記事の分類
最新の記事
ランキング 気が向いたら・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ


つぶやき ブログランキングへ

ファン

2015年12月10日

携帯型心電計で発作性心房細動の不整脈を記録しました


最近、オムロンの携帯型心電計(HCG-801 )を購入しました。


理由は心房細動の不整脈に困っているからです。

何度も不整脈が出ているのに(激しい動悸と息苦しさ、それに腕の血管がピクピクと動くことで分かります)、病院の心電図検査のときに限って現れない。だから医者に理解してもらえない。
言葉で説明しても医者は判断できない(判断しない)のです。
それならば発作が現れたときの記録を見てもらうしかないと考えました。


発作性心房細動で2年前に心臓のカテーテルアブレーション治療(正確にはカテーテルアブレーション心筋焼灼術)を受けました。
その後も不整脈は止まらなくこの頃では週1回の頻度で現れます。
心房細動は一回目のカテーテルアブレーション治療で約65%の治癒率と聞きます。
私の場合、その確立にはずれたようです。


心房細動の持続時間は5〜8時間で、身体を動かしていると動悸が激しく、息苦しく立っていられません。
横になっていると楽になります。


病院に行って心電図をとってもらっても不整脈を記録できません。
発作の現れるタイミングが合わないのです。
肝心なとき、すなわち心電図検査のときには決まって心房細動は起きません。
通院は何回も続きました。


ある日、掛かりつけの病院で72時間心電図記録計(ホルター心電図)を付けてもらいました。
心房細動の発作を出そうと思って、街中をウォーキングしてみましたが駄目でした。
家の階段を一階から二階へ、二階から一階へ、ドタバタとやってみましたが発作は現れません。


バカげています。
無理矢理に不整脈を出そうとしているのですから。


72時間心電図記録計にも不整脈を記録できませんでした。
72時間記録しても現れないのですから、「不整脈はない」状態と医師は判断しました。


ないものをあると言い張る困った患者だと思われていないか?
通院して心電図検査にかかる費用が無駄ではないか?
仕事を休んで通院することは時間の浪費ではないか?


捉えられない不整脈を相手に考えてしまいました。
残念なことに72時間を過ぎた次の日に不整脈が現れました。
もう一日分記録できたらと思うと、腹が立つやら、泣きたいやら複雑な感情とともに疲労感さえ覚えまし。


心房細動は脳梗塞を引き起こす原因の1つでもあります。
放置する訳にはいきません。


健康を守ることと、不整脈を絶対に捉えることに闘争心が湧きオムロンの携帯型心電計を購入しました。




【ポイント3倍】オムロン 携帯型心電計 HCG-801 心電図印刷ソフト+SDセット(心電計)【はこぽす対応商品】【P08Apr16】



楽天市場 ショップ名:吸入器コム〜ネブライザ各種取扱〜



使い方はすごく簡単で、発作が現れたら胸にあてて、記録開始ボタンを押すだけです。
約30秒後に記録が終了し、液晶画面で波形と脈拍数と解析結果を確認することができます。
必要があればパソコンに取り込み、PCの画面でも確認できて印刷もできます。


準備万端のなか発作性心房細動は突然に起きました。

オムロンの携帯型心電計の説明書きの通りに操作しました。

突然現れる発作に対応できる優れものです。
約30秒後には不整脈を記録できました。


写真はその時の心電図です。

CIMG3844.JPG



記録した心電図を印刷し病院に行きました。


写真は不整脈を記録した心電図を印刷したものです。

CIMG3872.JPG




医者は一目で心房細動と判断し、二回目のカテーテルアブレーション治療を提案しました。


これまでは不整脈を医師に伝えても信じてもらえなかったけれど、症状がある時にタイムリーに記録した心電図を医者に見てもらうことができました。

カテーテルアブレーション治療後も心電図を家庭で記録できるので安心です。





ポイント2倍!《あす楽対応》【新品・正規品】【送料無料・代引手数料無料】オムロン 携帯型心電計HCG−801動悸などの症状をその場で記録【不整脈】【02P08Feb15】


楽天市場 ショップ名:ホスピマート


>>>楽天の「オムロン 携帯型心電計」一覧を表示します。


>>> 楽天の「オムロン 携帯型心電計」に関するレビュー・口コミ を表示します。



オムロンの携帯型心電計(HCG-801 )を購入する理由をユーザの口コミから探してみました。

●今まで何度も不整脈の発作が起きていて、病院に行くと治まっていました。ホルター心電図をつけても、その時は発作が出なかったりと、病院につぎ込む金額に頭を抱えていました・・・。

●以前から動悸や徐脈で体調が悪くなることがあったのですが、いざ病院に行っても検査で異常は出ず、いつも「様子を見たら」で終わるので、病院代がもったいないと感じていました・・・。

●私のように発作的に発生するケースでは、なかなかしっぽがつかめません。言葉でどんなに説明しても医者は病名の判断が付きません。そこで、私はこの商品を常時携帯し発作のデータを取得しました。このデータを病院に持参したら、即手術ということになり、今は発作の恐怖から解放されました。


●健康診断や発症したときにかかった病院で不整脈データが取れれば、こんな商品を買わなくてもよいです。しかし、私のように発作的に発生するケースでは、なかなかしっぽがつかめません。言葉でどんなに説明しても医者は病名の判断が付きません。そこで、私はこの商品を常時携帯し発作のデータを取得しました・・・。

●うちで発作が出ても病院に行くころには落ち着いてしまい、いつも先生に大したことはないといわれて不安でした。これを購入して発作時の記録を先生に見せたらすぐ検査と薬が出ました。




「広告」







ブログランキングに参加しました
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ


つぶやき ブログランキングへ

検索


     「広告」








写真ギャラリー
リンク集
最新コメント