2017年06月14日

新聞に載ったど。


2017年6月13日北海道新聞旭川版にて、
アベル・ジャズ同好会、恒例Cocodeライブについて
紹介いただきました。
クリックで拡大します。
img_20170613newspaper3.jpg
(写真は顔出し確認の上アップしております)

10日の初級セッションの際に記者さんが取材にみえられ、
気恥ずかしいですが、いろいろ語りました(笑)。

こういったコツコツとした活動で、ジャズや音楽の楽しさを
広められたら嬉しいですね。

18日は旭川市民活動センターCocodeさんにて、
「Cocodeアマチュアジャズライブ」
を開催いたします。
クリックで拡大します。
img_cocode2017a.jpg

今年も楽しくやりたいですね〜。
よろしくお願い申し上げます。


*****
実は6月8日の同じく道新に親父も載ったのですよ。
こちらは沖縄戦の記事です。
クリックで拡大します。
img_20170608newspaper.jpg

親父の兄貴が沖縄戦で亡くなっているんですね。
戦後70年過ぎて当時を知る方も
だんだんと少なくなってきているみたいです。

親子で道新さんの取材とはなんとも奇遇なお話ですナ。



posted by Tatsuan at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月06日

ラグタイム


ラグタイムといえばScott Joplinということで、
このアルバムをダウンロードしてみました。

Ragtime_Collection.jpg

900円で手頃だな、と思って曲数をみたら、
なんと66曲も入っている。
もともと3枚組か何かだったのかとも思いましたが、
ダウンロードなので、ライナーノーツ等詳細が全くわからない。
演奏も本人なのか、ピアノロールなのか、はたまた別人なのか。。。

でも、とりあえず有名な音源を集めたのだろうと納得させておりますよ。

演奏はご機嫌です。

Wikipediaで「ラグタイム」を見ると、
*****
(以下引用:)
「19世紀後半頃から、アフロ・アメリカン(おもに黒人)のミュージシャンが、主にピアノ演奏を中心に自らのルーツ音楽を基本とするシンコペーションを多用した(右手の)メロディーと、マーチに起因する(左手の)伴奏を癒合させた独特の演奏スタイルを編み出してゆき、これが従来のクラシック音楽のリズムとは違う「遅い・ずれた」リズムと思われたことから「ragged-time」略して「ragtime」と呼ばれるようになった、といわれている。(決定的な説では無い)」
*****

とあります。面白いですね。

youtubeで色んなラグタイム演奏を聴いてみましたが、
クラシック的なリズムで演奏されてる方や音源も多いようです。
でもそれらもいい感じです。

このアルバムの演奏は基本跳ねてないですが
(曲によって跳ねたアレンジの箇所もあります)、
いわゆる横ノリでスイングしていて心地よいです。


posted by Tatsuan at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
プロフィール
Tatsuanさんの画像
Tatsuan

ギターを弾いています。
ジャズが専門です。
昔から迷ってばかりいます。


音楽を通じた癒しが
今のテーマです。


プロフィール
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
検索