2018年03月21日

春分の日


今日は春分の日。

水曜で定休日と重なっているのが
なんともやるせないですが、
あまりにいい天気なのでカメラ片手に散歩に出ました。

道路はアスファルトが見えて来てますが、
雪はまだまだこんな感じです。
IMG_0001.JPG

この分だと5月に入っても残っているだろうな。
IMG_0002.JPG

でも日差しや空気はもう春。
「ありがた〜い」感じがしますな。
IMG_0003.JPG

屋根の雪もまだまだ。
IMG_0004.JPG

このあたりからは冬の散歩コース。
IMG_0005.JPG

夏は電信柱を次々と移動してカラスが追いかけてくるので、
やっかいなコース。
なので雪が融けると堤防コースになるのだ。
IMG_0006.JPG

それにしても気持ちがイイ。
IMG_0007.JPG
IMG_0008.JPG
IMG_0009.JPG

8線道路。
IMG_0010.JPG
これでだいたい1時間コースです。


*****

リズムのお話します。
しかもギタリスト目線です。(笑)
(興味のない方はスルーでお願いしますね。)

以前に縦ノリ、横ノリについて書いたことがありましたが、
違いについて追加で書いてみようと思います。

ギターは8割は伴奏が仕事なので、
そのあたりはジャンルに応じて弾き分けたい
ところですね。

とはいえ、
ラテンは奥が深いですし、
クラシックについて語るなどとんでもないことですので、

私が育った時代に流行っていてよく耳にした音楽や、
ギターを始めてから経験したり研究したジャンルをもとに
書いてみようと思います。


ノリですとか、グルーブというのは、
身体の動き(踊り)そのものなので、
動きで説明した方がわかりやすいかと思います。


縦ノリ:
その場で足踏みしながら、
上半身が左右に揺れている感じ。
16分音符など細かい音符がよく映えます。

日本人は何も考えずにテンポをとるとこちらになります。


横ノリ:
足腰そのものを左右に揺らしている感じ。
4分音符、8分音符、3連符が心地よい。


もちろん完全に縦、完全に横ということはなくて、
そのジャンルやミュージシャンによって
育った大陸や国のクセがあり、
微妙に交じりあっているように思います。


私の感じでは、
ジャズやブルースはかなりの横ノリ、
最近の英語で歌われるラップやヒップポップも横ノリでしょう。


日本の音頭やお祭りの音楽はかなりの縦ノリです。


邦楽には戦前以降、
ジャズやブルース、ロック等の横ノリのリズムが輸入され、
日本語で歌いやすいようにリズムの解釈をかえて
素晴らしい作品を作ってきた経緯があると考えております。


割合としては邦楽は基本縦ノリに、2〜3割横ノリを混ぜた感じ
と捉えています。

アメリカのノリが姿を変えて隠れたところで邦楽にも
息づいていると思うと感慨深いものがあります。


ラテンについては・・・
よくわからないです。
なのでジャズの偽サンバでごまかしております。


ギタリストはいろんな音楽をやらされますから、
横ノリを研究することでグルーブの付け方を学んでおいて損はない
と思います。

極端にするとそれだけ土着感が増しますので、
あとはどのように聴きやすく、あるいはジャンルに応じて
薄めるのかということになります。

ラグタイムやニューオリンズのジャズを聴いてから
サッチモ(Louis Armstrong)を聴くと
「サッチモすげぇな」、と思いますよ。

よくぞここまでオシャレに聴きやすくしたな、と。
やっぱり天才だな、と。



以上で〜す。


posted by Tatsuan at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月02日

数年に一度の


本日は5年前の被害がかなり出た時と
同程度の暴風雪なのだそうだ。

IMG_0789.JPG

外に出るとipadに雪がどっとつくので
中からパシャリと。
すごい様子があまり伝わらないかな。

こんな日は家の中にいるしかないので、
いろいろ録音したり、教材作ったりして
まったりすごすとしよう。

所属しているビッグバンドの
2ndリサイタルが決まりました。

20180422フライヤー.jpg
(クリックで拡大します。)

今年は4曲ほどセッション曲を準備して、
参加していただく企画もあります。

よろしければお越し下さい。

posted by Tatsuan at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月21日

でももう雪はいらない。


「今年は雪多いよね〜」
「そだね〜」
などと話しているうちに、
気づくと半端ない感じになっている。

IMG_0778a.JPG
IMG_0779a.JPG

去年もかなり「そだね〜」だったけれども、
今年はまた輪をかけて雪が多い。


*****


この前、コンビニに買い物に行ったら、
Apple Musicのプリペイドカードが目についた。

一年分9800円だそうだ。
1ヵ月980円だそうだから、
まとめ払いだと2ヵ月分お得になるのか。。


今、確定申告時期で諸々計算中だ。
一年にかかったCD代やらitune storeから買った
音源代やらが数字ですぐに確認できる。
・・・確実に9800円よりは多い。

趣味での購入もあるが、
教材用に買うことも多い。
今後も同程度コンスタントにかかってくるのだろう。

う〜ム・・だとすると・・、
長い目で見て、
毎年1年分まとめ払いで聴き放題の方が
良いのではないか、と迷うところだ。

とは言え、
昭和頭の私としては、
物で欲しい・・という気もある。。

一度買えば一生聴きたい時に聴ける安心感(笑)。。

定額制だと解約するとすべて聴けなくなる・・
う〜ん、なんだかもったいないような寂しいような・・。

けど待てよ・・、
今まで買ったレコードやCD類・・、
ずっと黙って棚に置かれたままである。

いやいや、それが良かった。
今まではそれが良かったのだ。

時代は確実に変わってきている。

今は誰もが楽器を練習でき、
誰もが曲を形にでき、
誰もが世界中に発信できる、

そんな時代になった。

定額制で音楽を聴くと言っても、
よく考えると便利な有料ラジオみたいなものではないか。

そして、
誰もがすべての曲を聴けるのだ。


そんな中で昭和のビジネスモデルからどう脱却するのか、
気持ちを切り替えてゆく必要があるのだろうナ〜、
などと考える今日この頃。

posted by Tatsuan at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月12日

DV Mark Little Jazz ソフトカバー


先日Little Jazzを購入しましたが、
カバーがないとさすがに雨の日、雪の日いやなので
安い方のソフトカバーを買いました。

水だけ防げればいいのでペラペラでもいいや、
と思っていたのですが、
届いてみるとかなりしっかりしているものだ。

IMG_0776.JPG

電源ケーブルを収めるためのポケットが
ついていたら100点満点ですが、
そこは言うまい。
これでも十分な感じですよ。

IMG_0777.JPG

良い良い。

先日購入のLittle Jazzですが、その後
セッション、ライブ等に投入してみました。

ドラム入りでも全く問題ないですね。

特にセミアコでジャズ系をやられる方には
かなりおススメです。



この前札幌で参加させていただいたライブの様子が
数曲動画でアップされております。
音色など参考にしたい方は観てみて下さい。

足元に小さいLittle Jazzがあります。
動画では少し音量小さめですが、
音抜けのいいクリーントーンなので
現場ではオーケーな感じでした。






楽器のソロはないですが、
素晴らしい演奏となっています。
こちらも是非どうぞ。



2018年01月06日

DV MARK Little Jazz


15年くらい愛用してきた、
AERのbingo2(現Compact60)ですが、
全面のスポンジもボロボロと剥がれ、
だいぶへたってきているので、
予備としてジャズ用のアンプを購入しました。
IMG_0455.JPG

購入したのは、
ジャズギタリストに人気の
DV MARK Little Jazzというアンプ。
ネット等でよく目にするのは白ですが、
売り切れでこの限定版Blackにしました。
これはこれでかっこイイ。
IMG_0723.JPG

周りで使っている人がいないので
人柱として買ってみた次第。

大きさの比較でギターと並べてみた。
IMG_0724.JPG

Bingo2と比べてみる。
IMG_0725.JPG
高さは同じくらい。
横幅等の違いはあっても、
ほぼほぼ同じスペックと考えていいでしょう。

重さを比べると持った感じ明らかにbingo2が重い。
面白くなって体重計に乗せてみました。
結果、
bingo2:7.3kg
DV Little Jazz:6.8kg
でした。
0.5kgの差は大きいですよ。

フルアコ、セミアコ、ソリッドで
弾き比べてみました。

結論としては、
DV Little Jazzはまさにギターアンプ
ですね。

bingo2はPA仕様でレンジが広く、
ボーカル、アコースティック楽器全般用です。
ですのでセミアコやソリッドでは使えないです。
私もこのアンプはフルアコ、エレアコ専用で使っています。

DV Little Jazzはギターアンプらしく
不要な低域、高域はおそらく大胆にカットされていて、
自然なコンプが効いている。
ジャズ用ということで、それらしいトーンに調整されています。
セミアコでジャズを演奏される方向きでしょう。

フルアコでも16インチより小さいサイズであれば
オーケーではないでしょうか。

フルアコは17インチからまるで別の楽器になりますからね。
トーンのふくよかさはbingo2の方がいいかな〜、という感じです。

ソリッドの場合でもジャズっぽい音にはなります。
でも、ソリッド使いの方はいろんなジャンルをやるでしょうから、
他のアンプのチョイスもあろうと思いますよ。


ともあれ、
セミアコに合うというのは嬉しいですね。
今まではエレキの場合は、
大きなアンプをエッサコラと持って行っていたので、
持ち運びに便利なのは大きいです。
セッションやリハで使いたおしていこうと思いますよ。


2018年01月02日

おみくじは「吉」


2018年明けました。
今年は喪中なので、
控えめに・・・、

本年もよろしくお願い申し上げます。


外を見ると、
またシンシンと降り積もる系の感じで
雪が降っておる。
さすがにもういいワ。

正月と言えば恒例になってきた
看板修理。。
IMG_0713.JPG

前回修理は去年のゴールデンウイークでした。
夏、秋にかけてまたかなり傷みました。

木の地肌が見えていると、
まずいんですよね。
特にキノコ類にやられると
腐るので厄介です。

割れてきたところはパテで埋めて、
今回はペンキだけでなくニスも塗ろうと思っています。



今年のおみくじは「吉」でした。

大吉、中吉〜の順かと勘違いしていて、
今年は中吉あたり出ないかな、
と思っていたのですが、
正式には大吉、吉、中吉〜の順なんだそうですね。
結果、思っていた順位のが出てたということで。。。


今年は自分のやりたいこと、やるべきことに
使命感を持って真っすぐ取り組みたいです。
(おみくじにそう書いてあった。。)
・・なるべく・・なるべくね。


2017年12月31日

本年中は


早いものでもう大晦日。
本年中は色々とお世話になりました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

アベル・セッションの一コマ
クリスマス・イヴイヴで盛り上がりましたね。
IMG_0687.JPG


夢弦カルテットと仲間たち
先日の忘年会の一コマ
IMG_0708.JPG


*****

今年はお陰様で教室が忙しく、
ありがたいことではあるのですが、
外での活動が少なくなり、
家にこもることも多くなりました。


長年の懸案であるリズムの探求もかなり進み、
なんとなくですが、納得の行く感じになりつつあります。

演奏者としてだけではなくインストラクターの立場もあるので、
プロセスを順序立てて整理する必要があり、
その為の様々な試行錯誤に時間がかかりました。

ジャズをさかのぼって探求していくことで、
ずいぶん前に「知識」として知っていたことの意味と効果が
初めて身体でつながりました。
非常に大きなことです。


来年は今年までまとめたことにさらに磨きをかけつつ、
時間があれば少し演奏活動もやりたいな、と考えております。

2017年12月26日

大荒れ


嵐のクリスマス・・
IMG_0691.JPG

からの・・
IMG_0692.JPG

この後雪かきしましたが、
もうホワイトアウト状態。。。
顔全体を覆う「装備」でのぞむ。


posted by Tatsuan at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月12日

もう師走


あっという間に師走です。
外はすでにこんな状態。

IMG_0625.jpg
IMG_0626.jpg

思った以上に吹雪っぽいので散歩はあきらめです。

*****

12年くらい前からリズムの探求をしてきましたが、
自分好みで、しかも客観的に見ても心地よいであろうグルーブ感について
だんだんとメドがついてきたように感じております。

教えるという立場もあるのでなるべくキメ細かく
試行錯誤して難儀でしたが、
最近はそのグルーブ感を使って再びスケールやソロの練習を
始めました。

メトロノームテンポでの練習は、
スケールポジションを覚えたり、
下半身と上半身の体幹的な調整、
読譜力をつけるなど、
様々なところで効果的ですが、
身体が動いてきたら、
グルーブ感を考慮にいれた練習が必要だろうと思います。

グルーブ感が決まると、
音色やフレーズ感、間合いなど、
様々なことが決まってくると思いますが、
そのあたりも試行錯誤しつつ、
オリジナリティーのあるスタイルを追求したいと
思う今日この頃です。

ipadでムービーを撮りながら確認すると、
非常にいいですね。
すごい時代になりました。


2017年11月10日

Boss CP-1X


今回はギタリスト以外はほぼ興味のないお話ですいません。

久々にコンパクト・エフェクター買いました。
Bossの 「CP-1X」 コンプレッサーです。

IMG_0519.JPG

エレキ用のコンプというと
パコパコするイメージで敬遠していたのですが、
このコンプは自然なかかり具合ということらしいので
人柱になろうと買ってみた次第。


使用感ですが、
非常に自然ですね。
言われなければ気づかないかもですね。

ですが、弾いている方ははっきりと違いはわかります。
特に1弦、2弦の音が抜けてサスティーンが心地いいです。

エレキのハイポジションの音伸びが今一つだったので、
これはいいわ。

マルチバンドコンプレッサーとかで、
強弱やら音域やら、
中で複雑な処理をいっぱいしてるみたいです。

あと、
デジタルだからでしょうか、
ノイズがない。ほぼほぼない。


深くかければパコパコ感も出せますが、
このコンプは基本自然なかかり具合を求める人向けと思います。

私はジャズ系なのでクリーントーンですが、
かけっぱなしでいけそうです。
アコギでも使えるそうです。


さて、
セッションやライブでさっそく使ってみるとしようか。
楽しみたのしみ。。



posted by Tatsuan at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材
プロフィール
Tatsuanさんの画像
Tatsuan

ギターを弾いています。
ジャズが専門です。
昔から迷ってばかりいます。


音楽を通じた癒しが
今のテーマです。


-YouTube-

- Tatsuan Channel -


プロフィール
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
検索