最新記事
(05/13)ヴァシリー・カリンニコフ 「エレジー」
(03/26)日本医師会のCMの曲を聴いて
(06/23)クレメンティ「捨てられたディドーネ(Didone abbandonata)」Op.50 No.3
(03/15)ヘラー 25の旋律的練習曲(25 études mélodiques) Op.45
(02/01)ダウランド 「Lachrimae Pavan(涙のパヴァーヌ / ラクリメ)」「Flow my tears(流れよ我が涙)」
(01/21)ラフマニノフ 絵画的練習曲『音の絵』 Op.33 Op.39
(01/19)ブラームス 子守歌(Wiegenlied/Lullaby) Op.49 No.4 ピアノ版
(01/18)スクリャービン 左手のための前奏曲 Op.9 No.1
(01/14)グリーグ 抒情小曲集
(01/11)レビコフ 秋の綴り
(01/08)チャイコフスキー 「ただあこがれを知る者だけが」 Op.6-6
(01/07)グノー アヴェ・マリア 弦楽器・木管楽器・金管楽器(オーケストラ・吹奏楽)版
(01/07)グノー アヴェ・マリア 声楽版
(01/07)グノー アヴェ・マリア オルガン版
(01/06)イザイ 「子供の夢 (Reve d'enfant)」 Op. 14
(01/06)オギンスキ ポロネーズ第13番 イ短調 「祖国への別れ」
(01/06)クララ・シューマン 『音楽の夜会』 より 「ノクターン(ノットゥルノ /Notturno)」 Op.6 No.2
(01/03)バラキレフ/グリンカ 「ひばり」
(01/02)バラキレフ 東洋的幻想曲「イスラメイ」
(01/01)アルベニス 「入り江のざわめき」
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Amazon ランキング
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年03月26日

赤ちゃんに聴かせるクラシック音楽

むかーし・昔のお話。

上の子どもが生まれたばかりの、

出産した病院を退院したばかりのころのお話です。


親元を離れたところで、一人、育児をする。

これは、思っていたよりも、大変なことでした。

主人は、いつも残業の毎日。

産後1か月は、頑張って、早く帰ってきてくれるものの、

それでも、夜の9時過ぎ・・・

その後は、日付が変わってから家に帰ってくるというほど、

お仕事が忙しかったようで、

「うちは、母子家庭だわ〜」

と、

完全に、一人で、子育てをするような日々を送っていました。


この時の疲れが、

今、体に出ているのでしょうねえ・・・

体はどこかしら、病を抱え、思うように動かない。

まあ、仕方のないことですけどね・・・

子どもを産むこと。

それだけでも、この世に生きてきたという証しを残せたと

言えるでしょうか?

もう、十分すぎることですね・・・

さて、

そんな日々を送っていたときですが、

育児がうまくいっていたかというと、残念ながら、

そうでもない。


なかなか眠ってくれず、どうしましょう・・・


毎日、夜のなかなか眠ってくれず、

泣いてばかりいる赤ん坊を抱いて、絶望的な気分でいました。

主人が家に帰った時、私の顔を見て、

これは、まずい!と思ったそうです。

そのくらい、疲れ果てて、げっそりと無表情になり、

今にも死にそうな顔になっていたのです。


まあ、そんな状態ではまずい、と私も思い、

先輩ママのお友達にお電話をアドバイスをもらい、

まだ未婚のお友達にはそんな悩みを聞いてもらっていると、

面白いことに、

彼女らは、いろいろなCDを送ってくれたのです。

「赤ちゃんがすぐに泣きやむ」

といった類のものを・・・


子守歌、

クラシック音楽、

赤ちゃんが居心地のいいと感じる音のもの、

自然の音・・・など、

いろいろなものを送ってくれました。


さあ、

どれが、一番、効果があったと思います?

子守歌?

クラシック音楽?


・・・


残念ながら、


どれも、効果がなかったのですよ〜。(>_<)


泣けましたよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


でも、

私自身が心地よいと感じるCDを聴いていました。

結局、

母の気持ちが落ち着いてくると、

子どもも安心して、眠れるようになる・・・

のかもしれません。


まあ、そんなことを今日、ふと思い出してしまった私です。


それで、ついでに、

今、そんな赤ちゃん向けCDで、

一番売れているものを取り上げてみます。


0歳からの育脳クラシック




「育脳」ですか・・・?

これが、

Amazonのベストセラーで、

第1位(胎教音楽部門)だそうです。

カスタマーレビューもなかなかの高評価。

収録された曲を見ると、

よくあるクラシックのオムニバスCDのように見えます。

クラシックを普段聴くことのない方にはいいかもしれません。


私の場合、クラシックでは、

音をよく聴いてしまうので、曲によっては、休めないのです。

でも、

収録されている多くの曲は、癒し効果がある感じなので、

このCDは、赤ちゃんの脳に効果があるだけではなく、

母親がリラックスする効果もあるかもしれませんね。


↓ こちらも、クラシック音楽を集めたCD。

ミッフィー 0歳のクラシック 0歳から聞かせたい。おはようとおやすみの美しい音楽 全40曲。



中に、へえ〜、この曲も入っているんだ〜と思った曲もあり。

上で紹介したCDが、

よく聴いたことがある曲を集めたものであれば、

こちらは、クラシックに馴染みがないと知らない・・・

という曲も少しだけありで、ちょっと面白く思いました。

より一層そう感じるのが、

↓ こちら。

赤ちゃんのためのクラシック0歳~2歳半用



私が赤ちゃん向けのクラシックCDで、

子どもを眠らせるために、自分が眠るために、

という目的で、選ぶなら、こちらを選ぶでしょう・・・

最初から流して聴いていたら、

うとうと・・・としてきそうな気がします。


とりあえず、3つのCDを取り上げてみましたが、

目的が何かで、クラシック音楽も選ぶといいのでしょうね。


私の子どもが小さいころ、

多くのお母様方が、一番大事にしていたのが、

「子どもの能力をいかに発揮させることができるか?」

のように思えました。

子どもは、どう育てるかで、

能力を発揮をし、逆に、発揮できないで終わってしまう?

だから、

母親が頑張れば、

子どもは絶対に伸びるのだ・・・と。

そんな風に、見えました。

だから、

一番売れるのが、

最初に挙げたCD

「0歳からの育脳クラシック」なのでしょうねえ〜。


私も悪くない、と思います。

テレビの音で子守とか、スマホで子守とか、

ある世の中ですから・・・

クラシック音楽を聴いて、ゆったりとした気分になること、

とても、いいことに思います。


赤ちゃんのうちは、母親はなかなか休めません。

音楽を聴いて、

イライラしたり、落ち込んだりしたときに、

癒されることって、大事だと思います。


もしよかったら、

ここで取り上げたCDを聴いてみてください。(^_^)



posted by りー at 17:31 | CD,MP3
リンク集
プロフィール
りーさんの画像
りー
こんにちは。クラシック音楽関係のものを紹介していきます。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。