最新記事
(05/13)ヴァシリー・カリンニコフ 「エレジー」
(03/26)日本医師会のCMの曲を聴いて
(06/23)クレメンティ「捨てられたディドーネ(Didone abbandonata)」Op.50 No.3
(03/15)ヘラー 25の旋律的練習曲(25 études mélodiques) Op.45
(02/01)ダウランド 「Lachrimae Pavan(涙のパヴァーヌ / ラクリメ)」「Flow my tears(流れよ我が涙)」
(01/21)ラフマニノフ 絵画的練習曲『音の絵』 Op.33 Op.39
(01/19)ブラームス 子守歌(Wiegenlied/Lullaby) Op.49 No.4 ピアノ版
(01/18)スクリャービン 左手のための前奏曲 Op.9 No.1
(01/14)グリーグ 抒情小曲集
(01/11)レビコフ 秋の綴り
(01/08)チャイコフスキー 「ただあこがれを知る者だけが」 Op.6-6
(01/07)グノー アヴェ・マリア 弦楽器・木管楽器・金管楽器(オーケストラ・吹奏楽)版
(01/07)グノー アヴェ・マリア 声楽版
(01/07)グノー アヴェ・マリア オルガン版
(01/06)イザイ 「子供の夢 (Reve d'enfant)」 Op. 14
(01/06)オギンスキ ポロネーズ第13番 イ短調 「祖国への別れ」
(01/06)クララ・シューマン 『音楽の夜会』 より 「ノクターン(ノットゥルノ /Notturno)」 Op.6 No.2
(01/03)バラキレフ/グリンカ 「ひばり」
(01/02)バラキレフ 東洋的幻想曲「イスラメイ」
(01/01)アルベニス 「入り江のざわめき」
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Amazon ランキング
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月26日

日本医師会のCMの曲を聴いて

こんばんは。

久しぶりにファンブログで投稿します。

ずっと長い間、放置してました。


最近、日本医師会のCMを観る機会がありました。

あまりCMをじっくり観ることもない私ですが、
聴いたことのあるメロディーと言葉で、
ついじっくり観てしまいました。

メリカントの『ゆるやかなワルツ』

このブログでも楽譜を取り上げたものです。

このゆったりとしたテンポのワルツは、
シニアのテンポだったのか?と、
しみじみと感じてしまいました。
話とメロディーが妙にしっくりしていて、
華やかなイメージに感じていたものが、
一転しました。

重い内容をさらっと流れるメロディーが、
風が吹いて、時が流れる感を表現しているかのようで、
いい選曲だと、思いました。

もしよかったら、この曲を
↓ こちらの私の別ブログより、聴いてみてください。
http://hukugakuru.blog.fc2.com/blog-entry-1000.html

楽譜はこちら。↓
http://fanblogs.jp/orangeword/archive/118/0


posted by りー at 00:05 | 雑記

2014年07月02日

Amazon のクラシックベストセラーのランキングを見て

こんばんは。

ちょっとした、驚きを書いてます。


昨日、このブログの左側につけていた、

Amazon のクラシック部門のランキングでは、

確か、1位は、Arvo Part のCDだったはず・・・

でも、

今、見たら、モルゴーア・クァルテットのCDに変わっていて、

驚いてます。


えっ?

ランキングなんて、しょっちゅう変わるっですって?


ええ、おっしゃる通り、

刻々と、変わっていくものだと思います。


何が、驚きかと申しますと、


今朝のNHK総合『おはよう日本』に、

モルゴーア・クァルテットが、とりあげられていたのですよ。

テレビの影響で、1位に躍り出たのかな?と、

ちょっと思ってしまいました。

テレビで、取り上げられると、

すぐに、飛びつく・・・

というパターンは、

これまでに、いろいろとあったと思いますけど、

クラシック部門では、それが顕著かもしれない・・・


ちなみに、

1位は、こちら・・・ ↓

原子心母の危機 Atom Heart Mother is on the edge




私は、原曲と比べ、いいか悪いかの判断はできません。

正直、これは、好みが分かれるような気がします。

原曲を知っている人ほど・・・

みなさんは、どう評価されるでしょうか・・・?


話題になったから、テレビでとりあげられたから、

という理由で、

よい!と判断される人が、またも、出てくるのかな?


誰の評価でもなく、ご自分の評価で、

音楽を楽しんでほしいなあ〜と思う私です。

posted by りー at 19:42 | 雑記

2014年06月30日

子どものピアノ発表会の人気曲

こんにちは。

ご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


私の別ブログ 「音と楽しむ日々」  を見ていると、

子どもの発表会として、

選ばれそうな曲が、いくつかわかってくるので、

面白いです。


この一か月で、よく検索された曲を挙げてみます。
 
 ( ↓ クリックすると、別ブログで、この曲を聴くことができます。)


1位  三善 晃  『海の日記帳』 より 第28番 「波のアラベスク」
 
2位  平吉 毅州 「真夜中の火祭」

3位  ランゲ 「花の歌」

4位  ドビュッシー 「小さな黒人」

5位  平吉 毅州  「踏まれた猫の逆襲」


どれも、初級者向き(小学生向き)の曲です。


別ブログでは、

もともと、子ども向けの曲を取り上げていなかったのですけど、

子どもの発表会向きの曲を探されていらっしゃる方が多く、

そういった曲を取り上げてみたら、

まあ、春ごろから、毎日のように、いらっしゃること・・・

夏休みに発表会という教室が、多いのでしょうか?


本番で、緊張されるという方のために、

こんなものも書いたことがあります。


もしよかったら、参考にしてみてください。 (*^_^*)

⇒  ピアノの発表会で緊張しても弾けるようにするために

こちらの記事も、よく読まれます・・・


みなさんの成功をお祈りしています。(*^_^*)
posted by りー at 18:09 | 雑記
リンク集
プロフィール
りーさんの画像
りー
こんにちは。クラシック音楽関係のものを紹介していきます。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。