2016年02月14日

自宅で手軽にできる野菜を使ったパック

自宅で手軽にできる、野菜を使ったパックがあります。

有名なのは、キュウリを使ったパックです。

キュウリは、主成分の90パーセント以上が水分です。

肌に吸着するので、成分が肌の奥まで浸透します。

日焼けやにきびによる炎症を抑える作用があるのです。

ただし、キュウリでパックをするときは、注意したいことがあります。

キュウリは「ソラレン」という物質です。

「ソラレン」には、紫外線の感受性を高める作用があります。

キュウリパックをした後紫外線に当たると、しみができやすくなるのです。

「じゃあ、キュウリパックは肌に悪いの?」


いえ、一概にそうとも言い切れません。

デメリットはあるものの、使い方によっては、やはり有効です。

キュウリを使ったパックは、タイミングに注意しましょう。

幸いなことに、ソラレンは、代謝が早い特徴があります。

紫外線が当たりやすい昼間は避け、夜にすればいいのです。

夜にキュウリパックをすれば、紫外線に当たることはありません。

朝には、ソラレンの作用が消えています。

デメリットがあるのは事実ですが、使い方さえ間違えれば、怖いことではないのです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4734433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログ頑張りますので、応援クリックお願いします! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリーアーカイブ

ファッションニュース ブログランキングへ
リンク集