検索
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
整体師はぶっちゃけモテるのか、俺が見たモテる整体師の4つの特徴
彼氏にしちゃいけない職業3Bに続く3Sに整体師が堂々たる結果を残した
こんな女性客は困る!整体師歴17年の俺が苦労したイタ客3選(と、対応)
わいせつ整体師に成り下がらないために日々頭に入れておきたい3つのこと
お客さんが奪われる?!整体院の意外な5つの強敵とは
駅近なのになぜか客が入らない整体院の気づきにくい5つの特徴
男性一人整体院が女性客を掴み離さないための6つの対策
整体師に適正、不適正はあるのか、答えはコレです
整体師は安定した収入を得られているのか、すり替えられる整体師の年収問題
初見料は本当に必要なのか、初見料2,000円がもたらすものとは
一人整体院にはパラサイタ―が群がりやすい?寄生虫はこして寄ってくる
一人整体院を狙う寄生虫の中の寄生虫『ベスト・オブ・寄生虫』の巧妙手口がコレ
こんなコンサルタントに任せても整体院は繁盛しない!駄目コンサルの6つの特徴
整体師は儲かる?儲かりませんが夢を見続けることが出来ちゃうそんな世界が整体業界
整体師の仕事はいつ奪われてもおかしくない、大事なのは雑草根性
整体院開業、これなら激戦区でもやっていける最強のお約束がコレだ
整体院開業、この時代の激戦区をナメてはいけない4つの理由
にっきゅっぱ店なら未経験からスタートできてそのまましれっと整体師と名乗れる
60分6,000円の整体師が60分2980円マッサージを下に見ても意外と手強いそれ
整体師はどの域まで達すればカリスマと言っていいの?『今からでもOK』
広告のための500万円?柔道整復師養成学校卒業後の『国家資格』の新たな使い方
こんなコンサルタントは信用しちゃ駄目!注意すべき点とは
中途半端な整体施術で高額設定してブランド価値上げようとしても痛い目しか見ない理由
売り上げが悪いのは世間のせいと言う整体師が『駄目ではない』理由
どういうつもりで言ってんの?『整体師の年収1,000万円』を現実的に考えてみよう
カイロはアメリカではドクターと同等!『え?日本では民間資格だから』の現実
整体師は行き過ぎた自己プロデュースをすることで確実に失敗へと落ちていく?
整体師、『アルバイトと開業ってそんなに違うの?』『いいえ、昨今大差ありません』の現実
整体師の挫折に低技術や才能の無さなど関係ない『金が底をつく』それだけのこと
なぜ治療家コンサルタントにお任せした整体院がことごとく廃業していくのか
そんなこと言うのはやめてくれ!整体師の心がチクッと痛む4つの発言
整体師は稼げる?『いいえ稼げませんが、それがなにか?』は大切な考え方
プレミアムフライデーとか『関係ねぇし』が現実の整体業界
整体師は今後『超高齢化に伴い需要が高まる!』と『稼げる!』は無関係
整体師が不況に強いだって?!『君!何を言っているんだ!(゚д゚;) 』の現実
整体師にとって『難しい』とはなんなのか、施術より難しい4つのこと
整体師になる難易度が高いのではない、整体師として生きていく難易度が高いのである
整体師の大変なことは難しい施術でもクレーム対応でもない、コレです
整体師の本当の苦労を知ってから、整体学校に支払う金額を決めよう

2018年01月19日

厳しい整体業界にまだまだ整体師が増える理由

e9f025296c37f05302725248bc3f7910_s.jpg
例えマンションの一室でも独立した店舗を構えていた俺だが、ここ数か月の間で事情は変わった。

今は、自宅の一室開業整体師に成り下がったのである。

しかし、売り上げが低下し、今後の見通しが『ヤバい』の一言である開業整体師であるのなら、今のご時世変に『耐えたり』『賭けたり』するよりは、縮小が安全パイである。

と、身を持って知った俺である。

毎月の店舗家賃がなくなるだけで、どれだけ楽か・・・

そしてご常連と紹介のみで営業していくことで、のしかかる広告費からも解放される。

わりとおすすめである。

さて、こんな風に食えるか食えないかの狭間で揺れる整体師や柔整師が増えるこの世界に脚を踏み入れ、独立開業を目指す純な人間が後を絶たないのはなぜなのか。

その理由を整体業界の片隅で這うように生きる俺が勝手ながら語っていく!!


[増えるフランチャイズ本部、増える片手間オーナー]
2cd4c0bbfeb834cade410b47c8658ce7_s.jpg
あそこのコンビニも、あそこの居酒屋も、あそこのマッサージ店も、全部〇〇社長のもんだよ。

そんな言葉を聞く事はないだろうか?

昨今は、『フランチャイズ』というビジネス形式が浸透し、なんでもかんでも本部、本部、本部である。

一定の金を払い、経営権を買い、そして経営方針、経営理念、ビジネスモデル、営業方法、スタッフ、全てを研修で学び、毎月売り上げの数%を支払う事ですぐにオーナーだ。

コンビニ、ジム、ストレッチ専門店、アロママッサ店、全てフランチャイズ。

このフランチャイズ形式を取り入れ、多種多様の本部が増えているのが癒し系である。

・激安マッサ

・10分1,000円マッサ

・骨盤専門店

・本格整体


これらを専業とするフランチャイズ本部の種類は今や溢れかえっている。

そのどこもが、加盟店を募集する。
そして加盟店となったどこもの店舗が未経験OKのスタッフを募集する。

・時給1,000円

・完全出来高制

・業務委託

・時給900円+インセンティヴ


あの手この手でスタッフを増やす。

大した待遇でないスタッフを逃さないために、店舗はどうするか・・・

夢を見させてモチベーションを上げるのである。

・プロの技術を身に着けよう!

・独立開業も夢じゃない!

・巣立っていった仲間たちの素敵なその後

・夢と希望にあふれた明るい職場があなた
 を待っています!


というふうに給料の低さ、将来の不安定さから、夢と希望にシフトさせるのである。
ハングリー精神をくすぐり、ここは夢を掴むための第一歩である という洗脳でモチベーションを上げる。

そして半年、1年働いてくれるスタッフを募集するのである。

夢と希望を持って入って来たスタッフは、くすぐられたハングリー精神に応えるべく最後はこういうのである。

俺、独立しようと思うんすよねぇ〜

そして店舗を去る。

そして街にはまたひとつ、個人開業整体院が増えるのである。

[歳食った柔整師は独立するしかない件]
589d82d41d41f512c5e9b15c116ffaac_s.jpg
電気10分、温め10分、もみもみ10分で、ぶすっくれた柔整師が「じゃ、また来週来て下さい」というやり方が化石化している柔整業界。

今は、様々な面から客の心を掴まなければ次はない。

・若いイケメン風柔整師が主婦のハートを掴む

・若い受付の姉ちゃんは笑顔でおっさんのハー
 トに矢を射る

・明るく爽やかで元気なイケメン風柔整師が疲れ
 た30代独身OLの心に光を照らす

・月に一回、柔整師と楽しい卓球大会! で、ヒマ
 な老人と時間と心を持て余す主婦を満足させる


電気もあたためもテーピングも関係ない。

多種多様な人間の心を掴むため必要なのは、若さと元気と爽やかな見た目である。

すると歳食った柔整師はどうする?

若いイケメン風柔整師お目当てでやってくる主婦は、おっさん柔整師にあたっちまえばこう言うのである。

あれ?今日〇〇君は?

と。

元気を貰い自分の心を癒すことが目的の30代独身OLは、おっさん柔整師に当たっちまえばこう言うのである。

え?今日〇〇さんはお休みなんですか?

と。

そしておっさん柔整師は、職場で自分の居場所を失うのである。

しかし、どこの接骨院に転職しても自体は変わらない。
おっさんに用はねぇ という患者から冷ややな態度を取られ、院長からは独立を促されやんわり首を宣告されるのである。

そして街にはまたひとつ、国家資格保有の整体師!が売りの個人開業整体院が増えるのである。



[ビットコインにあやかって年収1億円整体師になる方法が充満]
726301aaf112d8d8d4b60d877e370103_s.jpg
昨今食えない整体師がしれっとなる体のイイ職業として人気なのが治療家コンサルである。

どの治療家コンサルもが、『年収1,000万円整体師になる方法』を販売し、この業界の現実をひた隠しにする。

しかし、そんな治療家コンサルも今やわんさかいて、もはや年収1,000万円整体師なんて言葉になんの魅力もない。

そこでこれからは、ビットコインで主婦も学生も年収1億円!なんてのにあやかって、整体師で年収1億円なんて言い出すのがでてくるんじゃねぇか?と俺は睨んでいる。

内訳はこうだ。

・施術10分

・料金:1回15,000円

・1時間で3人施術で45,000円

・45,000円×8時間で360,000円

・1日360,000の売り上げ×25日で
 1ヶ月の売り上げ9,000,000円

・9,000,000円×12ヶ月で1億800万円!!


である。

今巷に溢れる年収1,000万円の試算だって、この年収1億円と同じくらい単純で現実味がねぇんだから、1,000万円も1億円も変わらんだろう。

そうやって食えなくなった整体師が食ってくために適当に年収1,000万円を謳い、それでも飽き足らず年収1億円を謳い、それに釣られる世間知らずが本気で年収1億円を叶えるため、この貧困層が多い整体業界に足を踏み入れるのである。

[けっきょくのところ・・・]
6958fb76d7715dcafda9da7ba47d7428_s.jpg
整体業界、柔整業界、リラクゼーション業界の中に身を置く人間は、今後この業界が良くなることはないとどこかで感じながらも、足を洗うことができない。

それどころかこの業界に足を踏み入れる人間は増え、少しでも野心を抱く人間の心すらくすぐる。

この業界とこの業界のしょっぱい扱われ方も知らずに夢と希望を胸に、目を輝かせて入ってくる。
しかし、待ち受けるのは貧困と不安定がデカい儚き道である。

してまた一人、治療家コンサルが増えるのである。
ビジネスコーチが増えるのである。


俺は、己の店舗を縮小したという恥と言う名の十字架を背負いながら、まだまだこの世界で生きていくがな。


整体 ブログランキングへ

にほんブログ村






この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7217361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック