そんなに掛かるのか。。。つまずいてられないな。物販の宿命

所得税の前期分、住民税、予定納税、
事務所兼新居の移転イニシャル


全部で490か。。。


思った以上の金額だ。




はい。働きますよ。


エンベロップデスクはしばらく様子見だな。
IDCで常時178,000円税込。
ポリッシュ足じゃない、白足だけど、ネットより安い。
ポリッシュにしたりすると19万円台になって
11週間待ち。そんなに待つ奴なんているのか?



そういえば、
次の新居はコンベクション付いてないんだった。ビストロ中位で+6万
洗濯乾燥機も付いていない。最上位クラスで+18万
照明も付いていないから、LEDの調色機能付き12畳用4台で6万、
スピーカー付きLED照明で4万
34万・・・
この分も出費が増えるな。

合計524・・・


カーテンのグレードはニトリで買って落そう


やっぱり引っ越しは
いろいろかかるな。


稼がねば!と
働く理由になる。






時を同じくして
メイン案件の調子がすこぶる悪い。。。

ついに一巡したのか。残念。


どんぐりの背比べ状態の市場に、ある日
圧倒的な商品が出現すると、

始めは爆発的に売れるんだけど、
アフィリの物販は初回にしか報酬が発生しないから

皆が2週目に入ると、
収益は先細りだ。


2週目で他の商品が出てくればいいけど、
圧倒的な商品には張り合う後続がない場合が多い。


すると、圧倒的商品の一人勝ち市場になって
参入が減るから
活気がなくなっていく。

新たに広告投下する企業がいないから
業界、ジャンルが盛り上がらないってこと。


まず、初回で刈り取れる数が減っていく。
広告を打たないから母体が増えない。
今の客が一度乗り換えると、もう他に選択肢が無いから客が動かなくなる。
もっと他に乗り換えようじゃなく、もうその商品を止めようになる。


広告主は、それからもしばらくはリピートで儲かる。
本来ここで利益を出すものだろうし。


でも、アフィリ屋は先に落ちる。
再度の乗り換えを勧められる案件があれば生き延びるけどね。。。


後続が続かないほどの突出した商品が現れると、
その業界は、
やがてアフィリでは儲からなくなるってことだ。


物販は、商品サイクルに合わせて、
次、次と開拓していく必要がある。


2012年のころのアフィリエイト商材では
スカルプシャンプーが全盛だった。
エステナードとか、豆乳クッキーとかもすごかった。
売れていたようだ。

当時のアフィリ商材に具体例として使われるくらいだから、
すでにオワコンだったんだろうけど、
いまじゃ、完全にオワコン。

物販は流行と衰退の
繰り返し。



廃れないジャンルに取り組むのもいいし、
脱毛とか引っ越しとか、査定とか、相談とか出会いとかね。サービス系。
ここらへんはアプリの出現でガラッと市場が変わる怖さもあるけど。

物販で
新規で開拓するのもいい。

自分の適性に合わせて選ぶだけ。















    >>次へ