検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
(10/21)市場規模がデカくなればなるほど現場整体師は煽りを食らうだけ
(10/20)昨今の整体師、『患者さんの笑顔のために!』の前に『こちっが笑えねぇ』の現実
(10/16)この厳しい現状の整体業界になぜこんなにも整体師は増えるのか
(10/12)接骨院もこれからは「ビューティーサロンSEKKOTU」となるのか
(10/09)整体師のコスト削減とはなんのか『そりゃあ禁断のあのひとつだけっしょ』
(10/07)ダメ整体師の特徴も貧乏整体師の特徴も最後はメルマガクリック!である。
(10/03)整体師として長生きするには『整体ビジネス関係者』を信じるのではなく己を信じろ!
(10/02)国家資格を取得した柔整師が民間資格の整体師へと変貌する理由3選!
(09/29)整体師・・・萌え系女子や小悪魔系女子がすり寄ってきたとて
(09/25)整体師がパーソナルトレーナーに転身して食っていけなかったとて
(09/22)柔整師を捨て整体師になり整体師からコンサルタントになる悲しき国家資格
(09/20)整体師、タイプでもない30代独身女性客に「狙ってない?」と思われたとて
(09/18)新たな整体店ほどなぜ医師風が多いのか『それはそういう世代の整体師だからです』
(09/16)接骨院におっさん柔整師がいない恐怖、おっさん柔整師はどこへ消えていくのか
(09/13)接骨院はなんでもできる民間療法オールスター『保険証なんていらねんじゃね?』
カテゴリーアーカイブ
整体師はぶっちゃけモテるのか、俺が見たモテる整体師の4つの特徴
彼氏にしちゃいけない職業3Bに続く3Sに整体師が堂々たる結果を残した
こんな女性客は困る!整体師歴17年の俺が苦労したイタ客3選(と、対応)
わいせつ整体師に成り下がらないために日々頭に入れておきたい3つのこと
お客さんが奪われる?!整体院の意外な5つの強敵とは
駅近なのになぜか客が入らない整体院の気づきにくい5つの特徴
男性一人整体院が女性客を掴み離さないための6つの対策
整体師に適正、不適正はあるのか、答えはコレです
整体師は安定した収入を得られているのか、すり替えられる整体師の年収問題
初見料は本当に必要なのか、初見料2,000円がもたらすものとは
一人整体院にはパラサイタ―が群がりやすい?寄生虫はこして寄ってくる
一人整体院を狙う寄生虫の中の寄生虫『ベスト・オブ・寄生虫』の巧妙手口がコレ
こんなコンサルタントに任せても整体院は繁盛しない!駄目コンサルの6つの特徴
整体師は儲かる?儲かりませんが夢を見続けることが出来ちゃうそんな世界が整体業界
整体師の仕事はいつ奪われてもおかしくない、大事なのは雑草根性
整体院開業、これなら激戦区でもやっていける最強のお約束がコレだ
整体院開業、この時代の激戦区をナメてはいけない4つの理由
にっきゅっぱ店なら未経験からスタートできてそのまましれっと整体師と名乗れる
60分6,000円の整体師が60分2980円マッサージを下に見ても意外と手強いそれ
整体師はどの域まで達すればカリスマと言っていいの?『今からでもOK』
広告のための500万円?柔道整復師養成学校卒業後の『国家資格』の新たな使い方
こんなコンサルタントは信用しちゃ駄目!注意すべき点とは
中途半端な整体施術で高額設定してブランド価値上げようとしても痛い目しか見ない理由
売り上げが悪いのは世間のせいと言う整体師が『駄目ではない』理由
どういうつもりで言ってんの?『整体師の年収1,000万円』を現実的に考えてみよう
カイロはアメリカではドクターと同等!『え?日本では民間資格だから』の現実
整体師は行き過ぎた自己プロデュースをすることで確実に失敗へと落ちていく?
整体師、『アルバイトと開業ってそんなに違うの?』『いいえ、昨今大差ありません』の現実
整体師の挫折に低技術や才能の無さなど関係ない『金が底をつく』それだけのこと
なぜ治療家コンサルタントにお任せした整体院がことごとく廃業していくのか
そんなこと言うのはやめてくれ!整体師の心がチクッと痛む4つの発言
整体師は稼げる?『いいえ稼げませんが、それがなにか?』は大切な考え方
プレミアムフライデーとか『関係ねぇし』が現実の整体業界
整体師は今後『超高齢化に伴い需要が高まる!』と『稼げる!』は無関係
整体師が不況に強いだって?!『君!何を言っているんだ!(゚д゚;) 』の現実
整体師にとって『難しい』とはなんなのか、施術より難しい4つのこと
整体師になる難易度が高いのではない、整体師として生きていく難易度が高いのである
整体師の大変なことは難しい施術でもクレーム対応でもない、コレです
整体師の本当の苦労を知ってから、整体学校に支払う金額を決めよう

2017年10月21日

市場規模がデカくなればなるほど現場整体師は煽りを食らうだけ

d0dc5a5e0d3671a2b7656d5bd4057501_s.jpg
後日本は、15歳〜64歳までの人口が7,000万人にまで減少すると言われている。
一方、65歳以上の人口が3,500万人にまで増える予想だ。


この超高齢化社会を迎えるであろう2025年は、関節痛や冷えによる幅広い不調を訴えるご老人相手に手わざ業界は増々需要が高まると言われている。
そしてその市場規模は何千億円となるとも言われているが、

それがどうした(by現場整体師)

である。

整体スクール情報などでは、

・今後整体業界は超高齢化に向けて増々需要が
 高まる

・リラクゼーション業界の市場規模は何千億円
 である

・不定愁訴を訴えるご老人が増え整体、接骨は
 今後需要が高まる職業となる


などと景気の良い情報を発信するところもあるが、需要が高まる、市場規模のデカさ、この言葉でウッハウハになるのは一部の人間であって現場整体師はこれらの煽りを食らうだけである。

その現実を整体激戦区で飽和状態という渦に巻かれもがくように生きる俺が勝手ながら語っていく!!

[『需要の高まり=儲かる】で浮かれる整体師などいない]
858da923541a50edf12b2aa02e9b9f8c_s.jpg
2025年に迎える超高齢化社会に向けて整体業界は今後増々需要が高まる。

というニュースを仮に定食屋のテレビで見たとて、鼻で笑ってスピリッツに目を戻し飯をかきこむ。
それが、この厳しい整体業界の中で現実をしっかり見ているベテラン整体師である。

今後需要高まる=儲かる?マジか!よっしゃ! という思考回路で浮かれ浮足立ち、帰ってHPをちゃちゃっと編集して、

・千葉県在住65才男性:歩けなかった私が今、孫とキャッチボールを
           楽しんでいます。

・東京都在住72才女性:腰の痛みで断念したフラダンスを今はせいい
           っぱい踊っています!

・福岡県在住69才男性:息子に連れられはるばる先生に見てもらいに
           きて良かった。
           今では庭の手入れが楽しくて・・・


と、方向転換する整体師は、まだまだ甘い。
今後、アメブロにペタしまくってくるきな臭い治療家コンサルの『私が年収が1,000万円になった3つの理由』を心底信じ、ブログにご訪問。
記事を読み進めて、メルマガ登録はコチラ!をさっそくクリックすることだろう。

需要が高まる=儲かる の時代は見えない速さでとっくに過ぎ去ってます。

今は需要をはるかに超える供給源の多さとどう戦うか・・・それが整体師の頭に常にある課題である。

需要が高まるに騙された整体ニューフェイスが増え、整体店が増え、柔整師が整体師になりさらに整体店が増え、現場整体師は『需要が高まる=儲かる』のひどい煽りを食らっているだけである。

浮かれる者はいない。


[需要の高まりをエサに整体学校の広告が激化し、さらなる飽和状態に]
f83982a32f4dab3a0167324aa1250ebd_s.jpg
整体学校も増えましたな。

・就職率NO.1の整体学校

・資格取得から開業支援までな整体学校

・夢を叶えよう!

・フリーランスで自分のペースで働ける!

・好きを仕事に!


をモットーに、整体業界のダークな部分はひた隠しである。

・卒業後整体業界が飽和状態で、就職率はNO.1だけど就職後のことは知らん

・日雇いをカッコよくフリーランス

・好きを仕事に!で食っていけるかは不明


であるが、とにかく整体師は今後は超高齢化に向けて需要が高まる!だからなろうよ整体師に!!のいってんばりである。

そして、目を輝かせた元サラリーマンも、子育てが終わった主婦も、成り上がりを夢見る元居酒屋店長も、売れないバンドマンも、俳優も、元ホステスも『整体師になってあいつらを見返してやる』と心に決めご入学である。

だが、需要の高まりをはるかに超える供給源の多さにやられ『撤退!!』となる。

浮かれて簡単に決めてはならない。

[需要の高まり=儲かるを支える現場整体師とフランチャイズ本部]
6a545cb6a33dca82ecc5198b0df7a82c_s.jpg
齢化社会に向けて需要が高まるリラクゼーション業界!
の旨味を味わうのは、フランチャイズ本部である。


・需要が高まる!

・今後この業界はまだまだ伸びる!

・今こそ独立開業を!


と言って、加盟店希望者を集い、しいては、

・初期費用1,000万円(研修費は込だよ♪)

・スタッフ派遣1人180,000円

・制服ワンセット12,000円

・スタッフ辞めたの?じゃまた1人派遣で
 180,000円

・看板、ポスター、チラシ、備品とにかく
 金、金、金


となり、売り上げからも数%なぁ〜りぃ〜〜 である。

脱サラ一念発起のフランチャイズオーナーはカッツカッツである。
しかし本部は、請求書を送りつけてくる。

現場オーナーはカップラーメンすすりながら馬車馬のごとく働くのである。

全ては本部のために・・・

しかし昨今は、多種多様のフランチャイズ本部が増え、フランチャイズマッサが増え、多くの本部も加盟店の度重なる廃業に頭を痛める。

そういう時代です。

[供給源が多過ぎていつまでたっても定価請求できない]
75a7dc24a427683d8443df4340b7745b_s.jpg
高まる需要、多すぎる供給源。

整体業界は既に需要と供給のバランスが大きく崩れている。

『需要と供給』なんて言葉にはなんの意味もねぇとベテラン整体師は知っている。

街中に溢れる整体店、激増するリラクゼーション系接骨院、激安マッサで、顧客は分散し、新規獲得は思うようにいかない。

えせ治療家コンサルは『施術時間を短くして価格を上げろ、そうやって自店のブランド価値を上げろ』というが、『そんなことしたら新規が来ねぇんだよ』と整体師は知っている。
激化する価格競争、顧客の奪い合いの中で、15分8,000円とか12,000円とかバカ言ってんじゃねぇよ ということである。

昼間の主婦はどこ行ってんだ?

夕方のOLはいつ来るんだ?

土日のおっさん、どこで油売ってんだよ


ということで、昼間も夕方も、土日祝日も関係ない。

顧客が分散し過ぎて、店舗を維持していけるだけの客が来ない。

かし、価格を下げるわけにはいかない。
だが客は来ない。


そして、

・平日12:00〜4:00まで20%オフ!

・雨の日は全コース10%オフ!

・お誕生日月は15%オフ!

・土曜日夕方からは10%オフ!

・お友達紹介で紹介者ともども20%オフ!


平日も土日も、雨の日も、いつの日も、来る日も来る日も割引きするのである。

定価はあるのにいつまでたっても定価で請求する事ができない。

しかし、巷では『整体業界は今後、超高齢化社会に向けて需要が高まる』と言われているのである。

おかしな話だ。

[けっきょくのところ・・・]
ece11a7ad90681c83acb39a6c1c5e242_s.jpg
けっきょくのところ、整体業界は飽和状態であり、需要が高まったとて各店舗十分な顧客を得ることは難しい。

もっと言えば、どんなに高齢者が増えたとしても、増えた全てがリラクゼーションに流れてくることはない。

ご高齢者の『整形外科への絶大な信頼』をナメてはならない。
肩が痛い、じゃぁあそこの整形さん、腰が痛いの?じゃぁ、ほらあそこの整形さん、膝なら駅前の整形さん、ヒアルロン酸注射なら南口の整形さん。

腕が、足が、指が、疲れが・・・
ご老人はまず、整形外科へ行く

この事実を見て見ぬフリしてはならない。

そう、ご老人はいつだって『レントゲン撮ってもらおうかね』である。

超高齢化社会で増えるご老人の整形外科愛を甘く見てはならない。

と、俺は思うが?


整体 ブログランキングへ

にほんブログ村


最高で月50万の収入!