上がるまでが遅い。時間がかかる。それを織り込んでやるしかない。

脱毛の裏ワードで仕込んだサイトが
1ページ目に上がってた。

狙ったワードで4位か。
作成から1年10カ月。

そこからミュゼが1件初発生。(以前フェミーが1件発生しているから発生自体は2件目)
1ページ目にいるのは昨日発生してはじめて気づいたんだけど。

絶賛放置中でした。

自演0の完全ホワイト。
8000字のTOPページ、3ページ構成。

狙って意図してやったってことが重要。
ラッキーではない。


さらに、別に
狙ったワードで、
着手から2年6ヶ月かかって
6位まで上がってきたサイトがある。

当時は稼げそうと思っていた単体ワード。


こちらは
始めの1か月は作り込んだけど、
その後は放置。

最近ASPから営業メールが来て気付いたレベル。


2年半前は稼げそうと思っていたワードで、
腕が上がった今考えると稼げそうにないワード。

同じように考えた同業がたくさんいるそこそこ込み合ったジャンル。
1位になれば、たぶん月8万位はコンスタントに売れるのかな。

だから放置していたんだけどね。。。



それでも2年半あれば上がるのか。
作ってすぐ自演で無料ブログから2本リンクを送ったのみ。


にしても遅い。
あてにして生活できないレベルだな。


ほんの2年前は
半年とか8か月で上がると言っていた世界だった。



アフィリエイトは
スタート時に結構な余裕が無いとできない世界になったなあ。
時間もお金も。



2年半も経過すると当時の熱は冷めてしまっている。

しかし、捨てないでよかった。
この稼げないワードでも10位以内に入ったのだから
まあまあのバックリンクサイトになる。


ある程度の付け焼刃の知識で、
当時は持てる力を尽くしたサイトだけど
(今見ると未熟)

そんなサイトからも発生する。


なんというか、
練ってねって知識のついたジャンルでのライティングでも
付け焼刃のライティングでも
発生するときは、発生してしまうのがアフィリだな。


すると、
楽な方に流れてしまうわけだ。
知識が浅くても売れてしまうことを求めてしまう。


たまたま発生が
こんな勘違いを生みやすいよね。


アフィリに高品質なライティングは必要ない!
なんて声高に叫んでいる人がたまにいる。


商売には
ちょうどいい頃合いってもんがある。


その間合いを感じ取るのが
この商売の面白さ。



今回
狙ったワードで1ページ目に2サイトも上げたわけだ。
どうやったのか?

そこが一番の興味だろう。



これについては、セミナーでも開くか。
いや、ないな。広めてどうする。



当時の魂を削ったライティングのお蔭です。
執念です。
たまたまです。


これもウソだ。狙ってあげている。
1位になっていないのが悲しいけど。


今回のノウハウは確実にあって
昔のこのブログなら書けたのだけど、
同業者に知られすぎて、
コアなことは書く気になれない。




これで
2年後には8桁行けるかも。


    >>次へ