11月で底だな。12月は粛々とやるだけ。倒産防と税務調査

11月が終わる。
11月は我慢の月だった。

発生は251だろう。
確定すると225に落ち着く。

1年前に戻ったかのような
クリック数、発生数だった。

一番売り上がった9月のなんと51%である。


10月、11月と段階的に落ちてきて、
おそらくここが底だと感じる。


本日11月30日は、14万を越えた。
盛り返している。
前はこんな日が続いていた。
このまま12月に好調さが乗り移れば、
また発生400が見えてくるがどうなるか。



12月は粛々と
新規案件の地固めだ。
黙々と作業をする。
情報を遮断する。

忘年会はすべて辞退。
その分家族と過ごす。
飲み過ぎて後悔しない月にする。



今回売り上げが
落ちた原因の一つに
アドエビスがある。


アドエビスについては、
ASPに改善のお願いをしても、
その先の、代理店、広告主、ロックオン
から一切の改善に取り組んでいるという気配が感じられない。

普通は、何かしら情報が出てくるはず。
でも一切出てこない。
たぶん何も取り組んでいないのだろう。

代理店や広告主にとってうまみのある現象なんだろう。
だから何もしないのだ。

いつかこの恨みは晴らす。


さくっと、アドエビスの絡まない案件で
成果を出してやる。

夏には、次のステージに上がるのだ。




やっとこさ、
役員報酬を決めることができた。
最近の売り上げ減を受けて、
何度も売り上げ見込みを調整した。

私が納得できる数字になるまで、
3回シミュレーションをやり直してもらった。

付き合ってくれた
税務担当者には感謝だ。

これで一つ落ち着いた。

役員報酬が決まると、
税金の見通しも立つ。
所得税、住民税、法人税の額が見通せた。
あとはやるだけだ。



倒産防の注意点。
これはどこを見ても書いてない。

法人なりしてから1年未満の場合だけの注意点。


倒産防に入ろうとした場合、
法人成で1年未満の場合は、
個人事業の廃業届が出ているか
なんてのも見られるそうだ。

ということは、
倒産防をつかうに当たっては、
廃業届を出す必要があるのだが、、、


「廃業届を出すと、税務調査が入る」
なんてジンクスが税理士の間にはあるそうだ。
かなりの高確率で税務調査が入るらしい。

税務署は
廃業届をトリガーにしているのだとか。

廃業後、しばらくすると追えなくなるから、
追える間にやってしまおうとするらしい。



別に税務調査に入られても、
痛くもかゆくもないけれど、

そこにかかる、時間と手間がとてもいやだ。

今は、売り上げを上げることだけを考えて
やっていきたい。少なくとも夏までは。
税務調査に費やす時間は無い。


節税のために、倒産防に加入しても
商売する時間を奪われるんじゃ本末転倒。



倒産防は、1年以上たってから
考えることにする。


税務担当の説明では
中小企業共済も節税目的だけでの加入は微妙だな。

節税目的だけで入るなら、
法人で加入できる返戻率の高いものがいい。
となると、
ニッセイのスーパーフェニックスくらいしかないのか・・・。

ここら辺の節税のための保険加入は、
来年の決算前までペンディング。
今は他にやることがある。


ASPからお歳暮いただいた。
ありがとうございます。

明日は初の游玄亭。
散歩がてら西麻布へ。



    >>次へ