広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

monmon
リンク集
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2010年10月10日 Posted by monmon at 23:02 | メタル A〜E | この記事のURL
blind guardian@イマジネーションズ・フロム・ジ・アザー・サイド
そろそろblind guardianが出てくる頃かなと思いまして
チョイスしてみました。
もうクラシカル系のメタルが好きな方なら嫌いな人は
いないでしょう。

と、言い切ってみたものの、ボーカルの声のワイルドさが
聴き手を選ぶ可能性があるかな、と少し感じました。
何か野獣というか、そうですね、まさヴァイキング的な
激しいシャウト交じりのパワーがあります。

内容(「CDジャーナル」データベースより)

シンフォニックな彼らの音楽スタイルを全面に推し進めた,
メロディック・メタル史上に残る95年リリースのアルバム。
ジャーマン・メタルの枠を大きく超えた彼らの存在感に圧倒される1枚。


バイオグラフィー

ジャーマン・パワー・メタルの王者、ブラインド・ガーディアン。
オトコ魂を激しく揺さぶるワイルド・ハイトーン・シャウト、ケルト民謡の
影響を窺わせるメロディック・ツイン・リード・ギター、
超人的なツー・バス・ドラム……それらが有機的に結合し、
忘我寸前の高揚感が全身を襲う。

――時は中世ヨーロッパ、ゲルマン民族のアツき大躍進、
もしくは荒れ狂う大海原に立ち向かうヴァイキングの勇姿に、
僕らは思いを馳せるのであった。



2010年10月02日 Posted by monmon at 23:59 | メタル A〜E | この記事のURL
dragon force@インヒューマン・ランペイジ
ドラゴンフォースはご存知でしょうか。
何と表現したらいいのでしょうか。
とにかくやたらと早いメロスピというのが、わかりやすい表現ですね。
このアルバムでのお勧め曲は、スルー・ザ・ファイア・アンド・フレイムス
ですね。
一曲目の看板曲です。一曲目からエンジン全開で突っ走っていきます。
綺麗なメロディで突っ走っていきます。

内容(「CDジャーナル」データベースより)

母国イギリスでも人気急上昇中の“音速”パワー・メタル・バンドのサード。
バラード1曲を除き、今作もとにかく全編疾走しまくりで、高揚感を煽る
陽性のメロディ・ライン、どんどん展開してく長いギター・ソロといった個性に
さらに磨きがかけられている。



というかこのバンド。
ギターがものすごく叩きつけるような速弾きなので、
速弾き好きなリスナーからすれば、よだれが出ると思います。
インペリテリなどとはちょっとスタイルが違い、高速リズム隊と共に
叩きつけるようなパワーがあります。
このバンド、実はドラムが一番大変だと思います。
あのテンポでリズムを刻み続けるのは、ものすごくマゾ的な
ドラムですね。しかもほとんどの曲がそんなテンポの曲なので・・・

聞いた話ですと、ライブの演奏は結構劣化するみたいです。
まぁ、ハロウィンとかもライブは・・・
なので雰囲気よければいいと思います。

2010年09月26日 Posted by monmon at 14:03 | メタル A〜E | この記事のURL
DRAGON GUARDIAN@DRAGONVARIUS
ドラゴンガーディアンのドラゴンバリウスです。
何と言うか、シンフォニックな言葉が全て詰め込まれたような
名称です。
最初ジャケットを見た時はアニソンの部類なのかな?
と思ったのですが、どうやら真剣にメタルなようです。
amazonの紹介文↓も妙に力が入っています。

内容紹介
かつてこの世界には、ドラゴン・魔法・剣…
あらゆるファンタジー要素を題材にしたバンドがいくつも存在した。
しかし時代の流れと共に衰退し、今や絶滅に等しくなった。
あの天を仰ぎ涙した善き時代はどこへいったのか。
クサメロが狂喜乱舞し、これぞ神の音楽だと確信したあのクサメタルは何処へ。
もはや時代という名の邪悪な魔王により、それらは封印されてしまったのだろうか。
いや、まだ希望は絶たれていなかった。
天から導かれし一筋の光を浴び、勇敢に立ち上がる勇者と仲間たちがいた。
右手には伝説の聖剣を、左手にはメロイック・サインを高らかに掲げ、
故郷の村を背に、果てしなき旅路へと出かける……
そう、最後のドラゴン系メロスピ・プロジェクト、ドラゴン・ガーディアンが立ち上がったのだ。
今こそ掲げよ、反旗という名のエクスカリバーを

アーティストについて
2006年にギタリストの勇者アーサーにより結成。
デモ「竜の翼の物語」、「竜神の裁き」を経てアルバム
「聖邪のドラゴン」(2007年)、「遥かなる契り」(2008年)の2作品を発表、
当初は同人系音楽界隈での活動展開だったが、一部のメタル専門店、
インターネット等での販売を開始したところ大反響を呼ぶ。
そして待望の第3章で、遂に全国デビューを果たす!!!



うん。シンフォニックです。
結構かっこいいかもしれない。
女性ボーカルなので、てっきりオペラ系のボーカリストさんかと思いきや
まっすぐ歌う感じのボーカルさんです。
これはこれでいいかも知れない。
メタル好きなので耳には受け入れられますが、
ピアノ、ストリングス、その他鳴り物の音が、チープに感じてしまうのが
若干気になりました。
でもオタクとしても、これからが楽しみです。



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。