広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

山口県では吉田松陰先生と呼ばないと睨まれるの?





「心は眼に宿る」ーーーーー。
ウーム、確かに・・・・・。
唱和していることは面白いが、尊敬するか否かは個人の自由だと思うがね。
まあ、教育勅語を唱えている幼稚園よりはまともだが。
それにしても教育勅語など教育上よくない偏向教育ではないかね。


やたらと名前を変えるがやってることは金集め???

【現役信者 閲覧注意】世界平和統一家庭連合(旧称:統一教会)に入会を考えている人への警告(2)




世界平和統一家庭連合(旧称:統一教会)は、名称が変わってもやってることは、オーム真理教と同じだねぇ。


1月14日付けの朝日新聞に
「旧統一教会に賠償命令」の記事。

世界平和統一家庭連合(旧・世界基督教統一神霊協会=統一教会)の信者の女性が、家族に無断で財産を献金したのは「教団の組織的な働きかけによるもの」として、元夫の男性が教団に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は13日、約3430万円の支払いを教団に命じる判決を言い渡した。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12157722.html?rm=150




仰々しい罪名は何を物語るのか

【禁聞】国連世界女性サミット 米は王宇弁護士氏らの拘束に注目 20150928



最近、この王宇氏が逮捕されていたことがわかったが、その罪状に笑ってしまう。
国家政権転覆容疑だ。
やたらと拡大解釈しているのが明白なのだが、笑いごとではないゾ。
日本でも、安倍死んだゾウ氏が憲法の拡大解釈でかってに法律を通してしまったし、秘密保護法とやらは、その定義も不明確なままだ。

大大暴落の前兆か

中国崩壊 大発会から中国株式大暴落!2016年どうなる世界経済【高橋洋一】



中国株も心配だが、中国経済もどうなることやら。
原油安、オイルマネーの撤退、暴落の加速というパターンか。
オイルマネーに、中国マネーも撤収だと日本にも影響大だな。

やたら戒厳令を発動されても困るけどな

東北沖大地震・福島原発の原子力緊急事態宣言について。- 2011.03.12



ナチスって、緊急事態宣言を使い、独裁政権を打ち立てたんだな。
当時の、ナチ党得票率が33.1%で、今の自民党の得票率24%より高かった、笑えるね。
独裁率?は自民党のほうが高いぞ。ふらふら



以下引用(http://blg.hmasunaga.com/main/2015/10/9899.htmlより)





【自民党憲法改正草案・98・99条(「緊急事態宣言」条項)の恐ろしさは、憲法9条改悪の恐ろしさどころではない。異次元の恐ろしさです。】

T:【緊急事態宣言】の歴史的実例
1933年のドイツ:

1933/1/30
ナチス・ヒットラー内閣が成立(初回)。
ヒットラーが首相になる。
選挙で、ナチ党の得票率(33%。得票率・1位)
2/2
解散・総選挙。
 2/27
国会議事堂放火事件、発生。
2/28
ヒットラー内閣は、大統領をして、緊急事態宣言(大統領令)を発令させた。「緊急事態宣言」下、プロイセン州だけで、約5000人(共産党支持者、社会民主党支持者等)が数日のうちに(注1)、司法手続無しで、逮捕・予防拘禁された。
更に、「緊急事態宣言」下、言論の自由、報道の自由、通信の秘密等の人権が停止された。
3/5
選挙投票日:ナチス(=ナチ党)の得票率・43.9%。
3/23
全権委任法成立。
同法は、向こう4年間、政府に、行政権と立法権を与えた。
4/26
プロイセン州に、ナチス政府は、秘密警察(ゲシュタポ)を設けた。
国民の一部は、秘密警察に密告●●した。国民の多くは、密告を恐れた。
7/14
「緊急事態宣言」下、ナチス以外の政党は、存続、新設を禁止された。

1933/11/12選挙結果:
           ナチスの得票率・92.2%(39,655,288票)
           無効票      7.8%(3,352,289票)
                  100.0%(43,007,544票)

U: 【ナチス政府が、ナチスに反対する約5000人を、緊急事態宣言発令後の数日間に、令状なしで逮捕拘禁したこと】は、重要である。
【ナチスに反対する声を上げた人人が、逮捕・拘禁され、その後行方不明。】という情報が、市民の間に流れた。

多くのドイツ国民は、

「今更、ナチスに抵抗しても無駄。」

と諦観した。

V:1933/11/12の選挙では、ナチスの得票率は、92.2%(39,655,288票)であった。

1932/11/6の選挙で、ナチス以外の政党に投票した【全投票人の66.9%(=100%−33.1%〈ナチス〉)の人々】のうちのほとんどが、約1年後の1933/11/12の選挙では、真●逆●に、ナチス支持の投票をした。
その理由の一つは、緊急●●事態●●宣言●●下での、ナチスに反対する人々に対する、大量の逮捕・拘禁・その後の行方不明を知って生まれた、恐怖●●心●と無力感●●●と諦●観●であろう。

W:【このありえない事実が、1933/11/12に、ドイツで現に起きた理由】は、緊急事態宣言発令に基づく、令状なしのナチス反対の人人の逮捕・拘禁・行方不明である。
67%のドイツ国民は、この緊急事態宣言に基づく、ナチス反対の人人の逮捕・拘禁・その後の行方不明を、恐怖した。

1933年のドイツの緊急事態宣言は恐ろしい。

現在でも、独裁政権は地球上に存在する。
北朝鮮国内で、政府反対の声を上げている人がいると聞いたことがない。

独裁政権の力の源泉は、反政府の発言をする人を逮捕する国家権力である。普通の国民の【独裁政府に対する恐怖心】である。

X:自民党憲法改正案・98条・99条は緊急事態宣言条項を定める。
私は、腹の底から、恐ろしい。

Y:麻生太郎・現財務大臣は、2013年7月、都内の講演会で、

「昔はみな静かに(靖国神社に。(引用者による補足))行っておられましたよ。各総理大臣のみな行っておられたんですよ。これは。いつから騒ぎにしたんです?マスコミですよ。ちがいますかね。いつのときからか、騒ぎになった。と私は・・・。騒がれたら、中国も騒ぐことにならざるを得ない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうや、というんで。憲法も、ある日気がついたら、ドイツのこともさっき話しましたけど、ワイマール憲法がいつのまにか変わってて、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気が付かないで変わったんだ。あの手口学んだらどうかね。」

と発言した。
Y:憲法改正は、衆参両院の総議員の2/3の賛成により、国会がこれを発議する(憲法96条)。
現在、与党が、衆議院の2/3以上を占めている。
更に、与党は、前回(2013年)の参院選で、既に85議席を得ている。
2016年7月の参院選で、与党が77議席を取れば、参院も、与党が2/3(=〈85+77〉÷242)以上の議席を占める。
そうなると、2016年7月の参院選後、国会は、憲法改正の発議をし得る。
憲法改正の国会発議を止める唯一つの方法は、野党連合候補者である。




認知症の婆バより惚けている議員が

国会にはいらっしゃるらしい。
それにしてもいつまで、王制に宗教色をもたせた天皇教を日本人はひきずるつもりなんだろうかね。




呆れて物をいう気にもならないので、朝日新聞・天声人語(2016年1月9日付け)を引用しておく。



(天声人語)歴史観、憲法観の深い溝

中継を視聴していて驚いた方もおられただろう。昨日の衆院予算委員会のトップバッター、自民党の新藤義孝氏が切り出した。「平成28年が明けました。伝統的な数え方でいえば皇紀(こうき)2676年」。若い世代は何のことかと思ったかも知れない▼皇紀とは、神武天皇の即位の年とされる西暦紀元前660年を元年とする紀年法だ。明治初期の1872年に定められた。戦前の1940年は皇紀2600年であり、盛大に祝われた。しばしば国民精神総動員と結びつけて語られる▼今、そうした言葉を使う意図は何か。昨年も国会で戦時スローガンの「八紘一宇(はっこういちう)」を取り上げ、「日本が建国以来、大切にしてきた価値観」と述べて物議を醸した自民党議員がいた。復古志向は元々この党の一面だが、かつてここまで無遠慮だっただろうか▼政界には歴史観の深い溝があり、憲法観の深い溝がある。そのことをやっと始まった国会論戦があらわにしている。野党は安保法制の憲法違反をまず問うが、首相は取り合おうとしない▼溝が深い分、言葉がささくれ立つ。首相は臨時国会も開かず、「逃げて、逃げて、逃げ回ってきた」と非難する野党。野党は対案すら示さず、「逃げて、逃げて、逃げ回っている」とやり返す首相▼互いの歴史観、憲法観を確認しあうことから始めてはどうか。代表質問で「立憲主義とは何か」と問われた首相は直接答えず、「立憲主義にのっとって政治を行うことは当然」とだけ述べた。これでは議論は進まない。

独裁者に告ぐ




ハッピーエンドに終わらなかった喜劇「チャップリンの独裁者」。
いみじくも最後の大演説で語っている。

「自由のために戦え!!!!!!!」、と。


中近東でイスラム国がイスラム的ファシズムを蔓延させようとし、
日本においては、天皇教的ファシズムをまき散らそうとする独裁者が現れた昨今、
喜劇であるはずの「チャップリンの独裁者」が妙に心にひびく。



2016年01月10日のつぶやき


2016年01月09日のつぶやき


2016年01月08日のつぶやき




    >>次へ
プロフィール

海風海太郎(俗称・ようじイルカ)
ながらく、フリーライターなどやりながら、プー太郎じみた熱血迷走人生をひた走ってまいりましたが、このたび、半坊半民の宗教家じみた瞑想生活を改め、心機一転、俗界にもどることにいたしました。
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。