検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
整体師はぶっちゃけモテるのか、俺が見たモテる整体師の4つの特徴
彼氏にしちゃいけない職業3Bに続く3Sに整体師が堂々たる結果を残した
こんな女性客は困る!整体師歴17年の俺が苦労したイタ客3選(と、対応)
わいせつ整体師に成り下がらないために日々頭に入れておきたい3つのこと
お客さんが奪われる?!整体院の意外な5つの強敵とは
駅近なのになぜか客が入らない整体院の気づきにくい5つの特徴
男性一人整体院が女性客を掴み離さないための6つの対策
整体師に適正、不適正はあるのか、答えはコレです
整体師は安定した収入を得られているのか、すり替えられる整体師の年収問題
初見料は本当に必要なのか、初見料2,000円がもたらすものとは
一人整体院にはパラサイタ―が群がりやすい?寄生虫はこして寄ってくる
一人整体院を狙う寄生虫の中の寄生虫『ベスト・オブ・寄生虫』の巧妙手口がコレ
こんなコンサルタントに任せても整体院は繁盛しない!駄目コンサルの6つの特徴
整体師は儲かる?儲かりませんが夢を見続けることが出来ちゃうそんな世界が整体業界
整体師の仕事はいつ奪われてもおかしくない、大事なのは雑草根性
整体院開業、これなら激戦区でもやっていける最強のお約束がコレだ
整体院開業、この時代の激戦区をナメてはいけない4つの理由
にっきゅっぱ店なら未経験からスタートできてそのまましれっと整体師と名乗れる
60分6,000円の整体師が60分2980円マッサージを下に見ても意外と手強いそれ
整体師はどの域まで達すればカリスマと言っていいの?『今からでもOK』
広告のための500万円?柔道整復師養成学校卒業後の『国家資格』の新たな使い方
こんなコンサルタントは信用しちゃ駄目!注意すべき点とは
中途半端な整体施術で高額設定してブランド価値上げようとしても痛い目しか見ない理由
売り上げが悪いのは世間のせいと言う整体師が『駄目ではない』理由
どういうつもりで言ってんの?『整体師の年収1,000万円』を現実的に考えてみよう
カイロはアメリカではドクターと同等!『え?日本では民間資格だから』の現実
整体師は行き過ぎた自己プロデュースをすることで確実に失敗へと落ちていく?
整体師、『アルバイトと開業ってそんなに違うの?』『いいえ、昨今大差ありません』の現実
整体師の挫折に低技術や才能の無さなど関係ない『金が底をつく』それだけのこと
なぜ治療家コンサルタントにお任せした整体院がことごとく廃業していくのか
そんなこと言うのはやめてくれ!整体師の心がチクッと痛む4つの発言
整体師は稼げる?『いいえ稼げませんが、それがなにか?』は大切な考え方
プレミアムフライデーとか『関係ねぇし』が現実の整体業界
整体師は今後『超高齢化に伴い需要が高まる!』と『稼げる!』は無関係
整体師が不況に強いだって?!『君!何を言っているんだ!(゚д゚;) 』の現実
整体師にとって『難しい』とはなんなのか、施術より難しい4つのこと
整体師になる難易度が高いのではない、整体師として生きていく難易度が高いのである
整体師の大変なことは難しい施術でもクレーム対応でもない、コレです
整体師の本当の苦労を知ってから、整体学校に支払う金額を決めよう

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月08日

院もオフィスももう古い、これかの接骨院は『ラボ』です

fcacc3b85d119d157d8c74f4d6cdb48f_s.jpg
当ブログでは再三、昨今の柔整業界は既に『民間療法を存分に提供するサービス業になっている』とほざいてきている。

保険証の提示はほぼ義務でありながら、提供するサービスは常に、

・激安マッサ祭り

・アロママッサホリデー

・ダイエットカーニバル

・美顔フェスティバル

・まつげエクステ感謝祭

などである。

骨折、打撲、脱臼、捻挫、挫傷など、柔整師の真骨頂で食える者はもういなくなり、今や国家資格を取得した柔整師の真骨頂は『あらゆる民間療法に七変化♪テヘペロ♪』である。

隣の接骨院がダイエットコースを導入すれば、パーソナルトレーナーのケンジ君を採用し、斜め向かいの接骨院が美顔コースを導入すれば、ネイリストのゆり子ちゃんを採用。

新たにオープンした接骨院が初回フットマッサージ15分無料キャンペーンを打ち出せば、リフクレクソロジストのよう子さんを採用し、隣町の接骨院が60分2980円の激安マッサを始めれば、整体師のひろし君やあきひろ君、えいぞうさんを採用する。

接骨院はもう、『なんだったら骨折の客とかいらねぇし・・・』というような状況だ。

そんな接骨院のお悩みどころは今後、院の命名となるのである。

それを整体激戦区で地べたを這うように生きる俺が勝手ながら語っていく!!




[保険診療2割、民間療法8割だから悩む]
34ced23d9d616c8ebbc6a5dd306a4d72_s.jpg
レントゲンを撮ることもできないが、医者のように振る舞う柔整師。

縫合も抜糸もできないが、医者のように振る舞う柔整師。

手術も投薬もできないが、医者のように振る舞う柔整師。

この確固たるお医者様ごっこができるのも全て国から許された『保険請求』ができるからであろう。
国家資格というブランドにしがみつき、民間資格で幅広い民間療法を自由に施し、自由に生きることができた整体師を『危険な無資格者』と卑下してきた柔整師も今や民間療法なくして院を維持していくことはできない。

そんな柔整師は、悩むのである。

保険が効く接骨院カラーを存分に出して行くのか、いいやそれとも厳しくなっちまった保険請求なんかに頼らず民間療法多めで手広くやっていくのか・・・と。

しかし、近隣の接骨院を見れば、その答えはすぐに出る。

民間療法だな

と。

ダイエットにパーソナルトレーニング、小顔エクササイズに美肌ケア、ついでか合間に保険診療もするよ♪テヘ♪となる。

この保険診療2割、民間療法8割くらいの院を売っていくには、もう〇〇接骨院ではダメだ。
もっとポップでキャッチ―で、ナウい名前・・・

そう、かつて【整体院】ではなく、カイロプラクティック【オフィス】がナウかった時のように・・・

そして保険診療2割、民間療法8割の接骨院は、今風でナウい院名を考えるのである。

[やっぱラボでしょ]fed98e551e5640243465acd2ca19e9b9_s.jpg
オフィスはもう古い。
サロンには飽き飽きしている。

クリニックはさすがに無理だ。
ステーションもいいが、一歩間違えばダサいに尽きる。

どうしたらいいんだ?

どうしたらナウくてポップでキャッチ―で、カッコいい俺にあったオリジナルの院名になるんだ?!

と、頭を抱え悩みひらめくのが、今後どんな業種でもどんな会社でも大した意味もなく付けるであろう、アレに気づくのである。

ラボっしょ!

と。

そして、街には、エステもできて、ダイエットもできて、小顔にもなれて明日の運勢までも見てもらえるけど保険証必須の〇〇ラボが増えるのである。

そういう時代である。

柔整師が保険請求だけでウッハウハという時代は、遠い昔の思い出である。

頑張ろう。



[けっきょくのところ・・・]
87b44dde4aea721fcc8b5589c86b1c80_s.jpg
食っていけない整体師が増えたように、食っていけない柔整師も増えているのである。

開業しても近隣の接骨院だけでなく、整体店、エステサロン、整形外科、激安マッサ店、奥様が開業する昼間だけの限定サロンなど、多くのものがライバルとなり、その多くのものらと、

・価格競争

・メニュー量競争

・イケメン競争

・若いお姉ちゃん競争

・チケット販売競争

が勃発し、もはや『腕』とやらは置き去りである。

そして、エステサロンなの?マッサージ屋なの?整体店なの?病院なの?というよくわからないラボ的接骨院が増え、民間療法を提供する店はこれからも増々増えるんだ!

と、俺は思うが?


整体 ブログランキングへ

>>日払い即金が嬉しい!短期バイト大量掲載
>>面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。