アクセスが1/2になったけど、売り上げはあんまり下がらない。そのヒミツ

グーグルアップデートで一気にサイト順位が上がった後、
メインサイトは、ビックワードでまっさかさまに順位を落としました。



今も、100位以下をさまよってます。


物販サイトです。


ビックワードからの流入が無いので、ロングテールからの
獲得しかできませんでした。


結果、
アクセスは1/2になりました。


で、ここからが本題。


アクセスが1/2になったということは、売り上げもそれに比例しそうですが、
売り上げはわずかに下がっただけでした。


ほんとまじめにサイトを作って助かりました。



アクセスは4万件→2万件
売り上げは30万円→24万円


でした。

確かにビックワードからの流入で担っていた6万円の売り上げは欲しいところですが、
それが無くてもなかなかの売り上げをキープしています。



モノを買おうとしている人は、キーワード単体で検索して買うのではなく、
複合キーワードで検索しているともいえます。



サイトが順位を落とした理由を知りたくて、グーグルのウェブマスターツールから
質問してみたのですが、


○○○○のウェブマスター様

○○○○の Google のウェブマスター向けガイドラインへの準拠について、再審査リクエストを受け付けました。

サイトを確認いたしましたが、Google Webspam チームではサイトの掲載順位に影響するような手動での対応は行っておりませんでした。この掲載順位に関する問題は Webspam チームの対応との関連性はありませんので、サイトの再審査リクエストをお送りいただく必要はありません。

なお、その他の問題がサイトの掲載順位に影響することがあります。検索結果の掲載順位は、アルゴリズムと呼ばれる一連の数式を使用して Google のコンピュータが決定します。Google では毎年、検索アルゴリズムに多くの改良を加え、ページの掲載順位には 200 以上のさまざまな情報が反映されています。Google では最良の検索結果を提供するため常に更新を行っているため、Google のアルゴリズムが変わったり、ウェブサイト(あなたのサイトを含む)を変更することで掲載順位が変化する場合があります。

Google の検索結果でサイトの掲載順位が変わり、単なるアルゴリズムの変更が原因ではないと思われる場合は、その他の原因として、サイトのコンテンツ、コンテンツ管理システム、サーバー構成などに大きな変更がなかったか調査することをおすすめします。たとえば、Googlebot がサーバー上のページにアクセスできない場合や、サイトで大部分のページの URL を変えた場合は、サイトの掲載順位が下がることがあります。検索結果の上位にサイトが表示されないその他の原因については、こちらの記事をご覧ください。

問題が解決しない場合は、ウェブマスター ヘルプフォーラムをご覧ください。

お手数をお掛けしますが、何卒ご理解とご協力賜りますようお願い申し上げます。

Google サーチ クオリティ チーム



ですって。


スパム扱いされたわけでもなく、10位以内にいたサイトが突然100位以下に落ちるとは。
完全オリジナルサイトなんですがね。

ちょっと、グーグルに不信感を抱いてしまいます。
これでは対策の立てようがありませんね。



まあ、
ロングテール狙いのサイト作成を続ければ、
アルゴリズムの変更があっても
なんとか売り上げベースでは乗り切れるということです。




複数のサイトでこれができれば、
継続して売り上げをキープできますね。


では。