2017年12月26日

大荒れ


嵐のクリスマス・・
IMG_0691.JPG

からの・・
IMG_0692.JPG

この後雪かきしましたが、
もうホワイトアウト状態。。。
顔全体を覆う「装備」でのぞむ。


posted by Tatsuan at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月12日

もう師走


あっという間に師走です。
外はすでにこんな状態。

IMG_0625.jpg
IMG_0626.jpg

思った以上に吹雪っぽいので散歩はあきらめです。

*****

12年くらい前からリズムの探求をしてきましたが、
自分好みで、しかも客観的に見ても心地よいであろうグルーブ感について
だんだんとメドがついてきたように感じております。

教えるという立場もあるのでなるべくキメ細かく
試行錯誤して難儀でしたが、
最近はそのグルーブ感を使って再びスケールやソロの練習を
始めました。

メトロノームテンポでの練習は、
スケールポジションを覚えたり、
下半身と上半身の体幹的な調整、
読譜力をつけるなど、
様々なところで効果的ですが、
身体が動いてきたら、
グルーブ感を考慮にいれた練習が必要だろうと思います。

グルーブ感が決まると、
音色やフレーズ感、間合いなど、
様々なことが決まってくると思いますが、
そのあたりも試行錯誤しつつ、
オリジナリティーのあるスタイルを追求したいと
思う今日この頃です。

ipadでムービーを撮りながら確認すると、
非常にいいですね。
すごい時代になりました。


2017年11月10日

Boss CP-1X


今回はギタリスト以外はほぼ興味のないお話ですいません。

久々にコンパクト・エフェクター買いました。
Bossの 「CP-1X」 コンプレッサーです。

IMG_0519.JPG

エレキ用のコンプというと
パコパコするイメージで敬遠していたのですが、
このコンプは自然なかかり具合ということらしいので
人柱になろうと買ってみた次第。


使用感ですが、
非常に自然ですね。
言われなければ気づかないかもですね。

ですが、弾いている方ははっきりと違いはわかります。
特に1弦、2弦の音が抜けてサスティーンが心地いいです。

エレキのハイポジションの音伸びが今一つだったので、
これはいいわ。

マルチバンドコンプレッサーとかで、
強弱やら音域やら、
中で複雑な処理をいっぱいしてるみたいです。

あと、
デジタルだからでしょうか、
ノイズがない。ほぼほぼない。


深くかければパコパコ感も出せますが、
このコンプは基本自然なかかり具合を求める人向けと思います。

私はジャズ系なのでクリーントーンですが、
かけっぱなしでいけそうです。
アコギでも使えるそうです。


さて、
セッションやライブでさっそく使ってみるとしようか。
楽しみたのしみ。。



posted by Tatsuan at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材

2017年11月03日

リズムの錯覚


早いもので今日は11月3日。
休みなのでのんびりと散歩コースだ。

11月の鷹栖。
IMG_0001.JPG
IMG_0002.JPG
IMG_0004.JPG


このコースももうすぐ雪で埋まるのか。。。

*****

大学時代(またずいぶん昔・・)、
ジョン・スコフィールドにハマっていた頃、
ジョンスコがやたらと遅れて(レイドして)
弾いているように感じたので、
テンポからあえて遅れて弾く練習をしていました。

そう弾くことでなんとなくジャズっぽい雰囲気を
「演出」出来たんですね。

ところが、
内心「??」という部分もあってあまり楽しくない。

それらしくはなっている、
フレーズもカッコイイのに、、なぜか楽しくない。


当時、ギターマ〇ジン等の雑誌でも
遅らせて弾く方法論が語られていたりしたものでした。


42歳になった時、
あることがきっかけで、もう一度リズムを
しっかりやり直そうと思い取り組みだして、
かれこれ今年で12年目になります。

ここ数年はシンプルな2ビートに戻って、
色々試しています。
それで気づいたのですが、2ビートのノリは
自分的に非常に好みです。


最近は便利になって、
音源だけではなく、
弾く動作を確認しながら観られる時代になりました。
非常に有益ですね。

で、、
時間がたって昔のナゾが解けてきました。

ジョンスコはあの大きな背中を
揺らしながら(踊りながら)、弾いていたわけです。
つまり、

グルーブに対してジャストだ。

ということなんですね。
気づいてみるとシンプルです。


ジョン・スコに限らず、

ビートには丸みがあり、
そこに乗っかる音符も丸い。
そして、それらを共通して含む身体の動作があります。

言葉にするのは簡単ですし、
聴いて感じることもできます。


しかし、、、
それを楽器で客観的にそう伝わるように
表現することは至難です。

自分はギターのことしかわかりませんが、
少なくともギターはムズカシ〜ぃ。


そこを意識して弾くと、
弾くほどにとにかく楽しい気分になります。


探求はまだまだ続くゼ!



2017年09月18日

台風


今日は祝日で仕事はお休みです。
が、、、台風が通過中です。
かなり被害が出てるようです。
お見舞い申し上げます。

散歩もできないし、
風雨で音がうるさいので、録音もできない。
ということで静かにしています。


10月にちょっとした演奏があるので仕込み中です。
だいぶ前に買ったルーパーですが、
宝の持ち腐れになっているので、
ここいらで使ってみようというわけです。

といっても、重ねて録音するパフォーマンスではなくて、
アコギでカラオケを作ろうという作戦です。
IMG_0454.JPG


愛用のAER Bigo2ですが、
この前、全面のスポンジがまるで砂壁のようにボロボロと崩れました。

IMG_0455.JPG

思えばもう15年くらいにはなるのか。
スポンジの寿命だったのでしょう。
予備でフルアコ用のアンプを準備した方がいいかな、
と思う今日この頃。


posted by Tatsuan at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月17日

ブルーグラスフェス


先日9月9日(土)、
恒例となっております、ブルーグラスフェスに参加してきました。

場所は江丹別にあります、島田音楽堂さん。
IMG_0443.JPG

キャンプ用品を持参して遠方から参加の方も多いです。
IMG_0444.JPG

この日、昼間は汗ばむような夏日でしたが、
夕方〜夜と日が落ちるに従ってみるみる気温は低下。。。


演奏は屋内なので問題ないですが、
外だと夜9時ごろには息が白くなるほどの極寒状態。
ちょいとなめてました。
あまりの寒さに11時ころに帰ることにいたしました。

私らの演奏の様子が一部Youtubeにアップされているので、
リンクしておきます。

ブルーグラスではないですが、
オールドアメリカンな選曲で演奏しました。
「夢弦カルテット」



「立谷富美男グループ」
1曲目Fats Wallerの「I've Got A New Lease On Love」、
最近のお気に入りです。



全員こじゃれた帽子をかぶっていますが、
薄毛隠しでございます。。。

自分だけ帽子にかぶられてる感があるな。

posted by Tatsuan at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月05日

おNewのipad


ipadの調子がとうとう悪くなってきました。
ホームボタンの反応がかなり悪くなって、
おまけに電源につないでないと起動しなくなりました。
だましだまし使えなくはないですが、やはり不便。

古いipadはいわゆる第二世代で2011年発売だそう。
たしか旭川に帰ってきてまもなく買ったので、
6年目だと思います。

そろそろ買い替えということで、ヤマ〇電気へ。
ちょうど2017年春バージョン(5th)が売り出していて
購入しましたよ。
前とほぼほぼ同じ値段のを選んだのですが、
メモリが32GBから128GBに増えていてびっくり。
アクセサリーのカバーも同時に買いました。

左が古いipad。カバーがボロボロだ。
20170805_113.JPG

おNewのipadは若干サイズが小さい。
指紋認証がイイ。
20170805_114.JPG


同じ場所、同じアングルでカメラを撮ってみましたが、
違いは歴然だ。

Old
old_ipad_photo.JPG

New
new_ipad_photo.JPG

5年の進化はすごいですね。
今後カメラはipadで撮ることにします。


2017年08月02日

8月ですね。


早いものでもう8月。
天気も8月らしくジリジリと暑いです。

今日は2か月に一度の病院の日。
薬をもらってくる日です。

薬も慣れてくると飲み忘れて溜まってきます。
今回は30日分にしてもらいました。

帰りは「山頭火」さんで久々にラーメンを食べて、
「コリンズ」さんでコーヒーを飲んで、
まっすぐ帰ってきました。

*****

DP-008exでCDを作る作戦ですが、
9曲まではなんとか形になってきました。
あと一曲たして10曲になったら、
仕上げ作業に入ろうと思います。

2017年06月14日

新聞に載ったど。


2017年6月13日北海道新聞旭川版にて、
アベル・ジャズ同好会、恒例Cocodeライブについて
紹介いただきました。
クリックで拡大します。
img_20170613newspaper3.jpg
(写真は顔出し確認の上アップしております)

10日の初級セッションの際に記者さんが取材にみえられ、
気恥ずかしいですが、いろいろ語りました(笑)。

こういったコツコツとした活動で、ジャズや音楽の楽しさを
広められたら嬉しいですね。

18日は旭川市民活動センターCocodeさんにて、
「Cocodeアマチュアジャズライブ」
を開催いたします。
クリックで拡大します。
img_cocode2017a.jpg

今年も楽しくやりたいですね〜。
よろしくお願い申し上げます。


*****
実は6月8日の同じく道新に親父も載ったのですよ。
こちらは沖縄戦の記事です。
クリックで拡大します。
img_20170608newspaper.jpg

親父の兄貴が沖縄戦で亡くなっているんですね。
戦後70年過ぎて当時を知る方も
だんだんと少なくなってきているみたいです。

親子で道新さんの取材とはなんとも奇遇なお話ですナ。



posted by Tatsuan at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月06日

ラグタイム


ラグタイムといえばScott Joplinということで、
このアルバムをダウンロードしてみました。

Ragtime_Collection.jpg

900円で手頃だな、と思って曲数をみたら、
なんと66曲も入っている。
もともと3枚組か何かだったのかとも思いましたが、
ダウンロードなので、ライナーノーツ等詳細が全くわからない。
演奏も本人なのか、ピアノロールなのか、はたまた別人なのか。。。

でも、とりあえず有名な音源を集めたのだろうと納得させておりますよ。

演奏はご機嫌です。

Wikipediaで「ラグタイム」を見ると、
*****
(以下引用:)
「19世紀後半頃から、アフロ・アメリカン(おもに黒人)のミュージシャンが、主にピアノ演奏を中心に自らのルーツ音楽を基本とするシンコペーションを多用した(右手の)メロディーと、マーチに起因する(左手の)伴奏を癒合させた独特の演奏スタイルを編み出してゆき、これが従来のクラシック音楽のリズムとは違う「遅い・ずれた」リズムと思われたことから「ragged-time」略して「ragtime」と呼ばれるようになった、といわれている。(決定的な説では無い)」
*****

とあります。面白いですね。

youtubeで色んなラグタイム演奏を聴いてみましたが、
クラシック的なリズムで演奏されてる方や音源も多いようです。
でもそれらもいい感じです。

このアルバムの演奏は基本跳ねてないですが
(曲によって跳ねたアレンジの箇所もあります)、
いわゆる横ノリでスイングしていて心地よいです。


posted by Tatsuan at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
プロフィール
Tatsuanさんの画像
Tatsuan

ギターを弾いています。
ジャズが専門です。
昔から迷ってばかりいます。


音楽を通じた癒しが
今のテーマです。


プロフィール
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
検索