広告

posted by fanblog

統一教会の目的は何か

安倍政権の閣僚の大半が日本会議のメンバーであることも問題ではあるが、安倍首相の私設秘書の大半が統一教会信者がボランティアで行っていることにも驚嘆する。
統一教会の目的はいったい何であるのか、判然としない。
岸信介の時代からの付き合いがあるとか、安倍首相が幼少期に子守歌を聞かせたのが統一教会信者の家政婦さんだったからとかが理由になるわけもない。

ここにきて、ひとつの情報を得た。
といっても古い記事だが参考にはなる。
やはり、統一教会はさまざまな宗教団体に潜入?(ないし成りすまし)し、なんらかの活動を行っていたのだ。
確かに、日本の宗教団体の信者数を足せば、日本の人口の数倍にはなるのだから、流動的な信者が多いのか、複数の教団に所属しているということにはなるのだが・・・。
最近では、在特会など排外主義団体にいたし、自民党の後援会事務局に偽名でもぐり込んですらいた。
まあ、別に違法というわけでもないのだから糾弾はしないが・・・。

しかし、アメリカでも60年前から暗躍していたことから考えると、「世界征服を企むカルト教団」にしか見えなくなってくる。
60年前は、アメリカの愛国者を骨抜きにしようと躍起になっていたようだが、今、トランプという化け物じみた共和党右翼が、その姿をさらしたところをみると、統一教会のグローバリズム路線は破綻したようだ。
代も変わった統一教会が一貫した路線を歩んでいるようには思えないが、安倍政権に取り入って、いったい何をしようとしているのか、その目的はやはり不鮮明だ。



◎統一教会とオーム真理教と北朝鮮の関係
http://itisyugyousya.dousetsu.com/touitukyoukai1.html


●統一教会の目的は各国の愛国者を骨抜きにすること

 統一教会が何の為に、とりわけ宗教団体に会員を潜らせているのか。統一教会自身が、その目的を公表するはずもない。ここに極めて興味深い文献がある。アメリカの歴史修正学者であるF・スプリングマイヤー著『蛇の如く狡猾に』(1991年)である。
 スプリングマイヤーは、色々の団体(特に最近はニューエイジ宗教)に入り込むモルモン教とよく似ている団体として統一教会を挙げ、「如何に洗脳(マインドコントロールしてカネ集めをさせるエセ宗教をつくる事が出来るかの良い例である」と見ている。
 が、次の事実は日本では知られていたかどうか。
 韓国政府はロックフェラーの銀行であるチェース・マンハッタン銀行を取引先に指定した(韓国は、北朝鮮を実質的に支援している共産主義者に魂を売った!忍)。1962年10月、米国政府は同銀行の助言に従って、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)の局長に金鍾泌を就任させた。1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で世界統一政府実現を見届けたいと、たちまち意気投合した。
 スプリングマイヤーによると、第2次世界大戦直後にロックフェラーは日本で密かにかなりの株式(又は資金)を保有していたが、その日本セクターが隠密裡に文鮮明に資金援助する事を決定したという。彼の反共十字軍は、「ロックフェラーの新世界秩序(国際共産主義恐怖国家!忍)に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする」事を使命にして動き出した。これが勝共連合だった。
 スプリングマイヤーは、ロックフェラーと仕事をしている弁護士が自信をもって語った事を次の様に紹介している。
 「ディヴィッド&ネルソン・ロックフェラーは、熱狂的なグローバリストだ。文鮮明だ
 って、そうだ。統一協会の目的は、ロックフェラーが世界各国をがんじがらめにしよう
 としている国際的なタガを、基督教にはめ込んでしまおうというのだから。このゴール
 に到達する為には、チェース・マンハッタンの連中は、いわゆる共和党右翼と呼ばれる
 愛国者達を骨抜きにしなくちゃならんのだ。よく見てご覧なさい。文鮮明がやっている
 事は、それなんだよ」



コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

   
プロフィール

海風海太郎(俗称・ようじイルカ)
ながらく、フリーライターなどやりながら、プー太郎じみた熱血迷走人生をひた走ってまいりましたが、このたび、半坊半民の宗教家じみた瞑想生活を改め、心機一転、俗界にもどることにいたしました。
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。