2018年07月16日

オレ様ロマンス〜The 7th Love〜 13話・14話 あらすじ

スポンサーリンク




1・2話 3・4話 5・6話 7・8話 9・10話 11・12話

《13話》

ヌオは、ブルースが「ビンビンに告白する」と言う発言を聞き動揺した。

食事をしに行くとビンビンがいたが、二人の間にには気まずい雰囲気が流れる。

その時、ビンビンの携帯にブルースからスイーツの試食会のお誘いの電話があった。

お店に行きブルースが作ったスイーツを食べていると、ヌオの姉でありブルースの元恋人・ミンが現れる。

自分の事を【恋人】だと紹介されたが、ビンビンはミンに見せつけるために利用されたのだと感じ悲しくなった。

ブルースの告白を断り家に帰ると、ヌオが待っていた。

ヌオはブルースの告白をビンビンが受け入れると思っていたが、断ったと知り笑顔になる。

ビンビンがふざけて彼のケガした場所を叩いてしまったため、傷口の処置をした。

その時、ヌオの胸にハートのあざがあるのをビンビンは見つける。

ビンビンが幼い頃、ヌオの双子の弟・ジェンに同じあざがあったのを覚えていたため、そのことを質問した。

話を聞くうちに、もしかしたら海に沈んだのはジェンではなくヌオなのではないかと思いビンビンはヌオに聞いた。

「ジュリエットとして話を聞く」と伝えると、ヌオは「ジュリエット以外に話せない」と前置きをし、真実を話し始める。

話し終えた後、涙まで流したヌオだが、突然「今の話は嘘だ」と笑いだした。

翌日、ビンビンがブルースのお店に行くと施工業者ともめていた。

ビンビンが指示したことが原因だったため、ブルースに怒られ落ち込む。

ヌオにロミオとして相談した。

ビンビンが自分に相談してくれたことがうれしかったヌオは、自然と笑顔になる。

夜、ビンビンはヌオに相談しに行くと話を聞いてくれるが慰めてはくれない。

しかし、昨日のロミオの話は本当だった。

ビンビンが「仮面を外せるのは自分しかいないのよ」と伝えると、ヌオは涙がこぼれる。

ヌオは15年間誰にも言えなかった秘密をや思いを全てビンビンに話した。

スポンサーリンク




《14話》

罪悪感から仮面をかぶったが、実際は一人の人生しか生きられなかった。

ジェンは消えた。

ロミオになった時だけ、ジェンが生きているように感じられた。

そう言うヌオに対しビンビンは「久しぶりね、ジェン。子供のころ以来だわ」と声をかける。

その日の夜、ビンビンはロミオを対戦に誘った。

翌日、ビンビンがお店に行くとブルースが怖い顔をして待っていて、スイーツを作っていた。

恐る恐る近づくと、スイーツに「ごめんなさい」と書かれており「付き合ってほしい」と告白される。

2度目はないと感じたビンビンは、「お願いします」と返事をした。

ヌオはビンビンのためにプレゼントと食事を用意して待っている、幸せいっぱいのオーラをまとったビンビンが帰って来る。

すぐにブルースとのことを報告するビンビンだったが、ヌオは複雑。

それでも「あなたに一番最初に報告したかった」と笑顔で伝えてくるビンビンに何も言えなかった。

ヌオはアイジェンに誘われブルースたちと食事に行くが、そこで二人の仲良い姿を見せつけられ嫉妬してしまう。

ビンビンは自分の事を心配してくれるが、ヌオは彼女に対し冷たい態度をとってしまう。

どうしてなのかヌオ自身もわからなかった。

ブルースのお店の開店記念パーティーにヌオ姉が来る。

ビンビンとブルースの仲に嫉妬した彼女は、パーティー会場でビンビンの事を悪く言い始めた。

翌日、ヌオ姉は再び店を訪れブルースに謝るが、ビンビンの作ったスイーツもメニューも店の内装まで全部を否定する。

最初はビンビンをかばってくれていたブルースも、最終的にはヌオ姉の意見に従っていた。

スポンサーリンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7875962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新記事
ファン