広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年04月21日

沖縄独特の面白集!!

00ad9307c090bf813120cfa16945c360_s.jpg
沖縄独特の面白集!!

沖縄には、本土と違った文化が根付いています。
色々面白い習慣や言い回しなどがありますね。
そんな、沖縄人の「面白いとこ」を集めてみました。



○正座のことを・・・「ひざまずき」という。
○年配の人は、名詞の語尾に・・・「小(ぐぁー)」をつける。
○どんなことでも・・・「だからよ〜」で済ます。
○困ったときは・・・ユタにきく。
○基本的に・・・傘はささない(天気予報がコロコロかわる)。
○〜”くん”とか、〜”ちゃん”の代わりに・・・「ひ〜ろ〜」みたいに伸ばす。
○「私は」という代わりに・・・「自分は」とか、名前を言う女性が多い。(あきこの場合 例:あーきーはさ〜 など)
○沖縄は一年中・・・「いしや〜きいも〜」が聞こえる。
○沖縄人は一年中・・・おでんを食べる!
○味噌汁という・・・定食メニューがある。
○飲んだ後はラーメン・・・じゃなくて「ステーキ派」も多い。
○沖縄そばは・・・そば粉を使っていない。
○地域ごとに・・・方言が全然ちがいすぎて英語より難しい。
○なにがあっても・・・なんくるないさー(どうにかなる)。
○「あぶない!スピード落せ!」の看板は・・・「美人多し、スピード落せ!」とちょっとアレンジされている。



などなど、まだまだ面白いところがいっぱいありそうです!

2016年04月14日

沖縄そばの歴史とレシピ♪


沖縄そばの歴史とレシピについて。

Screenshot_2016-04-13-19-49-01.jpg天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム


■沖縄そばの始まり。
1400年代に今の中国「明」から伝わったとうい説。
1500年代に、琉球との交易団「冊封使(さっぷうし)からもたらされた」という説。
説はさまざまだが、はっきりしたことはわかっていない。

■沖縄そばの昔々
「沖縄そば」は、昔、中華麺と同様の作り方で「支那そば」という名称だった。
小麦粉などが高価だったため、もともと宮廷でのみ食されていたという。

そんな「沖縄そば」が庶民にも広まったのが、明治〜大正にかけて。
その流れを経て、今のような沖縄そばが食べられるようになったようだ。

天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム


■明治〜大正〜現在にかけての「沖縄そば」&スタイル
当初は、豚骨のダシと醤油を使用した濃い色のスープだった様子。
具は、豚肉、ネギというシンプルスタイル。
戦後、米軍が配給する小麦粉が大量に出回り、沖縄そば業界も復活。
時代とともに少しずつに改良され、塩ベースの薄い色のスープと三枚肉など様々な具材が登場。
紅ショウガやかまぼこなどの具材もでてきて、現在のような形になっていったようです。
 今では、「沖縄そば」といえども、たくさんのバリエーションがある。
野菜そば、ヤギそば、ヨモギそば、アオサそば、てびちそば、三枚肉そば。
離島や地域の名前がついたそばも多く宮古そばや八重山そば、名護そばなどがある。

■沖縄そばの作り方
▼出汁作り
○豚で出汁をとり、カツオや昆布の出汁をあわせて作るスープをつくる。
○塩または醤油で、スープの味を整える。
▼そばの生地作り
○小麦粉に、かんすいか灰汁を混ぜ込んで練って、寝かせる。
○生地を好きな太さに切って、揉んでちぢれをつけた麺を茹でる。
○その麺を熱いうちに油をまぶして自然に冷す。

○最後に、スープと麺を合わせ、お好みのトッピングをすれば出来上がり。

■「沖縄そば」関連情報
○10月17 日「沖縄そばの日」
公正取引委員会にて正式に「本場沖縄そば」の名称使用が認可された、10月17日は「沖縄そばの日(1978年)」。

天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム

2015年03月31日

アグーとは?

【豆知識1】アグーとは・・・ 

○600年ほど前に中国からもたらされ、沖縄で飼い続けられてきた島豚。数が少なく、希少価値が高い豚なため高額になる。

○旨み成分が一般豚の3倍。コレステロール一般豚の1/4.肉が柔らかく、臭みが少ない、アクも出にくい。コラーゲンたっぷり。

2015年03月30日

紅型とは・・・

【豆知識】紅型とは

紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つで、紅型の「紅(びん)」は色を表し、「型(がた)」は「模様」を指していると言われる。

・起源は13世紀〜14世紀頃と推定され、琉球王国の時代、主に王族や士族の衣装として着られていたということです。


※工程・・・
まずは、紅型の模様となるの型紙をつくり、作った型紙を張る「糊(のり)」を作る。

続いて「型置き(かたおき)」。型紙の上に均等にのりを置いて、紙を丁寧にはがしていきます。

続いて「色さし」に入ります。まずは、色を配色し、配色した色を、「二度すり」し色を定着させ、隅(すみ)取りで模様の立体感を出していきます。

「水元(みずもと)」という行程で、のりを取りのぞき、乾かして紅型の完成です。

2015年03月29日

沖縄そばとは・・・

沖縄そばとは

○沖縄そばの始まりは、1400年代に、中国の交易団、冊封使(さっぷうし)からもたらされ、当時の沖縄そばは、中華麺と同様の作り方で「支那そば」という名称だった。

○小麦粉などが高価だったため、もともと宮廷でのみ食されていた。

○明治〜大将にかけて庶民にも広まり、今のような沖縄そばが食べられるようになった。

○沖縄そばの出汁の一般的な出汁作り方。「豚で出汁をとり、カツオや昆布の出汁をあわせて作る。」
プロフィール
最新記事
カテゴリアーカイブ
関連サイト
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。