数本の柱を立てる。やっと目処がついた

なかなか長かった。
アクトレでやっとこ一本柱が立ちそうだ。

物販の一つのジャンルで
デイリー3万台を売り上げることも多くなってきた。
やがて100にはとどきそうだな。

このサイトを育てるまで2年以上かかっている。

先月は10万に届かなかったが、
今月になって、1位表示しだして流れが変わった。


あんまり競合が強くないワードだけど、
それなりに同業がいて、
単体ワードで1位に固定しつつある。
商材も豊富にある。1位の商材がダメになっても、
案件を貼りかえれば何度でも使いまわせる。


単体1位でキープできれば、
全体の底上げになる。

まあしかし、このワード
1位でないと100万には届かないかな。
2位だと行っても20万位。


やっとこ、2年かかって1位獲得。



しかし、
管理サイトが増えると、
手数が足りない。

上位表示しだしてからの
導線の見直しとか、キャッチの見直しとか、
サイト構成の見直しとか、記事の細かいつじつま合わせとか、
デザインの統一感とか、アフィリエイトリンクの配置とか、
離脱防止策とかの
サイトの収益最適化作業が、
なかなか試行錯誤で時間を取られる。


既存の管理と新規の種まき
なかなか作業が増えるな。


収益の分散で
リスクを分散しようと思ってやった施策なのだが、
より管理に時間を割かれる。


稼ぎ頭を4サイトも管理していたら、
休む暇ないなこりゃ。

4サイトプラス、サテライト群でだいたい40サイト程度を常時管理していくわけだ。
それにプラスして新規の種まき
なかなかだ。


サイトには賞味期限がある。
グーグルからの視線と、検索ユーザーからの視線
グーグルに評価されて上位にいても、
ユーザーがいっつもこのサイト上位にあるなーって、飛ばして見なくなったら
滞在も減るし、流入も減る。

上位なのにやたら流入が少ない場合はユーザーに飽きられている。

やがて
サイトのリユーアルをする必要が出てくる。
管理に手間がかかる。



稼ぎ頭のサイトを増やして、リスク分散で忙しくなるか、
下位に落ちるかもしれないリスク承知で1個に絞るか。

難しい選択をすることになりがち。
他に選択肢はないのか?


一人でやるなら、
500規模のサイト2つがベストだろうなー
でも、それは難しいんだろう。

そもそも1サイトで
500行くなら競争の激しいジャンルだろうし、
ちょっとやそっとで500いかないし、
それなら1サイトで1000を目指した方がいい。


かといって
200くらいの規模のジャンルで
5サイト作りあげるっていうのも難しい。
ヒット作を5本も作るのはなかなか困難だ。



個人で単月1000を目指すなら
1本のヒットで達成できないと個人には難しいだろうな。
時間は有限だ。



逆に考えると、
2本ヒットで1000ってことは
500台のジャンルを2本。
500台のジャンルも1000のジャンルも厳しさは変わらない。

1000のサイト1本より
500のサイト2本の方が難易度が高いという罠。



通常の作業レベルだと
こういった思考になってしまう。


効率化してうまく回せば、
500のサイトを2本も難しくないと言えるのかもしれないね。


難しいところ。
作業の発想の転換が求められる。

私の特性的には、
100台のサイトを6個とか、7個とかの方が
現実味があるなぁ。

そこを目指すか。


ただ、サイトの管理で
暇な時間は一切なくなるけどね。


今回、狙って1位取ったから
自信になった。

物販なら、ヒット作を6個、7個も可能かもしれないな。
と思えるようになったのはすごく大きな収穫。

狙って取ったということが大切。
じぶんの中になかなかのノウハウが集積できているってこと。





この記事へのコメント