投機のためか、節税のためか、新たな秩序のためか

バブル、バブルいってるけど、


そういう投機的な
仮想通貨ってもんに、
嫌悪感を抱く人が多いのは
わかる。

バクチだもんね。



ただね、

仮想の通貨って感じで、
いまは興味をひきやすく、分かりやすく
通貨としてモノ化しているけど、

その根本の
ブロックチェーンって

脱中央集権に
大きな期待がある。


既得権者に都合のいい
いろんな枠組みを壊す
大きなきっかけになるかもしれない。

ユーロも、
仮想通貨が先に存在すれば、
もっとスムーズだったかも。


仮想通貨が盛り上がれば、
新秩序の一助になるのでは
と寄付をする感覚でもいい。




なにより
同業者にとって一番関心があるのは、
節税って切り口だろうな。


節税っていうより、
税逃れ。


税逃れのスキームが
出来上がれば、
仮想通貨?うさんくさい
って敬遠してる奴らも

大挙して押し寄せる。
そうに決まっている。



黒字分のJPYを内部留保して法人税何%取られるより、
いったん
変動の少ないアルトコインに変えといて、
そこから・・・ってね。

すぐにそういう話が出てくるよね。


投機じゃなくて、
節税のために備える。


決算直前に、
そういえば仮想通貨って思いついても
知識がないと動けないよね。


日本は他国に比べて、
国が成長戦略のひとつに組み込んでいることもあって
法整備がかなり進んでいるそうだけど、

そうはいっても、
ここ1年、2年はまだ抜け穴が多いはず。




だから、
すぐに取引所にアカウントくらい作っとけ。
今は本人確認作業がはさまって
明日に動きたくても取引できなんだから。





だから、
仮想通貨に
いまから慣れとけって話。




ひとまず、NEMを少しでも買っとけ。
そしたら、興味が出て、
脱税スキームを思い付く奴があらわれる。




夏過ぎまでキープして
状況が変わらなければ、他に乗り換えればいい。
夏ごろにはカタパルトがある。
他にも、上がる要素が多い。


キープしているだけなんだから、
手もかからない。













<< 前へ     >>次へ