広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

人類滅亡記念日

 


人類滅亡記念日にしようとした12月21日から10日たったが、ちっとも人類滅亡の気配はない。


今後、銀河直列の影響があるのかないのか、さっぱり体感できないが、

朝日新聞デジタル


によれば、太陽の引力も変化しているようだ。
銀河直列のせいかもしれない。


やはり、2,3年後くらいに太平洋岸に大きな地震がきそうではある。

  


95年の阪神大震災の時がそうだったが、その5年前ぐらいから、筆者は就寝中に背中で感じる微振動に不安を覚えたものだ。豊岡での群発地震の影響だったようだが、大地の雄叫びというより、小刻みな震えのような振動だったが、地球ガイアが「俺たちは生きているんだぞう」とささやいていたようにも思える。
当時は大阪に住んでおり、大きな地震が来そうやなぁ・・・とおぼろに思っていたら、5年後に神戸で大地震に遭遇―――。

2000年から首都圏に住んでいたがやはり微振動は時々夜中に感じていた。
そして、東日本大震災。


今、神戸に住んでいるが関東に比べ微振動を感じる機会は格段に減ったが、今後どうなるのだろう。


不思議な雲情報をみつけた。中部大地震の予兆だろうか。


そういえば、阪神大震災の前後には、龍のように螺旋形の雲をよく見たことを思い出した。
それに、大地震の1週間前に震源地の近くに行き、レーザー光線のような光も見た。
あれはなんだったのか今でもわからない・・・・・・・。







「ちゃぶ台ひっくり返し」選挙


それにしても見事なちゃぶ台ひっくり返し選挙になった。
政治はこうでなくっちゃと喜んでいる場合ではない。
自民党の圧勝―――。

3年前も、民主党の大勝に驚いたが、今回の右傾化支持による政権転覆にはまたびっくり。
しょせん民主党は中道右派の政権にすぎず、領土問題によるナショナリズム促進がすすみ、
右派本流に政権は戻った、ということだろう。民主党は3年改革で出番はなくなった。


1930年代と同じ大政翼賛会的反動政権の誕生だ。
かってはガラパゴス的孤立的軍事国家の道を歩んだが、今回はどうなるのだろうか。
中国や韓国の領土主張への一時的な愛国的な反応といえばいえるだろうが、戦前は血気盛んな新興国であり軍人が世論を思い通りに操縦していたが、今は、老大国の立場で老政治家が世論を煽っているにすぎない。
経済問題、グローバリズム、格差など取り組むべき課題は似通っている。プラス原発問題というべきか。
かっては、軍人主導の侵略的な帝国主義という愚かな道を選んだが、今後はどの道を選ぶだろうか。

まずは、憲法9条の改正などといっているので改憲──。
自衛隊の名を国防軍などと改称し、かって防衛庁がいつのまにか防衛省に変わっていたように予算を増やし、少し防護壁を固めるだろう。

個人的に、筆者は防衛軍ぐらいなら拒否はしない。もともと憲法9条は曖昧すぎる、と思っていたからだ。

中立国を宣言できない以上は軍隊を持つのは当然の帰結・・・。
ただ、大日本帝国の総括をしてからだ。
天皇教にすぎない、天皇万歳主義などさっぱり捨て、偶像崇拝、天皇教の象徴でしかない憲法1条の象徴規定は捨てて、きっぱり政教分離を実施してから──という意である。 まず、普通の国になるべきである。天皇教など押しつけられた状態で、軍隊を増強すれば、今度は超日本帝国にでもするのではないか、と畏怖している。

つぎに中国への対抗策を打ち出すだろう。
戦争も辞さない、などと強行発言も出て世論を煽るかもしれない。
が、そうは問屋がおろさない。歴史は繰り返せない。
血気盛んな右翼青年はすくない。右翼結社の大行社など構成員が在日韓国人であり、大日本帝国に侵略してくれてありがたいと思っている輩たちが、自らのアイデンティティも否定して日本の保守派に飼いならされ活動しているに過ぎず、ネット右翼は、感情的な愛国心の発露を求めてはいるが、いざ政治活動といってもせいぜい天皇皇后の「よいしょ本」ぐらいをだすしか能はない。ネットだけで元気なネット右翼にすぎない。まあ、せいぜい自民党の提灯持ちぐらいしかやることはないだろう。

3年後には徴兵制などが話題になり、なんとなく第3極にまわった無党派層の非正規労働者が不満をくすぶり始めることになる。
そう非正規労働者が60パーセント以上の韓国でも、また、さらに格差の広がった中国でも、窮鼠は猫をかむことになるだろう。

何かが起こる。

龍が動く──。







まるで「白色革命」やんか


それにしても日本国民は単純だった。

いとも簡単に中華人民共和国の挑発にのり、愛国心をさらけ出してしまった。
自民党圧勝という形で―――。

自民党離れを起こした保守層がふたたび自民党を支持し、民主党を支持していた無党派層が第3極側に移行したというのが実情であり、領土問題で弱腰な民主党に替え、威勢のいい自民党を引っ張りあげ前面に押し出したというのが内実だろう。
「ちゃぶ台ひっくり返し」革命の完遂──と喜ぶわけにもいかない。

これじゃあ、まるで「白色革命」やんか。

しかし、中国は、内心喜んでいることだろう。
台湾の民主化活動家と反日を旗印として強く手を結べるようになったのだから。
「台湾併合も近い」、とほくそえみながら・・・・。
今後、尖閣をネタに反日の牽制を仕掛けてくるだろうが、一方で台湾の反中国グループの懐柔に力を入れていくに違いない。
そちらのほうが主眼だとさとられないように、反日運動を派手に展開するかもしれない。









人類滅亡、それとも5126年周期の暦がふたたび始まるのか

2012年12月21日、人類は滅亡するなどという項目がマヤの予言書に書かれているという。
その日、銀河直列が起こり、太陽の引力などにより大規模な地殻変動を引き起こす、というのだ。
だったら、人類滅亡やな。〓 

が、地磁気の崩壊が起こるというのは、なにか気にかかる。困った

「蜜蜂群崩壊症候群」を思い出した。
数年前、日本でも騒がれたが、ミツバチがある日突然失踪して帰巣しなくなる現象だ。
アメリカでは10年くらい前から現存の30パーセントのミツバチが帰巣せず死ぬという事態に至っていたが、
その原因の1つといわれたのは、そのころから使われ始めた虫の神経を蝕むニコチン系の農薬だったが、
帰巣しないというのであれば、磁気異常なども原因になるのではないか、と思った。
ミツバチなどは、太陽の方角や地磁気を感知して現在位置や巣の場所を特定しているが、地磁気の変動が起こっているとしたら、どうなのか。微妙な変動により、ミツバチのアンテナが狂い・・・・などと想像してみた。

まあ、話をマヤの予言に戻して―――。

マヤの予言を信じるか信じないかは読者しだいだろうが、もし本当だとしてもどうすればいいのだ?
地震、火山噴火、津波など地球をリセットするような何でもありの災害が起こるといっても、ほとんどの人類は月に逃げるわけにもいかず、指をくわえて待つしかないではないか。

予言はともかくとしても、マヤが5126年周期の暦をもっていたことに驚いてしまう。
Σ(°д°lll)ガーン
暦というより、銀河の動きを読み解いていたと言うべきだろうか。
10世紀に謎めいた消滅をしたマヤ文明だが、
彼らは1000年後を見通していたのだろうか、金属製の鳥が飛び、鉄の魚が泳いでいる世界を・・・・・・。

参考サイト:http://wpb.shueisha.co.jp/2012/11/28/15613/






人類は生き延びられるのか

あるブログhttp://ameblo.jp/cfs-w404/にて食虫植物など眺めていたら、考え込んでしまった。
地球が放射能で満ち溢れ人類が滅んだ後、このサラセニアは生き延びているのか否か―――。
植物全般は放射能を溜め込み世代交代をしていくだろうが、ハエをえさにしているサラセニアは、えさがなくなる可能性がある。
しかし、チェルノブイリの事故後の調査でも、高濃度の地域でも、鳥類はかなり絶滅していったが、ねずみは内部被爆しつつも何世代も生き延び続け個体数を増やしているという。やはりゴキブリ、ハエなどは生き延びる可能性が高そうだ。
だったら、サラセニアも生き延びるような気がする。
それにしても、できれば人類も生き延びていてほしいものだ。
幼稚園児がかぶる大杉の着ぐるみを身に着けても、所詮、人間は植物にはなれない。

自然に被曝する年間2ミリシーベルトの倍ぐらいの耐性を普通の人は持っているだろうが、急に10倍もの放射能を被曝すれば、がん患者が増えることは必至―――。とりあえずは除洗でいいにしても、放射能が消えるわけではない。
結局のところ、コンクリートか水で封じ込めるしかない。
ならば、福島復興でまずなすべきことは、公共工事で放射能を封じ込める作業が必要ということだ。
放射能汚染瓦礫を放出するのではなく、内部処理すべきということだ。





〈PR〉 革命資金を

革命資金を稼ごうと、アフィリエートをはじめたが、生活費もままならない。悲しい
FXや投資のすすめでもやれば効率がよさそうだが、どうも後ろめたいし投資は専門外だし・・・。
健康食品については、野菜ジュースに果物多めに摂取し1日5キロも歩けば健康になるだろ、と思うので却下。
下記のエクササイズ商品も、無理に買ってやらなくてもダンスぐらいどこでもやれるだろうに、と感じたが、太り気味で運動をやりたいけれど、外を歩くのは億劫だ、という方などには勧めたくなる。

ダイエット、運動などを続けるには、まずはきっかけが必要。まる
手ごろな価格で、元をとろうと必死で続ければ、ダイエットもうまくいく。
音楽、とくにTRFが好き、ダンスミュージックがスキとなれば、継続に必要な動機がそろうし、
うまくいくだろう。
筆者も冬の寒い日には、ダンスミュージックのビートがきいたノリのいい音楽〓を聴き、景気付けを行い外へ飛び出したころがあった―――。走る
単純なリズム音楽は聴くだけでも身体をあっためてくれることは確か―――。
体験からいっても、真冬に金がなく電気代を滞納し電気を止められたとき、「フラッシュダンス」のテーマ音符を聴き、からだを熱くしたものだ。
金なく仕事なく未来もないときだった。懐寒く身体も凍えそうなので、外へでて運動して身体をあたためついでに鍛えていた時期だった。そう、「自己革命」を目指していたころだ。ロケット
必然とはいいものだ。身体を鍛えあっためる動機をあたえてくれるのだ。
もちろん懐をあっためてはくれないのであしからず・・・m(_ _)m
少し身体を動かし疲れたらころに瞑想すれば、自己の心もよく観えるようになる。

まあ、とにかく、少し懐に余裕があり、太り気味で、運動不足を自覚しているが外出はめんどくさいと思い、それでもダンスミュージックが好きという方には、お勧めのダイエット商品だ。






べた記事から深読みすれば A――中国と北朝鮮

香港返還から次は台湾併合かと思われた2000年、台湾での選挙への嫌がらせともいえる射撃が中国本土基地から台湾に向けなされた。米軍の機動部隊である第7艦隊の空母2隻が急行するや、中国は静まり返った。
あの時、中国と台湾との間に緊張が走ったのだが、中国はあっさりと引いた。かって陸続きのベトナム、チベットへと人民軍は侵略したのだが、海を挟む台湾へは躊躇したのだろうか。
いや、台湾との統一は中国の一党独裁放棄か、領土侵犯による侵略戦争しかないだろう。
アメリカが空母2隻を派遣させたことで、中国はアメリカの本気度を読み解き、いったんは引いたのだ。
深慮遠謀の国ならではの判断だろう。
が、10年が経ち、中国は空母を擁した、それは何を意味するか。
アメリカの第7機動艦隊とやりあうための空母を―――というわけだ。
中国は、口では『平和を』と唱えながら、裏では着々と戦略を練っていると考えたほうが自然だ。
だからかどうか知らないが、子分の北朝鮮はまるで中国のいう事を聴かない。親分が口腹を合わせないのだから、
我もといわんばかりにミサイル発射を奇襲的に実行した。
悪ガキ国家は単純だ。小日本帝国のような組織は、自慢げに、通信衛星が軌道に乗ったことを誇っているが、軍事衛星にすることはみえみえだ。
これまでロシアに借りていた通信衛星だが割高で軍事的に思い通りに使えないとばかりに、独自衛星を急いで打ち上げたのだ。
アジアでもっとも革命が必要な国はやはり北朝鮮だ。
ミサイルを作る金があれば、日本の朝鮮高校無償化の費用を持つべきだろう。




革命家モドキは武装蜂起を目指す

革命家モドキ養成講座B 武装ホウキ


革命家モドキは武装蜂起を目指す、いやちゃうちゃう、武装放棄の間違いでした。
でも、革モになるためには、毎日身の回りをせっせと革命的ホウキで掃除するべし!
昔読んだ漫画に、見習い武者が奥儀を極めようと、ある武者の弟子になるという話があった。
なんやかんやとこき使われ、最後に奥儀書を見せてもらうと、白紙だったというオチ―――。
「武芸に奥儀などない。日常の鍛錬、つまり掃除、薪割り、農作業が奥儀への近道・・・」というわけ。
平常心を養うことこそが奥儀なり、といいたいのだろう。
だから、革命家モドキを目指す者は、ホウキで掃除すべしとなる。
ちょっと、こじ付けだ、いんちきだというなかれ、筆者も居候の身でこき使われ、掃除係をやっているが、想像以上に体力を使い、気分転換と体力づくりと思い楽しく鍛えておるぞ。 σ(^_^;)?


革命的ホウキ

http://ec2.images-amazon.com/images/I/515S98KgkVL._SL500_AA300_.jpg

べた記事から深読みすれば――中国@

2012年11月26日神戸新聞の国際欄の下に
「中国初の空母 着艦試験成功」 
というベタ記事が載っていた。
中国海軍が始めて持った空母「遼寧」に艦載機「殲(せん)15」が着艦できたというのだ。

初めて中国が空母を保持したことが明らかになったとき、日本も含め周辺国は大騒ぎしたが、それはロシアの中古を改造した程度の代物で、とても主力の機動空母になりうるものではなかった。それは香港の実業家がロシアから払い下げてもらったものを又買いしたものだという。着艦用のワイヤーもついていないような中古武器を揃えたにすぎない。
機動部隊を作り上げるのに、あと10年はいや5年はかかるだろう。
そもそも、日本を越えたGDPがあるのに海軍の装備は貧弱だと思っていたが、衛星を飛ばせる力はあるのだから機動空母もその気になれば作り上げてしまうことだろう。いよいよ本気モードになってきたということだ。これまで領海外へ人民軍がでることはなかったが、今後の展開は予断を許さないといえよう。



民意とは・・・

コメントをくれたホロンさんのメッセージのなかに、民意という言葉が入っているのが気になった。
以前は、世論といっていたのが今では「民意」・・・・。
作家・古川日出男の言葉を借りれば、「民意という言葉が多用されるのは、世の中が『ロジックはもういい、気持ちだけでいいんだ』という方向にスライドしているから」だという。
確かに、論の世界は崩れてきている。
90年代にソ連が崩壊して以降、社会主義という論は消えつつあり、共産主義に未来があるとは思えなくなって久しい。
といって資本主義の論拠に楽観的に従う気もしない―――そんな気分のことをいうのだろう。論理的に築いた未来社会を夢見ることが不可能な時代なのだ。
「民意のバロメーターは快か不快かです。そこには過去ではなく現在、そして現在と直結した未来のことしか考えられない限界がある」(作家・古川日出男)とは、言い得て妙だ。
瞬間瞬間に変動する視聴率のように変わりやすい世の中になるということだろうか。
水素爆発でショックを受け原発反対になったが、電力供給のことを考えると原発賛成に変わっていくということだ。
節電で十分まかなえるのだから、今後は、災害時を考え、工場や地域ごとの自家発電設備や太陽光発電の充実を図ればいいものを原発稼動再開などを目指すのは、どの民意を反映しているのだろうか。
放射性物質を帯びた瓦礫は現地で処分すべきだ―――とは小出裕章(京都大学原子炉実験所・助教)の助言だが、現地での埋め立て材としての需要があるにもかかわらず、わざわざ、大阪まで運んで処分するのはどんな理由があるのだろうか。未来を考え、津波被害にあった海岸の埋め立てを行い、高度のある海岸線を確立すべきなのに、復興補助金のせいで、無理に大阪まで運んで焼却処分するという。焼却すれば放射性物質を濃縮することになり、それでなくても放射性廃棄物の処分場もないというのに、危険で有害なごみを敢て作るようなものだ。福島第1原発の燃料プールを冷却する水を廃棄する場所がなくなっているが、今後、場当たり的な官意を反映して処分できるのだろうか。





    >>次へ
プロフィール

海風海太郎(俗称・ようじイルカ)
ながらく、フリーライターなどやりながら、プー太郎じみた熱血迷走人生をひた走ってまいりましたが、このたび、半坊半民の宗教家じみた瞑想生活を改め、心機一転、俗界にもどることにいたしました。
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。