旬な情報源を見つけること。人には波がある。

アフィリエイターを見ていると、
自分を含めてだけど、


とってもいい状態のアウトプットをする時期ってのがある。


そういうときに
その発信者をウォッチできるのは、
とっても幸運だ。

ちょうど自分の成長期に
求めるコンテンツを発信してくれる
面白いブログに出会えるっていう幸運。



ステージが上がるにしたがって、
そういう幸運には恵まれにくくなる。
山を登れば
標高が上がるにつれ登山者は減っていくもんだ。



出会えた奇跡に感謝して
そのときは情報をむさぼるべき。


(もらうだけで自分は何も発信していないってことには
この時点では目をつむっててもいい。)



なんというか、
時代をつかまえて
しっくりくる情報を発信しているなって時期が
ブログを書いているとあるんだよね。


そういう書き手側の波と
読み手の求める情報の一致。


書き手にも
一瞬だけ輝くひともいれば、
そこそこ続く人もいる。
ぼつぼつと並な情報を発信するひともいる。
すごいアウトプットが続くモンスターはほとんどいない。
途中で更新が途絶えるもんだ。




長くブログをやっていると、
書いている本人が、

くだらねー
ズレてるな
うまくまとまらないな
発信するほどの内容なのかって

思いながら書いてる時があるのさ。



今が旬な時期の
書き手を見つけられたら、
それはラッキー
特にこんなアフィリの分野じゃね。





賃貸に出している戸建ての
次の入居者が決まった。


クロスを7万で一部貼り替え。

そのわきで、大家自ら
外構の草取り+一部補修。
管理物件が増えたらまあまあの手間だな。

サブリースで
家賃保証のあるシステムは
手数料が高い。
築浅の状態なら、大家で管理するべきだったんだろうな。。。。

家賃保証の安心感を
家賃3か月分のもろもろの手数料とでトレード

安心をお金に換えるとあまり儲けが出ないのは、
別に賃貸に限らない。
何でもそうだ。
誰かに保証してもらう安心の対価
ってのは思いのほか高額。


10年賃貸で貸し出して
その後売却予定。それで幾分かは手元に残る。
手間のわりに、あんまり美味しい収益ではない。


そういえば、
結婚しない単身者が増えているおかげで、
今後の、3LDKとか4LDKの間取りの
需要は減っていくのかな。


親と住むって言っても、
2LDKで十分ってことなんだろう。


間仕切りのない大きな
1LDKにも時代の需要があるってこと。


40代独身のおっさんやおばさんが
賃貸市場のホットターゲット。

ちなみに、次の入居者はまさしくその層。
40代独身のオッサン。




この記事へのコメント