KUWAOSA-158
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
記事ランキング
リンク
QRコード

その他・全般ランキング

2020年08月24日

作り手が責任と自信を持って製品を作り続けるために創業したのが鞄ブランド「いたがき」

header.jpg


【いたがき】

戦前戦後の時代、徒弟制度の最後の世代として15歳から鞄作りを学んだ創業者、板垣英三。
高度経済成長の真っ只中、大量生産期には、大手バッグメーカーでスーツケース開発の現場長としてキャリアを積んだ、異色の職人です。

人に頼らず、時代に流されず、作り手が責任と自信を持って製品を作り続けるために創業したのが鞄ブランド「いたがき」です。

○妥協はしない。
○真似はしない。
○無駄にしない。

その基本姿勢の象徴として生み出されたのが、今もなお代表作として愛され続けている「鞍ショルダー」です。

使い込むほどに味わいの増す、「いたがき」の製品。
馴染んだ革の優しさは、使った方でなければ分からない感動があります。
「いたがき」の製品には、末永く使えて愛着の持てる製品を皆様にご提供したい、という職人の思いが込められています。

60H-itagak150201_m.jpg60H-itagak150202_m.jpg


60H-itagak150204_m.jpg60H-itagak150302_m.jpg


60H-itagak150206_m.jpg60H-itagak150205_m.jpg


60H-itagak150207_m.jpg60H-itagak150210_m.jpg


革製品 カバン・財布 「いたがき」はこちら
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/l/1eC11000000

東急百貨店ネットショッピング







この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10144234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック