使える掃除機って一体どれなの?

手軽な掃除機・強力な掃除機・バランスが取れた掃除機
これらのメリットとデメリットをお伝えします
あなたの参考になれたらうれしいです

広告

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ダイソンDC63掃除機をしばらく使い続けてみてココが良い・悪い

tomozouです。

サイクロン式掃除機はどうしてもダストカップがすごく汚れますよね。
使ったことがある方はよくご存知でしょう。

紙パック式掃除機のフィルターとは比較にならないほど汚れます。
当然のことなんですけどね、ダストカップなんですから。
透明なダストカップが汚れてると見た目が汚いから嫌だという人は
必然的に紙パックしか選択肢がありません。


このダストカップの汚れを取るのに便利なのは紙パック式掃除機です。
掃除機清掃用の掃除機ということになってしまいます。
全て分解して洗えるダストカップなら水でジャブジャブ洗って乾かせば良いこと
なんですが、ダイソンのクリアビンは洗えません。

そこで役に立つのがもう一台の紙パック式掃除機なんです。
我が家にはダイソンDC63の他に日立の紙パック式掃除機があります。
マキタのコードレス掃除機CL100もあります。江戸ほうきもあります。
なので掃除に関してはほぼ完璧です。


掃除機を使ってクリアビンを掃除すれば大方はきれいになります。
完全にきれいにする必要なんてないのである程度きれいにみえれば十分です。
どうせまた掃除すれば元通りに汚くなるんですからね。


サイクロン掃除機の代表格であるダイソンの掃除機をしばらく使ってみて思うことは、
やはり紙パックを消費しなくていいことと、事前に予備を買って置く必要が無い
ということです。これは精神的に楽チンなのは確かです。
紙パックのことを考える必要がないですからね。
どれくらいゴミが溜まってるかな〜?なんていちいち紙パック内を覗く必要もないんです。
交換しようと思ったら予備が無い〜!なんてことにもならないですし。


でも、吸引力自体は紙パック式の方が断然良いですからね。
布団圧縮袋にも使えますし。ダイソンの掃除機は圧縮袋に使えないですからね。
デジタルモーターなので負荷を極力抑える設計にしているために、負荷がかかると
勝手に自動停止してしまいます。(だから布団圧縮袋には使えないんです)


ということを踏まえると、サイクロン掃除機(DC63)はメインの掃除機として使えるけど
サブの掃除機(紙パック式)も必要だよということになります。
そんなものでしょうね。
なんでもメリットがあればデメリットもある。ってことですね。



それではまた、tomozouでした。

ダイソンの掃除機を使い続けてみて思う本音(ユーザーレビュー)

tomozouです。

買ってから数ヶ月、ダイソンのDC63を使い続けてみての
感想を書いてみました。


→こちらの記事

それと、もうひとつ下の記事

→こちらの記事



ほんとにメリットとデメリットがすごくはっきりしてる掃除機です。
ダイソンは。

オススメできる人とそうでない人に分かれますね。
でも多くの人にはあまりオススメできないというのが本音です。


住宅環境によってはものすごく喜ばれる掃除機でもありますが
その使い勝手は・・・・という感じです。


上の記事を読んでみていただければわかると思います。



ダイソンの掃除機キャニスター型かコードレスか
関係なく、購入を検討されている方は一度目を通していると
参考になるんじゃないかと思います。



私としては買って後悔はしていませんが、
もっと改善の余地があるだろうに!と、思います。


ダイソンにとっては相当に自信を持って送り出している
製品でしょうけど、日本製の掃除機の方がバランス的には
ずっと上です。(あくまでトータルバランス的にはです)


集塵力に関しては日本でダイソンの右に出るものは
ありませんからね。(吸引力ではありませんよ)



どちらにしろ、掃除機にはトータルバランスが重要だと
悟ったわけです。


それではまた、tomozouでした。

マキタCL100DvsダイソンDC63 薄くて軽いマットを掃除するのにピッタリなのはどっちの掃除機?

マットって掃除機かけづらいですよね。

でも髪の毛やらホコリやらで結構汚れがたまる物でもあります。


そんなマットですが小さくて軽くてかわいいマトリョーシカのマットを
使って掃除機使いやすさ対決をしてみました。

こちら ↓



どうでしょうか?

動画を見たあなたはどちらが使いやすい(勝者)だと思いますか?


いかに軽く扱いやすいものを追い求めて造った方が勝者か。

それとも

いかに集塵力を高めてゴミとなるものを吸いまくることを
追い求めて造った方が勝者か。


どちらに軍配が上がるかは、使う人次第なんですよね。


軽くて、集塵力が強くて、デザインが良くて、ゴミが捨てやすくて、
扱いやすくて、価格も安くて、用途が広くて、、、、


なーんて都合のいい究極の掃除機は



存在しません。



必ずメリットがあればデメリットもあります。


要は、どんな使い方をするか?
掃除機に何を求めるのか?

この2点で決まります。


よく、色んな掃除機のレビューで、あまりにも酷評してる人がいますが
ああいうのは掃除機のことを何もわかっていない人が書いてるだけです。

求めてるものが違うことに気づかずに買っているんです。
だから失敗して酷評する。クレーマーみたいなもんですよね。


掃除機を選ぶ前によく考えた方がいいです。

いいことばかり書いてるレビューを参考にするのはいいですが
半信半疑くらいがちょうどいいです。

きちんとメリットとデメリットを鑑みて選ぶのが得策ですねー!



それでは また!



集塵性能で選ぶ、使えるコードレス掃除機ランキング

掃除機はどこの家庭にも欠かせない家電のひとつですよね。


掃除はほうきとちりとりだけで済む、ということはまず無いでしょう。
床がフローリングしかない家だとしても、必ず布団かベッドがあるはず。
布団やベッドマットなどに棲みつくダニ対策には掃除機が最大の有効手段です。


今はダニ取りパッドなど色々と対策商品がありますが
やはり一番有効なのは吸い取ることです。
布団を日なたに干してもダニの死骸は残ります。

吸い取らなければダニの死骸などの塵を自分の呼吸で吸引することになります。

ダニの死骸や知らないうちに自然と剥がれ落ちるあなたの皮膚などが
ダニのエサにもなります。



だから吸い取るしか方法がないんですよね。
ダニ取りパッドなどは使い捨てなのでコストが掛かりすぎます。
強力な集塵力を持つ掃除機で吸い取るのが賢い方法なんです。




さて、本題です。

集塵性能で選ぶ使えるコードレス掃除機ランキング



第1位 ダイソンDC74
2014y11m30d_210442426.jpg

 詳細はこちらです
⇒大きなゴミも小さなゴミも優しく吸い込む超強力コードレス掃除機DC74

 

ダイソン社最新のコードレスDC74のヘッドには固いナイロンブラシではなく
でっかくて柔らかいローラーが搭載。
高速回転しても床に傷をつけずに優しくゴミをくわえこみます。
DC62と同様に超強力な集塵性能はそのままに、日本の住宅事情に適した!?
最強のコードレス掃除機です。











第2位 ダイソンDC62
2014y11m30d_210933606.jpg

詳細はこちらです
⇒強力な集塵力で他の掃除機を圧倒するコードレスDC62



ダイソン社の大ヒットコードレス掃除機。
改良に改良を重ねて作り上げたダイソン社の鏡ともいえる掃除機。
安物のキャニスター掃除機なんかよりも格段に集塵性能が高く、他を
圧倒するコードレス掃除機です。








第3位 シャープ FREED EC-SX200

2014y11m30d_214528178.jpg



詳細はこちらです
⇒日本製コードレス掃除機で一番性能のバランスが良く使いやすいFREED



集塵性能は大したことありませんが使いやすさとメンテナンス性の良さは
一番でしょう。
バッテリーが脱着式で充電完了までの時間が速いというメリットも。

別売り品のベンリヘッドがあると下の動画のように掃除できます。








第4位 マキタ コードレスCL100D
2014y11m30d_221137369.jpg

詳細はこちらです
⇒もっとも軽くて身体に負担が少ないコードレスで紙パックも不要 マキタCL100D



他のコードレス掃除機を寄せ付けない圧倒的軽さと扱いやすさで
人気のあるコードレス掃除機。バッテリーが脱着式で驚異の充電時間。
吸引力が弱くても短時間で充電完了するので1日に何度も使えます。
吸い付かないので薄くて軽いマットなど、フローリングを掃除するのに最適です。

こちらは私が撮影したCL100Dの動画。
バッテリーが50%状態でどれくらい硬貨を吸い込むか?やってみました。


こちらは狩生孝之さんが撮影したCL100Dの動画です。








第5位 東芝トルネオVコードレス
2014y11m30d_215713186.jpg


詳細はこちらです
⇒とても静かでショルダー式としても使えるマルチに使えるトルネオVコードレス




集塵性能は低いものの静音性は一番。
様々な使い勝手を想定したコードレス掃除機です。
ゴミも比較的捨てやすい構造で、メンテナンス性も良好。
唯一、置き型スタンドが標準セットになっている掃除機でもあります。

ビックカメラの紹介動画も参考程度にどうぞ。







以上、5位までの使えるコードレスランキングでした。


総評として、ダイソンのコードレスに対抗できる集塵力を持った掃除機は
今のところ日本には存在しません。
なので超強力とか強力な集塵力があると言えるのはダイソンだけです。

その他は大したことありません。
どれも同じくらいですね。

マキタは集塵力はとても低いですが、ものすごく軽くて扱いやすいという
最大のメリットがあります。電動工具メーカーなのでバッテリーの性能も
最高です。

シャープはダイソンのいいところとマキタのいいところを
バランス良く組み合わせたコードレス。

東芝は静かさと色んな使い方を想定したコードレスという感じです。




以上、あなたの参考になれればうれしいです。





掃除機の重さを体重計で実際に測って比較してみました〜ダイソン・マキタ・日立

2014y11m18d_224338503.jpg2014y11m30d_120637813.jpg


上の画像はダイソンDC63のヘッドと延長管のみの重さ。
これだけで約1.1kg。

なんとマキタのコードレス掃除機CL100D全体の重さと同じなんです。


下の画像がマキタのコードレスCL100Dです。
ダイソンDC63のヘッドと延長管の重さと同じ1.1kg。

2014y11m18d_224503827.jpg2014y11m30d_120727612.jpg


マキタのコードレス掃除機がいかに軽いか?
本体とバッテリー・ヘッド・延長管全て含めても1.1kgなんです。
自分の家にある体重計で1.1kgがどれくらいか確認してみれば
その軽さが驚異的なのはすぐにわかると思いますよ。




次に、ダイソンDC63のホースも含めた重さ。

1.8kg・・・でも実際はもっと重いです。2.2kgくらいあります。
体重計にきちんと乗っかってないだけです。
(本体は含めず、ヘッドからホースまでの重さのみで)
2014y11m18d_224509215.jpg2014y11m30d_120804587.jpg



上の1.8kgは正確な重さではありませんが

1.8kgというと、マキタコードレスの上位機種
(吸引力が強くて充電が速い)と同等の重さです。

2.2kgというとダイソンDC62の全体の重さと同じくらい。
シャープのコードレスFREED EC-SX200とも同程度。
東芝のトルネオコードレス VC-CL100とも大差ないです。




ダイソンの掃除機DC63は本体の重さは2.75kgと軽いんですが
ヘッドからホースまでが重いので全体になると5kg近くあります。


日本製の高級タイプの掃除機も同じくらいの重さはあります。



でも違う点はヘッド・延長管・ホースの部分の重さ。
東芝などは1.5kgから1.7kg程度。
ダイソンほど重くはないんです。
だからスイスイかけられる。


でも、集塵力は低レベル。


なぜか?



それはヘッドの構造が違うからです。


ダイソンのヘッドはDC74だけちょっと例外ですがほとんどは
床面に密着するような構造になっています。
(交換用ヘッドである【ミラクルジェット】も同じような構造)

極力、真空に近い状態で吸込めるようになっていてさらに
強力に高回転するブラシがゴミを掻き出していく。


さらに他のメーカーが真似できない圧倒的なサイクロン構造の
ダストボックス・超高速回転するデジタルモーター。

これらの相乗効果によって、吸引力自体は160W程度なのにも
関わらず能力が低下せずに一定のパフォーマンスで機能を
し続けるんです。


だから



圧倒的な集塵力があるんです。




他のメーカーの掃除機のヘッド〜ホースは軽くて使いやすいものの、
ヘッド自体が床面に密着するような構造ではないんです。

密着するような構造にしてしまうと、吸い付きが
ものすごく強くなってしまうので動かすのに力が必要になるんです。
腰も疲れます。(ダイソンがこういう感じ)


だから日本のメーカーはどこも密着するようなヘッドにはしていない。
基本的には
掃除のしやすさ、動かしやすさを優先しているっていうことです。



集塵力を置いておいて使いやすさ重視。


これはダイソンには無い考え方です。


ダイソンは使いやすさなどあまり考えられてませんからね。
でも集塵力はピカイチ!!!


ここに重きを置いている人はダイソンを買います。
使いづらくて嫌になる人もいるでしょうけどね。



でも私は最高だと思ってます。
今のところは。


日本のメーカーがもしも
ダイソンと同等の集塵力と使いやすさを備えた掃除機を開発して
世に出したら大ヒットすることでしょう。



その時は私はそれを買います。


そんなことができるかは・・・・・わかりませんがね。
日本の大手メーカーが掃除機にそんな莫大な開発費を出すとも
思えないし。



まあ現状ではダイソン以外の掃除機の集塵力は全て
大したことないっていうことなんです。




実際に使ってみて比較している私の感想です。

マキタのコードレスは圧倒的に軽くて使いやすいけど
今使ってる場所は
・コンセントから遠いところ
・洗面所と脱衣所の薄くて軽いマットがあるところ
・玄関の薄くて軽いマット
・たまに階段
・ロフト内

これくらいです。面積は狭いです。
これ以外は全てダイソンDC63 1台でやってます。


日立のキャニスター型紙パック式掃除機CV-PP10で掃除しても
カーペットについた髪の毛や糸くずはさっぱり取れないし
これで掃除した後にDC63で再度掃除すると、いっぱい髪の毛やら
糸くずやら粉状のゴミなど取れます。


だからダイソン以外の掃除機ではほとんど掃除できていないのと
同じ
だと思ってます。


私にとってはダイソンDC63は現状で最高の掃除機(集塵機)です。


買って良かったと本気で思ってますよ。
毎回疲れますが後悔はしてません。

高いですが、次もきっとダイソンの掃除機を買うでしょうね。






プロフィール
このブログの中にいる人:ともぞうさんの画像
このブログの中にいる人:ともぞう
贈り物・プレゼントをする時、何にすればいいかわからないという方は、何かの参考になるかもしれません。 →こちら
最新記事
(03/17)ダイソンDC63掃除機をしばらく使い続けてみてココが良い・悪い
(02/05)ダイソンの掃除機を使い続けてみて思う本音(ユーザーレビュー)
(12/06)マキタCL100DvsダイソンDC63 薄くて軽いマットを掃除するのにピッタリなのはどっちの掃除機?
(11/30)集塵性能で選ぶ、使えるコードレス掃除機ランキング
(11/18)掃除機の重さを体重計で実際に測って比較してみました〜ダイソン・マキタ・日立
(11/17)紙パック式の集塵力は低レベル。ダイソンDC63の足元にも及びませんよ。
(11/16)DC63モーターヘッドに髪の毛が絡み付く!そんな時はヘッドのお手入れをしましょう、簡単です。
(11/15)寝てる間に吸ってるアレルゲン。除去可能なのは強力な掃除機だけダイソンDC63お掃除日記 7日目
(11/14)騒音は普通レベル。言うほど静かではない ダイソンDC63お掃除日記 6日目
(11/13)ゆっくりかければどんどん吸う!デカいけど畳などに優しいダイソンコードレス掃除機DC74
(11/12)収納に困る人が多いと思う ダイソンDC63お掃除日記 4日目
(11/11)ゴミ捨て時の一工夫 ダイソンDC63お掃除日記 3日目
(11/10)デザイン良くても緻密さが・・・。ダイソンDC63お掃除日記 2日目 
(11/09)私の評価 ダイソンDC63コンプリート  広告のようないいことばかりではありません
(11/08)ダイソンDC63初稼働!どれだけゴミを吸うのか検証しました!!
(11/07)ダイソン最上級機種で最強の掃除機DC63 表面にたくさんのムラがあるけど
(11/06)ダイソンの最新コードレス掃除機DC74のメリットとデメリット
(11/05)ついにダイソン最強のキャニスター掃除機DC63を購入!ケーズデンキで76000円でした。
(11/01)持ってる掃除機に不満。ダイソンのキャニスター掃除機DC63コンプリートが欲しいー!
(10/31)今すごく気になる掃除機ダイソンDC74とDC62の違いはひとつ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
55kgを持ち上げれる掃除機 CL100D収納方法 CV-SA700 DC62 DC63の集塵力は圧倒的 DC63ゴミ捨てのひと工夫 DC63収納方法 DC63吸音材のパッキン DC63購入の瞬間 DC63辛口評価 DC63騒音計測 DC74 EC-SX200 makitaコードレスクリーナー あなたが掃除機を選ぶ基準 あなたが選ぶ掃除機のゴミ捨て方式 あなたの使い方に合う掃除機選び うるさい掃除機 じゅうたんやカーペットに向かない ぞうきんがけ とにかく軽い掃除機 みんなダニを食べてる? アルティメット・エコロジー・クリーナー カプセル式の弱点 カプセル式フィルター汚れる コンパクトサイクロン型 コードレスという点が一番の利点 ゴミ吸い取り シャープFREED EC-SX200 シャープFREED EC-SX200コードレス掃除機のデメリット シャープFREEDはダイソンに次ぐ吸引力と思う。 シャープ FREED シャープ製コードレス ダイソンDC62に匹敵するシャープFREED EC-SX200 ダイソンDC62の欠点 ダイソンDC63 ダイソンDC63 ウェルドライン ダイソンDC63購入 ダイソンDC74 ダイソンDC74メリットとデメリット ダイソンコードレスDC62のデメリット ダイソン掃除機レビュー ダイソン掃除機使用者の本音 ダイソン最強の掃除機DC63 ダニが自分のベッドで猛威を振るう ダニや花粉を今までよりも強力に除去できるヘッド ティッシュフィルターで楽にゴミ捨て ティッシュ1枚 トルネオミニ バランスのとれた掃除機 フィルター汚れ対策 ベッドや布団に使うのが一番良い!ミラクルジェット ホウキとチリトリ ホースが細くなった! マキタCL100D充電器 マキタCL100D吸引力弱い マキタ コードレス CL100D マキタクリーナー マキタコードレスCL100D評価 マキタコードレス CL100D マキタコードレス ティッシュ1枚でゴミ捨てが快適に! マキタコードレスクリーナーのデメリット マキタコードレス掃除機 マキタ掃除機 マキタ首振り角度少ない ミラクルジェット ミラクルジェット2 ミラクルジェット修理 ミラクルジェット壊れた ミラクルジェット応急処置 モーターヘッドに絡み付く髪の毛 一番軽い掃除機 交換用ヘッド 交換用ヘッドの最終兵器 使い方に合う掃除機 充電時間短い 全体の重さ約1.1kg 吸引力向上ツール 吸引力強化 吸引力検証 失敗しない掃除機選び 巻き込まないヘッド 後悔しない掃除機選び 掃除の成果 掃除機の選び方 掃除機の重さ 掃除機サイクロン式のデメリットとメリット 掃除機紙パック式のデメリットとメリット 掃除機騒音値 排気が冷たくなってきた 排気風が強い 日立の掃除機 日立キャニスターCV-PP10評価 東芝VC-C3 東芝 トルネオVコードレスVC-CL100 東芝トルネオVコードレスVC-CL100の欠点 移動が楽チン 究極の掃除機 紙パック 紙パック式の弱点 軽い 軽いコードレス 軽いコードレスクリーナー 軽いマットの掃除対決 軽くて使いやすい掃除機 軽くないコードレス 軽量 部屋に合う掃除機 重い掃除機はいらない 階段もスイスイ 電動ドリルのような音 静かな掃除機 騒音計

広告

  
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。