2016年01月09日

彼女へのプレゼントにも! PEACHJOHN

もはやその名を知らない20代・30代はいないと断言できる『エヴァンゲリオン』は、日本を代表するアニメ作品のひとつです。

さまざまなグッズやDVDが発売されるなか、女性ファンのみならず、男性ファンも彼女に着せたくなるPEACHJOHN×エヴァンゲリオンのコラボランジェリーが登場。期間限定となる予約受注が始まっています。

「新世紀エヴァンゲリオン」の TVアニメ放映20周年を記念して実現されたコラボ企画となる今回。綾波レイや碇シンジなどの登場キャラクターをイメージしたカラー展開がうれしい『EVAモデルレーシィブラセット』は全5種類。

レースをふんだんにあしらったビスチェ風のデザインは、パンツの裏側にキャラクターの登場した機体ナンバーがあしらわれるなどこだわりが見られます。



2016年01月05日

モテ女子が無意識にしている行動5つ

どんな時にもかわいくて華があって、キラキラと輝いている美人。最近ではそんな子に限って、優しくて性格も良かったりしますよね。

そこには幸せになる連鎖が存在しているようです。今回はそのテクニックを探ってみました。


1.LINEのレスが早い


読むと既読になるLINEは、行動を監視され返事を急かされているような気分になることもありますよね。

そのため新着に気づいても未読スルー。少し時間をあけてから読むという人も少なくないと思います。喜んですぐに返事をすると暇だと思われるのでは…なんて考えたことはあるかもしれません。

でも鉄は熱いうちに打つのがベター。既読にすらならないと、彼もあきらめて別のことに興味を抱いてしまいます。

そんなことから、何となく関係が自然消滅してしまったこともありますよね?モテる女子は別にほかの人よりモテているわけではありません。

チャンスを無駄にしない習慣を身につけているだけなのです。


2.「今何してるの?」とアピール


予定を埋めるのって意外と大変ですよね。忙しい時には友達と会うことすら、考えられないことだってあります。

だからといって誰かに会えれば良いというわけでもなく。一緒にいて疲れる人とは、会うこと自体億劫になってしまいます。

でもそうやって何気なく過ごしてしまった休日を、後でもったいなく感じたことはありませんか?

過去にそんな経験のあるモテ女子は、当日だってためらうことなく誘います。「今何してるの?」と聞いて話が弾むだけでも、その日一日、充実した気がするようです。


3.あえて忙しい男性の予定に合わせる


恋愛は基本的に、生活リズムが合わないと始まらないですよね。それというのも「忙しい人」とゆったりした生活を「楽しみたい人」との間には、すれ違いが生じるため。連絡してもすぐに返事がこず、ドタキャンされることも多々あるのでは、成り行きでフェードアウトしてしまうことも多くなります。

ところが、モテ女子がターゲットとするのは、そんな多忙男性たち。

多忙な者同士では共通点はあっても、結局お互いに忙しすぎて予定が合わなくなることを知っているのですね。

忙しい男性に予定を合わせて、たとえドタキャンされたとしても笑顔を貫きます。そんな女性に男性は申し訳なさを感じ、すると簡単には裏切れず、もっと大事にしたいという想いが強くなるようです。


4.プレゼントはもらうよりも贈る方がスキ


プレゼントはいざ贈ろうと思うと、どんなものが良いかと悩みすぎて結局あげず仕舞いになってしまうこともありますよね。何をあげてもきっと喜んでくれるのに、そんな彼だから好きになったはずなのに、一番気に入るものをあげたいとつい欲張ってしまいます。

しかし意外なことにモテ女子にとって、プレゼント質より量より回数なのです。小さなサプライズを何でもない日にするのが日課になっています。

その理由はといえば、その方が相手を驚かせて喜ばせることができるからだとか。ちょっとした用事のついでに、大切な人を思い出して買ってしまうプレゼント。一緒にいられない時も考えていてくれたのだなって、誰だって嬉しくなりますよね。

見返りを求めていないさりげなさもポイントの一つ。お返しをすることを会う口実にさせるというのも、モテ女子ならではの「隙」ではないでしょうか。


5.たまらなく甘えん坊


モテる女子たるもの、好きな人にはとことん甘えます。誰よりも近くに感じていたいし、離れていると寂しいし、どんなことだってわかり合っていたいと思うからこそ、自然とそうなってしまうようです。普段誰の前でも見せることのないような無防備な姿で、ピタッと密着して肩にもたれかかる様は今すぐにでも抱きしめたくなるほど愛おしいもの。

外ではタフなところを見せていたい男性にとって、女性側から甘えてくれるシチュエーションは願ったり叶ったりなのですね。

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



お金をかけないとおしゃれになれない?

お金をかけないとおしゃれになれない?

お金をかけないとおしゃれになれないんでしょうか?先に結論を言ってしまうと…。

あなた自身のおしゃれが何かわかるまではある程度お金はかけないといけないけど、わかってしまえば必要以上にかけなくてもいい!

単純に高価なブランドアイテムなどにお金をかけただけで、おしゃれになることはありません。

例えば、ジバンシーのオートクチュールをデートに着ていっても絶対に浮きます!
イタリアで買い付けたマックスマーラーのスーツをオフィスで着ていても、普段の何倍もおしゃれとは思われません!

よく言われることとして、ファストファッションや古着でもおしゃれに見える、というのは間違ってはいません。でも、1年中ユニクロでいいか?というとそうではありません。

おしゃれに使うお金はいくら位?

働く女性を対象にしたアンケートでは、自由に使えるお金は平均で36,060円/月だそうです。


株式会社クロス・マーケティングが働く女性1000名(20〜30代)を対象に実施した調査によれば、1ヶ月のうちに「自由に使える平均額」は3万6060円という結果となりました。

参考:
働く女性の“お小遣い”は平均●万円。それでも貯まる人の習慣とは | 女子SPA!

仕事をしているならお給料によって使えるお金は変わりますが、この中から、美容院に行ったり、化粧品を買ったり、たまに遊びに行ったり…。将来のことも考えると服に使えるお金って、ほんとに限られています。

そこで、おしゃれになるために最低限これくらいはお金をかけておこう、という基本的な考え方を知っておきましょう。

次の5つのポイントを守ることで、誰でも必要最低限のお金の使い方でファッショニスタへの道が見えてきます!

1.1年間で使えるお金がいくらなのか考える
2.今の季節に合わせたトップス、ボトムス、アウター、靴を揃える
3.季節があまり関係がないボトムスを揃える
4.ベースアイテムを揃えてから自分なりにトレンドを追う
5.おしゃれの知識を高める時間を使い続ける

服に使うお金の考え方1.1年間で使えるお金がいくらかを考える

上に書いた通り、みなさん使えるお金に限りがあるわけですから、なんでもかんでも好きな洋服を買えるわけではありません。

例えば月に使えるお金が36,060円/月だとしたら…、洋服にかけられるのはガンバって1.5万円くらいでしょうか。

「じゃあ月に使えるお金が1.5万円なので1.5万円でできるおしゃれをしよう!」というのは、もうちょっと後です。

まずは1年で使えるお金を考えて、それを基本的なアイテムに振り分けていきます。洋服にかけられるお金が月1.5万円なら、1年で18万円ですね。

服に使うお金の考え方2.今の季節に合わせたトップス、ボトムス、アウター、靴を揃える

洋服はベースアイテムがとても重要です。

まずは今の季節に合わせたベーシックな形のアイテムを選びます。考え方は、先程の18万円を4つの季節で割って、1季節3か月分の4.5万円で考えます。

季節をまたぐ場合は、4.5万円+アルファで考えるようにします。

ベーシックな形のアイテムを選べば、数年着回せます。例えば冬のアイテムならベーシックなニットトップスを選んでおけば、冬が来る度に着回すことが可能です。

私も何年も着まわしているスカートがありますし、昔お母さんが着ていたカーデを今でも使っていたりします。どちらもトレンドに左右されないベーシックな形ですが、素材がしっかりしているので長く着ることができます。



ボトムスなら起毛のクロップドパンツ、アウターならダウンジャケットやダッフルコートなどのベーシックな形が売れています。靴は今ならショートブーツが長持ちします。



また、今の時期を秋冬で考えるのか、冬春で考えるのかでお金のかけ方が少し変わります。

例えば、秋冬で考えるのであれば寒い冬が本番。冬春で考えるのならば少し肌寒い春が本番になります。

冬のニットトップス:4,000〜8,000円
冬のボトムス:4,000〜8,000円
冬のしっかりアウター:10,000〜20,000円
冬のショートブーツ:10,000〜15,000円

このような金額感だとすると、「アウターを買うなら1か月待たなきゃ」とか、「着回しできそうなニットトップスは厚手のものを真冬用に1着と2か月後に春先でも着られる薄手のものを1着買おう」などを最初に決めることができ、買い物が賢くなります。

「ベーシックな形じゃないけど、少し安めだし何となく良さそう…。」というアイテムはNGです。まずはベーシックな形のベースアイテムです。

服に使うお金の考え方3.季節があまり関係がないボトムスを揃える

季節アイテムを揃えたら、次はロングスパンで着回せるボトムスを選びましょう。

トップスやアウターとは違い、ボトムスは春夏秋冬どの季節を切り取っても履くことができるアイテムがあります。




例えばデニムは1年中履くことができます。スリム系のデニムはカジュアル、またクロップドパンツならきれいめで、どちらも長いスパン活用できます。

いくら今年のトレンドがボリューミーなパンツだからといって、オフィスで細身シルエットのパンツが突然なくなってしまうことは考えられませんよね。

なので、トレンドを追うのはもう少しあと。

服に使うお金の考え方4.ベースアイテムを揃えてから自分なりにトレンドを追う

ファッショントレンドはおおよそ2年で変わると言われています。ところが、ベーシックなアイテムだと3年、4年以上使われることは普通です。

ですので、おしゃれに力を入れ始めた人は2年間はベースアイテムを揃え、そのあと、2年毎のベースアイテム見直し+トレンド追求+自分なりのチャレンジという風に考えます。

ある程度ベースが揃っていれば、おしゃれを楽しめる着回しアイテムが揃っているので、プラスアルファのおしゃれにチャレンジできます。

その場合、まずチャレンジしてみるのは「締めとハズシ」です。締めとハズシは難しいことではありません。

例えば、きれいめコーデにカジュアルテイムを混ぜてみたり、フェミニンコーデにマニッシュアイテムを混ぜてみたり、モノトーンに派手めなポイントカラーを取り入れたり、頭と足に濃いめの暗色を持ってきたりなどです。


服に使うお金の考え方5.おしゃれの知識を高める時間を使い続ける

そして、やっぱり大事なことがおしゃれになるために勉強をし続けることです。


・場所に合わせた最適な服装はどんなものか
・洋服の呼び方や今流行っているスタイルはどんなものか
・どのような色を合わせるとどんな風に見えるのか
・洋服のディテールにどんな効果があるのか
・お金をかけずにおしゃれと思われたいならどうすれば良いのか

このような話はファッションセンスではなくて、知っているか、知らないかというだけの話です。知っているだけで、必ずおしゃれに差ができます。

参考:
おしゃれ!と言われるために最低限必要な時間ってどれ位?

たくさんのお金をかけずにおしゃれになる方法も、知っているか知らないかの差です。

ただし、その人の体型や合う色、普段周りにいる人のファッションなども関係してくるので、自分なりに少しずつわかっていく必要があります。

そして、おしゃれの知識をつけていくために、時間とお金を使うことを意識しておきましょう。

服に使うお金を賢く考える5つのポイントまとめ

限られたお金の中でおしゃれを楽しむためには、やっぱりいろいろと考えないといけないですね。

ベースアイテムを揃える前の衝動買いは、ホントにアタリが少ないんです。せっかく買ったのに次のシーズンにその服が着られないと服が可哀想ですし、お財布にもやさしくないですよね。

いくら安かったとしても、その場の感覚で服を買ってしまうので、おしゃれの知識も溜まりません。

今からおしゃれになりたい!という人は少し時間がかかるかもしれませんが、ちょっと先を目指して、賢くおしゃれができるようにがんばりましょう!

ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]







ファッションニュース ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ
サイト管理者おすすめのリンク集
良い情報を発信できるよう、ブログ更新頑張ります☆ 心優しいあなたの応援クリック待っています! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村