検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
(11/20)整体師、普通の手わざとはなんなのか・・「見極めるべきはそこじゃない」
(11/14)治療家コンサルによって整体師の真髄が忘れ去られる昨今
(11/10)無痛整体とは、歯を食いしばり痛みをこらえる客のうえに成り立っている
(11/06)整体師、どうせすぐ何でも屋になるのなら最初からなっておいた方が楽
(11/05)もっと気楽に行こうぜ、だって整体師は民間療法なのだから
(10/31)国家資格で治療を謳ってもやってることは民間療法!それが心強き柔整師!
(10/28)廃業整体店が廃業前にやってはいけない3つのこと
(10/24)整体師はけっきょく『腕1本』『タオル1本』の基本精神がものを言う?
(10/21)市場規模がデカくなればなるほど現場整体師は煽りを食らうだけ
(10/20)昨今の整体師、『患者さんの笑顔のために!』の前に『こちっが笑えねぇ』の現実
(10/16)この厳しい現状の整体業界になぜこんなにも整体師は増えるのか
(10/12)接骨院もこれからは「ビューティーサロンSEKKOTU」となるのか
(10/09)整体師のコスト削減とはなんのか『そりゃあ禁断のあのひとつだけっしょ』
(10/07)ダメ整体師の特徴も貧乏整体師の特徴も最後はメルマガクリック!である。
(10/03)整体師として長生きするには『整体ビジネス関係者』を信じるのではなく己を信じろ!
カテゴリーアーカイブ
整体師はぶっちゃけモテるのか、俺が見たモテる整体師の4つの特徴
彼氏にしちゃいけない職業3Bに続く3Sに整体師が堂々たる結果を残した
こんな女性客は困る!整体師歴17年の俺が苦労したイタ客3選(と、対応)
わいせつ整体師に成り下がらないために日々頭に入れておきたい3つのこと
お客さんが奪われる?!整体院の意外な5つの強敵とは
駅近なのになぜか客が入らない整体院の気づきにくい5つの特徴
男性一人整体院が女性客を掴み離さないための6つの対策
整体師に適正、不適正はあるのか、答えはコレです
整体師は安定した収入を得られているのか、すり替えられる整体師の年収問題
初見料は本当に必要なのか、初見料2,000円がもたらすものとは
一人整体院にはパラサイタ―が群がりやすい?寄生虫はこして寄ってくる
一人整体院を狙う寄生虫の中の寄生虫『ベスト・オブ・寄生虫』の巧妙手口がコレ
こんなコンサルタントに任せても整体院は繁盛しない!駄目コンサルの6つの特徴
整体師は儲かる?儲かりませんが夢を見続けることが出来ちゃうそんな世界が整体業界
整体師の仕事はいつ奪われてもおかしくない、大事なのは雑草根性
整体院開業、これなら激戦区でもやっていける最強のお約束がコレだ
整体院開業、この時代の激戦区をナメてはいけない4つの理由
にっきゅっぱ店なら未経験からスタートできてそのまましれっと整体師と名乗れる
60分6,000円の整体師が60分2980円マッサージを下に見ても意外と手強いそれ
整体師はどの域まで達すればカリスマと言っていいの?『今からでもOK』
広告のための500万円?柔道整復師養成学校卒業後の『国家資格』の新たな使い方
こんなコンサルタントは信用しちゃ駄目!注意すべき点とは
中途半端な整体施術で高額設定してブランド価値上げようとしても痛い目しか見ない理由
売り上げが悪いのは世間のせいと言う整体師が『駄目ではない』理由
どういうつもりで言ってんの?『整体師の年収1,000万円』を現実的に考えてみよう
カイロはアメリカではドクターと同等!『え?日本では民間資格だから』の現実
整体師は行き過ぎた自己プロデュースをすることで確実に失敗へと落ちていく?
整体師、『アルバイトと開業ってそんなに違うの?』『いいえ、昨今大差ありません』の現実
整体師の挫折に低技術や才能の無さなど関係ない『金が底をつく』それだけのこと
なぜ治療家コンサルタントにお任せした整体院がことごとく廃業していくのか
そんなこと言うのはやめてくれ!整体師の心がチクッと痛む4つの発言
整体師は稼げる?『いいえ稼げませんが、それがなにか?』は大切な考え方
プレミアムフライデーとか『関係ねぇし』が現実の整体業界
整体師は今後『超高齢化に伴い需要が高まる!』と『稼げる!』は無関係
整体師が不況に強いだって?!『君!何を言っているんだ!(゚д゚;) 』の現実
整体師にとって『難しい』とはなんなのか、施術より難しい4つのこと
整体師になる難易度が高いのではない、整体師として生きていく難易度が高いのである
整体師の大変なことは難しい施術でもクレーム対応でもない、コレです
整体師の本当の苦労を知ってから、整体学校に支払う金額を決めよう

2017年10月28日

廃業整体店が廃業前にやってはいけない3つのこと

6fffda13ae643335ea9844a082cb5877_s.jpg
俺が整体屋を営む街の整体店が、来年を迎える事なくまた廃業した。

コンテンツなブランディングで、コストパフォーマンスがナビゲーションのメソッドでyeah!! な、治療家コンサル兼業の整体店が廃業した。

失敗を恐れることそつまらないことはない!みたいな名言を発信し続ける治療家コンサル兼整体師の整体店が廃業だ。

失敗を恐れすに後先顧みず、己の運転資金の残金と今後のバランスをとることもできず、データとニーズとマニュアルYO!!で廃業だ。

患者、クライアント、ファミリー、塾生、門下生などにサヨナラも言えずに、店舗はいつしかもぬけの殻となる。
しかし、誰も驚きやしない。

そんな現実が昨今の整体業界ではうようよしているからだ。

ほら見た事かと心で笑い、2〜3日もすれば誰もがその整体店の存在すら忘れる。

そんなもんである。

移転、廃業、転身・・・

多くの整体師が整体業飽和状態という荒波にもまれ、変化し、そして消えていく。

俺もいつまでこの世界で生きていくことができるのか・・・

俺もいずれ消えゆく整体師の1人になっていくことだろう。

しかし、他人を巻き込まずキレイにサクッと廃業していくためにやってはいけない3つのことを整体激戦区で戦う俺が勝手ながら語っていく!!

[やっちゃダメ1:無責任に整体師を増やしてからの廃業]
3f0e9a28f5d3a1d4aa9f4f687bfcdb84_s.jpg
俺は天才だ!

天才整体師だ!誰もが治すことのできなかった頭痛も腰痛も、難病も、何がしかの後遺症も俺の手にかかれば15分12,000円で完治だ!

この素晴らしき技術を世に広め、最終的には整体師のいらない『誰も身体の悩み』を抱えない!そんな世界にしたいんだ!

という整体師はいません。

いや、俺はそうだ という整体師がもしいるのだとしたら、

ぜってぇ〜だな? じゃぁなんで整体師になったんだよ という事である。

キレイごとで己をごまかすのはよめよう。

つまり整体師とは不定愁訴を抱える人様がいなければ食っていくことができない商売である。
また、そんな神業的技術を本当に持っているのであれば、独り占めして整体業界で独り勝ちyeah!! が当たり前である。

しかし、昨今なぜゆえこんなにも整体師養成プログラムが多いのか?

それは、

・素晴らしい技術を広めたいのではない

・痛みのない世界を願う!わけでもない


そう、整体施術だけでは食っていくことができず、苦肉の策として始まるのが『治せる治療家になれ!整体師養成短期集中プログラム』である。

そして、客から60分6,000円貰うのではなく、門下生から198,000円/2週間頂くのである。

その方が効率よく稼げると踏んだからである。

この門下生1人あたりから198,000円を頂くために、HPやブログでは、廃業寸前整体師が、

・治せる治療家を育てる!(治せなかったけど)

・経営を学べ!(廃業寸前だけど)

・15分12,000円整体師になる方法!(60分4,000円でも客来ず)

・年収1,000万円の稼ぎ方(1,000万円稼いだことがありません)


などを己の廃業寸前事実を棚上げで発信し、整体師を目指したい人間の気持ちを刺激する。

しかし、整体業界は既に崩壊しつつあり、どんな経営ノウハウも楯にさえならず、15分12,000円の整体師は掃いて捨てるがごとくいて、その多くが廃業していくという現実がある。

かつて自分もその掃いて捨てるほどの整体師の一人であり、廃業寸前の事実はひた隠し、己が食っていくために無責任にこの厳しい整体業界に食えない整体師をまた1人増やすのである。

廃業していくのなら綺麗に静かに去っていこう。

自分の二の前を数人増やして辞めていくなんて・・・

ということである。


[やっちゃダメ2:金欲しさに人様の深い悩みに漬け込んで途中で見捨てる]
d72831dc8d84f1f9b1a59cc1d05e6eb7_s.jpg
めまい、長年の頭痛、起立性調節障害、うつ、なんでも専門です。

と、経営に悩む整体師は謳いだす。

治せるかどうかは別として・・・

であるが、廃業寸前で苦肉の策として己の腕以上の謳い文句を掲げ、高額料金で悩める人様を集め、次回来店のためあの手この手の口八丁で来店期間を引き伸ばす。

しかし、そこに生じるのは、『良くしたい!』という客の熱意と『儲けたい!』という整体師のがめつさとの『差』である。

廃業寸前で金欲しさに専門性と高技術を謳うが、めまいも頭痛も、起立性調節障害もうつも、治せることはない。
そして、けっきょくは廃業して、深い悩みを持つ客を見捨てることになる。

だったら最初から『頭痛は当院で』とか言うなよ、金返せ(号泣)という客の怨念が孫の代まで続く事になる。

廃業回避のためのみに発信する『高技術』な『専門性』は、誰の得にもなりゃしない。

[やっちゃダメ3:ダメもとで1人来たらラッキーなメニューを作る]
a6ed39365e0581548589801665388e4f_s.jpg
整体店開業には金がかかったことだろう。

節約のためマンションの一室での開業、自宅の一室での開業にしたとしても、多少のまとまった金がかかったはずである。

そして、廃業する際にも金はかかる。

その廃業資金を得るため、あるいは、もしかしたら首の皮一枚つながるかもしれない・・・という期待からやりがちなのが、

日1人でも受けてくれたらラッキーなコース、
90分のスペシャルコース20,800円!!


である。

気持ちはわかるがやめておけ・・・ ということである。

もしかしたら常連さんが!

もしかしたら奇跡的に新規さんが!

もしかしたら地元の友人が!


一日たった1人なら誰かしら来るかもしれない・・・

その淡い期待が悲しみを生むことになるからやめておこう。

60分6,000円、60分3,000円、60分10,000・・・ それでも来ない整体店に、90分20,800円は尚来ない。

そういうことである。

整体店の闇が浮き彫りになるのでやってはならない。

整体師、客の前でも、どんな時でもダークな部分は見せてはならない。



[けっきょく・・・]
6958fb76d7715dcafda9da7ba47d7428_s.jpg
昨今、整体店は次から次へと廃業していく。
しかし、そこにはまた新たな整体店や接骨院が誕生する。

その繰り返しである。

カッツカツを埋めるため努力するのではなく、客や整体師卵、悩める整体師を利用するのはもうやめよう。

無責任に整体師を増やし、無責任に治せると言い、無責任に繁盛店にするとも言う・・・

そうやって、己の廃業寸前に人様を巻き込むのはもうやめよう。

そこで集めた金などちっぽけなもんさ。
廃業を救ってくれるほどの価値はない。

それなら整体師たるや、誰も巻き込まず、誰にも迷惑かけず、静かに去っていくのが一番だ。

もがくのと悪あがきは似て非なるものだ。

と、俺は思うが?


整体 ブログランキングへ

にほんブログ村


【毎日更新】全国リゾートバイト!















この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6906536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック