみ差し出しすることができます。

郵便物の混雑が多い年賀状、お年賀・お中元・お歳暮の時期などには

特定記録やレターパックなどの追跡可能な発送方法を選択される方が多いようです。

また、観光地などに居住される方は一年を通して郵便局が込み合っているなどもあり、

できるだけ記録付きの方法を選択して差し出し側でも追跡できるようにしておくなど、

用心深い方もいらっしゃいます。

そうでなくても、郵便局員さんが直接配達物のかごに入れてくれるため、

ポストより無造作に入らないという利点もあります。




* 事故が起きた場合の対応がスムーズ

証紙での発送の場合発送日時がレシートに残るため、

差し出し場所や時間帯を手元に控えておくことができます。

レシート発行は立派な記録です。切手を貼って出す場合でも切手を購入して出せば

その時間がレシートに印字されます。

差し出し日時・場所・郵便物の形状の3点を正確に差し出し側と受け取り側で

郵便局に問い合わせる必要があるため、

レシートはお互いに到着確認が取れるまで保管しておくと良いと思います。




* ポスト投函する *


近所に郵便局がない。仕事や学校の帰りの時間ではいつも郵便局がやっていなかったり、

休みの日が土日のみで土日営業している郵便局がいける範囲にない場合などは

ポスト投函の相談を相手にしてみましょう。

※相談する場合はできれば住所交換をする前に相談することをお勧めします。

また、基本的にポスト投函で対応したい場合はプロフィールなどに記載しておくと

事前に相手にも伝えることができるため安心です。

(個人的にですが、レターパックはポスト投函可能だと思っています)



また、定形外の規定外などサイズの大きいものは思い切ってゆうパック等の宅配を選択すると

24時間営業のコンビニエンスストアから差し出すことができます。

(少し前までははこBOONなどが利用できたので便利だったんですが)









タグ:発送
posted by こん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送

2020年05月26日

梱包:台紙付き商品(きゅんキャラ等)








ちびきゅんキャラやモチーフのボールペン、最近だとエフェクトーンなど

中身が見えるタイプの景品に多いですが台紙・品物・透明なプラスティックで構成された商品です。

ラバーストラップなども一部のものはこういった梱包がされています。




お取引で気を付けることは以下の点です。




・台紙が折れ曲がらないように

・傷がつかないように

・濡れないように

・梱包材を外すときは相手に許可をとる




基本的な注意事項はほかの品物とほとんど同じです。



こういった品物ので結構大切なことが一つ。

相手が望まない限りは台紙などのもともとある梱包材を取り外さないこと。

大体こういった商品は商品同士がぶつかってしまっても大丈夫なように

一部に突起などがつけられていて厚みが出ます。

定形外郵便などを利用した場合、3cm以内に収まらないものも多く、

ラバーストラップなどの薄いものはついつい台紙もパッケージも取り払ってしまい

ラバーストラップのみ送ろうとしがちですが、相手はそのままの状態で欲しいという場合も多いので

台紙をとって送料を安くしたいなどという場合には相手に確認をしてくださいね。



実は過去にハンカチの交換で台紙を外され、ハンカチとハンカチのカバーだけを袋に入れて送られ、

袋に入れた際に折れ曲がってしまったのか、ハンカチカバーが折れてしまっていたことがありました。

送料が高くなってしまうのであれば差額は支払うから梱包を外さずに送ってほしいという人もいるので、

自己判断で送料を安くしてしまおうというのはやめておいたほうがトラブル回避になります。




定形外であれば規定外。

定形外で料金が高くなる場合はいっそのことレターパックプラスや宅急便などを
利用することをお勧めします。




* 用意するもの *


・チャック袋または透明の袋

 (品物が入るサイズとそれより一回り以上大きいサイズ)

・カラーボード(段ボール、厚紙でも可)

・マスキングテープ

・緩衝材(プチプチシート)

・封筒



※上記の品物はすべてダイソーやキャンドゥ、セリアなどの100均で販売されています。

 100均の品物は信用できない!という方も中にはいらっしゃると思いますが、

 十分な強度があるので、さほど問題はないと思います。





1.袋に入れる

品物が無理なく入るサイズの袋に入れます。

品物を直接梱包しないのは品物をボードなどに固定する際に袋越しであれば固定しても

粘着がこびりついてしまったりする心配がないためです。




2.カラーボードを切る

品物の台紙より少し大きいくらいのサイズに切ります。

大きめの袋を使用した場合は品物が動かないようにカラーボードに沿って袋を曲げます。

チャック付きの袋を使用する場合はチャック部分をカラーボードの外側へ出して

カラーボードの外側に張り付けるようにします。

台紙の折れ曲がり防止と品物が袋の中で動いてしまわないよう固定する役割です。




3.緩衝材を切る

品物よりも大きく完全にくるめるようなサイズに切っておいてください。

2重以上巻ける程度の長さをとります。

既に切れているタイプで、1重程度しか長さがない場合は同じものを数枚用意しておいてください。

(必ず1重以上の長さがあるものを使用し、それ以下の場合は別のものを用意してください)




4.緩衝材で巻く

緩衝材の幅の真ん中、長さの端に置いて巻きます。

巻き終わったら端をマスキングテープで固定します。

カラーボードの面に緩衝材の端が来るようにするとしっかりと固定しやすいので便利です。

全ての面の端をカラーボードの裏側で固定するようにすると品物表面がきれいに梱包できます。




5.大きめの袋に入れる

大きめの袋は緩衝材の分を考慮して用意しておきます。

この袋に入れた後、口をしっかり閉じれば水濡れ防止の役割を担ってくれます。




* 封筒について *


商品が複数になっている場合や、極度に厚みがある場合にはマチ付きの紙袋などを使用すると良いと思います。

あまり大きくないものなどは普通のサイズの封筒で問題ないと思います。

レターパックプラスを使用する場合は、レターパックの口が閉じられれば

どんな厚さのものでも発送することができます。

本来レターパックについては追跡ができるためポスト投函が基本的に大丈夫ですが、

厚さがあるものはポストに入らないことが多いので直接郵便局で差し出すようにしてくださいね。









タグ:梱包
posted by こん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梱包

2020年05月25日

梱包:紙類B(ボード・ポスター・ランチョンマット)








カフェでもらえるランチョンマットや小さめのポスターなどを

丸めていない状態でもらったときはそのまま発送したいですよね。

自分で丸めると、丸めるときに変な跡がついてしまったりすることもあるので、

できればそのまま発送したいという気持ちがあります。



また、イラストボードや色紙などの商品も折れ曲がらないように発送したいところですよね。




お取引で気を付けることは以下の点です。




・折れ曲がらないように

・傷がつかないように

・濡れないように





書籍類と注意事項はほとんど同じです。

紙類は水が大敵ですのでしっかりと防水してあげることが大切です。

また、ランチョンマットやポスターなどはペラペラの紙が多いため、

強い力が加わるとチャック袋のチャック部分の跡が

食い込んでついてしまうということも多々ありますので、

あとがつきやすい素材はできるだけ使用しないほうが安心です。




* 用意するもの *


・透明の袋またはチャック袋

 (品物が入るサイズとそれより一回り以上大きいサイズ)

・マスキングテープ

・硬化ケース


 (カラーボード・厚紙可)

・封筒



※上記の品物はすべてダイソーやキャンドゥ、セリアなどの100均で販売されています。

 100均の品物は信用できない!という方も中にはいらっしゃると思いますが、

 十分な強度があるので、さほど問題はないと思います。





1.袋に入れる

あまり無理なく入るサイズの袋を選びます。

できればチャック付きの袋よりもシール部分のついた袋を使用すると

チャック部分の跡がつく心配が少なくて安心です。

シール部分がついていない透明な袋でも大丈夫です。

B4サイズのランチョンマットの場合、

チャック袋を使用するとB4サイズの硬化ケースに入れることができません。

できるだけ同じサイズのシール部分がついた袋を使用すると良いと思います。




* 硬化ケースに入れる場合

袋に入れた品物を硬化ケースに入れます。

チャック袋を使用するとケースに入れる際に少し入れ辛い可能性があります。

シール部分のついていない袋を使用する場合は袋の口を無理に留めなくて大丈夫です。

→4へ進みます。




* カラーボード・厚紙を使用する場合



2.カラーボードを切る

品物より少し大きいくらいのサイズに切ります。

同じサイズを2枚用意します。

大きめの袋を使用した場合は品物が動かないようにカラーボードに沿って袋を曲げます。

チャック付きの袋を使用する場合はチャック部分をカラーボードの外側へ出して

カラーボードの外側に貼りつけるようにします。




3.ボードで挟んで固定する

片方のボードにマスキングテープなどで固定してからもう一枚を反対側から当てて品物を挟みます。

ボード同士をマスキングテープで固定します。

(上下左右の辺の真ん中あたりを留めると動く心配がなく、安定します)




4.大きめの袋に入れる

大きめの袋は硬化ケースやボードの分を考慮して用意しておきます。

袋に入れた後、口をしっかり閉じれば水濡れ防止の役割を担ってくれます。

お勧めはチャック袋、次いでシール付きの袋となります。




* 封筒について *


丁寧な方は硬化ケースにカラーボードを添える方もいらっしゃいますが、

最低限であれば硬化ケース1枚と水濡れ防止の袋があれば十分です。



硬化ケースだけでは少し不安という方はカラーボードや厚紙などを

一枚添えてあげるようにするといいと思います。









タグ:梱包
posted by こん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梱包
ファン
検索
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
こんさんの画像
こん
Twitterでのお取引実績のあるいわゆるオタクです。 いろいろな方に支えられてお取引やってきました。 長いお取引の中で学んだことや、自分が心掛けていることなどを 多くの人に知ってもらうことでスムーズなお取引を して行けたらうれしいと思ってます。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。