広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

monmon
リンク集
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2010年09月29日 Posted by monmon at 20:25 | アニソン あ〜か | この記事のURL
Don’t say“lazy”
何故かずっとけいおんです。
今回はDon’t say“lazy”。これも好きな曲の一つです。
初回限定版を紹介しようとしていたのですが、何と初回版は
4000円以上くらいの取引になっていたのでやめました。

ということはプレミアがついているのですかね。
コレクターズアイテムという訳ですか。

この曲はかっこいいし、バンド始める方にもぴったりです。
簡単、かっこいいと万能な曲です。



2010年09月28日 Posted by monmon at 21:06 | アニソン あ〜か | この記事のURL
「けいおん!!」エンディングテーマ Listen!!
澪ちゃんの歌う2期のエンディングテーマです。
オープニングの唯ちゃん曲も良いのですが、ストレートな曲調の
澪ちゃん曲の方が好きだったりします。
1期の曲も、don't say lazyの方が好きです。
直球勝負の音と、あと好きなコード進行というのもありますが・・・

listenは内容紹介もあったのでこぴぺ

[内容解説]
●平沢唯(CV:豊崎愛生)、秋山澪(CV:日笠陽子)、田井中律(CV:佐藤聡美)、琴吹紬(CV:寿美菜子)、
中野梓(CV:竹達彩奈)の5人が歌います!

●初回限定盤は「着せ替えジャケット仕&ピクチャーレーベル仕様」!
※通常盤とはジャケットイラストが異なります。
※収録内容・価格は初回・通常で同じです。

●「けいおん!」とは
月刊4コマ漫画雑誌『まんがタイムきらら』、『まんがタイムきららCarat』(芳文社)にて連載中の4
コマ漫画。2009年4月よりTBSほかにてTVアニメ化。制作会社は京都アニメーション。高校の軽音楽
部を舞台にして、女子高生によるゆるやかな放課後の部活動とティータイムを描く。
2010年4月より第2期「けいおん!!」放送予定。


[収録楽曲]
1
Listen!!
作詞 大森祥子 作曲 前澤寛之 編曲 小森茂生
放課後ティータイム

2
Our MAGIC
作詞 大森祥子 作曲 田村信二 編曲 小森茂生
放課後ティータイム

3
Listen!!(Instrumental)

4
Our MAGIC(Instrumental)



しかしlistenはかっこいいですよね。
ブレイク後のキーボードからの律ちゃんドラムの入りとか
ぞくっときます。
それにけいおんみてバンドやってみた、とかの人だったら
澪曲がいいですね。
gogoとかはいきなりはまずできないですし。
listenもギターソロがちょっとややこしくて、ワウとかを踏むところがあるので
そこを適当にごまかせば結構簡単だと思います。

曲自体のレビューじゃなくなってきましたね・・・


2010年09月27日 Posted by monmon at 21:44 | アニソン あ〜か | この記事のURL
「けいおん!!」オープニングテーマ GO!GO! MANIAC(初回限定盤)
けいおん2期のオープニングテーマです。
この曲かなりテクニカルじゃないですか。

決めで変拍子入るしボーカルもなかなか難しいと思います。
りっちゃんもかなりテクニカルなドラムを聴かせてくれます。

女子高生が文化祭とかでこの曲ばっちり決めていたら
かっこよすぎですよね。



2010年09月27日 Posted by monmon at 20:59 | アニソン あ〜か | この記事のURL
「けいおん! ! 」イメージソング 平沢唯
そういえば、まだけいおんのレビューをまったく書いていなかったので、
ちょっと書いてみました。
唯のキャラソンですね。
けいおんのキャラソンはそれぞれ色があって好きです。
特に唯と澪の曲調が好きですね。
唯の曲に関してはロックって感じがします。
おーまいぎーたってくびったけの続きなんでしょうか。



2010年09月26日 Posted by monmon at 16:41 | アニソン さ〜た | この記事のURL
涼宮ハルヒの詰合
GOD KNOWSです。
涼宮ハルヒの一期で劇中でやった曲ですね。
アニソンでバンドの音といえばこれですよね。
ちょっと前の曲ですが。

ギター弾けるアニメ好きは、ほとんどの人がイントロのギターの
音を取ったのではないでしょうか。
開放弦を交えたフレーズがかっこよいです。

開放弦交じりのフレーズ引きと言えば、そのままリッチーブラックモアに
なってしまいそうです。
この曲のイントロ弾くとBURNが弾きたくなるのは私だけでしょうか?



2010年09月26日 Posted by monmon at 14:03 | メタル A〜E | この記事のURL
DRAGON GUARDIAN@DRAGONVARIUS
ドラゴンガーディアンのドラゴンバリウスです。
何と言うか、シンフォニックな言葉が全て詰め込まれたような
名称です。
最初ジャケットを見た時はアニソンの部類なのかな?
と思ったのですが、どうやら真剣にメタルなようです。
amazonの紹介文↓も妙に力が入っています。

内容紹介
かつてこの世界には、ドラゴン・魔法・剣…
あらゆるファンタジー要素を題材にしたバンドがいくつも存在した。
しかし時代の流れと共に衰退し、今や絶滅に等しくなった。
あの天を仰ぎ涙した善き時代はどこへいったのか。
クサメロが狂喜乱舞し、これぞ神の音楽だと確信したあのクサメタルは何処へ。
もはや時代という名の邪悪な魔王により、それらは封印されてしまったのだろうか。
いや、まだ希望は絶たれていなかった。
天から導かれし一筋の光を浴び、勇敢に立ち上がる勇者と仲間たちがいた。
右手には伝説の聖剣を、左手にはメロイック・サインを高らかに掲げ、
故郷の村を背に、果てしなき旅路へと出かける……
そう、最後のドラゴン系メロスピ・プロジェクト、ドラゴン・ガーディアンが立ち上がったのだ。
今こそ掲げよ、反旗という名のエクスカリバーを

アーティストについて
2006年にギタリストの勇者アーサーにより結成。
デモ「竜の翼の物語」、「竜神の裁き」を経てアルバム
「聖邪のドラゴン」(2007年)、「遥かなる契り」(2008年)の2作品を発表、
当初は同人系音楽界隈での活動展開だったが、一部のメタル専門店、
インターネット等での販売を開始したところ大反響を呼ぶ。
そして待望の第3章で、遂に全国デビューを果たす!!!



うん。シンフォニックです。
結構かっこいいかもしれない。
女性ボーカルなので、てっきりオペラ系のボーカリストさんかと思いきや
まっすぐ歌う感じのボーカルさんです。
これはこれでいいかも知れない。
メタル好きなので耳には受け入れられますが、
ピアノ、ストリングス、その他鳴り物の音が、チープに感じてしまうのが
若干気になりました。
でもオタクとしても、これからが楽しみです。


2010年09月26日 Posted by monmon at 11:14 | メタル F〜J | この記事のURL
HELLOWEEN BEST OF HELLOWEEN
もはや何も言いますまい。
HELLOWEENのベストアルバムですね。
ジャーマンメタルってなんなんだよ?と思ったりする方は
これを一度聴いてみてください。
これがジャーマンメタルです。

デビューから16年にして,初めてリリースされる
ハロウィンのベスト・アルバム。
初期の代表曲5曲のリミックスも収録。
このアルバムを聴くことでメロディック・メタル史を
総括できると言っていいかも。



確かに・・・
メタル史の総括ですか。

このアルバムお勧め曲はイーグルフライフリーですかね。
これがHELLOWEENといった感じの曲です。
メタルの登竜門的ベストですね、これは。


2010年09月26日 Posted by monmon at 11:03 | アニソン あ〜か | この記事のURL
ANGELA Beautiful fighter
ANGELAという方のBeautihul fighterという曲です。
屍姫の曲らしいのですが、私は見てなかったので
本編の内容は知りません。
しかし曲はかなりかっこいいですよ。
言葉では表現しにくいのですが、ヘビメタ、ハードロック好きには
手放しでお勧めしていい曲かなと思いました。



2010年09月25日 Posted by monmon at 22:52 | メタル P〜T | この記事のURL
Rhapsody ドーン・オブ・ヴィクトリー
引き続いてまたもやラプソディです。
これはサードアルバムですね。

97年の衝撃的なデビューで、イタリアのシーンにメタル・ファンの
注目を引きつけたバンドの3枚目。
バロック音楽やトラッドとメロディックなスピード・メタルを融合した、
壮大な作品だ。



なんかちょっと説明が雑になってきたような。
私はこのサードアルバムも好きです。
エメラルドソードの後なので賛否両論もありそうですが、
今回はルカが暴れまわっている感じで良いです。
前回とは対照的にギターに聴き応えがありますね。
ラプソディはベースとドラムが結構メンバーチェンジが
あるのでいまいち顔がわかりません。
でも頑なにツーバスドコドコなのがメタルの疾走感の醍醐味で
ラプソディでもその重圧感を感じさせてくれます。
なんせ試しに聴いてください。

2010年09月25日 Posted by monmon at 13:22 | メタル P〜T | この記事のURL
Rhapsody シンフォニー・オブ・エンチャンテッド・ランズ
さて、早速次のレビューもしてしまいます。
せっかくラプソディのファーストアルバムをレビューしたので、
続いてこちらも・・・

ドラマティックなシンフォニック音像でメタル・ファンのド肝を抜いた
イタリア産バンドの堂々のセカンド。
前作から続くファンタジー・ストリーを下敷きにした劇的サウンドは,
セリフまで入ってさらにグレード・アップ。このドラマ性は正に究極だ!



台詞まで入ってとかは、特にアピールしなくてもいいような・・・
まあともかくラプソディのセカンドアルバムです。
これが紹介したいから急いでレビューを書いたようなものです。

このアルバムからサードアルバムにかけてが、私が一番
お気に入りなラプソディです。
このセカンドにはラプソディの代表曲『エメラルドソード』が入っています。
全体的にギタリストのルカは押さえ気味で、スタポロリのアレンジが
爆発している感じですね。
ギターキッズにもコピーしやすい難易度なので身も心もはまり込んでみては
いかがでしょうか。

>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。