広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年06月10日

沖縄の穴場動物園!第一弾 入館料無料なのに楽しい&動物いっぱいの『ミニミニ動物園』

はいさい!

今日ご紹介させていただくのは、沖縄中部にある、カワイイ名前の動物園「ミニミニ動物園」をご紹介します!! 
 
この「ミニミニ動物園」は沖縄の中部、うるま市の赤道(あかみち)というところにあるんですが、「ミニミニ」という割には結構大きいんです!

ミニミニ1.jpg

しかもミニミニの割に、動物もいっぱい!!

ミニミニ2.jpg

ミニミニ4.jpg

ミニミニ6.jpg

ミニミニ5.jpg

ミニミニ8.jpg


インコやふくろう、ダチョウ、馬、ロバ、カメレオン、サル、かめ、やぎ、など写真以外にもまだまだいっぱいの動物がいましたよ!

実はこの「ミニミニ動物園」、母体は養鶏場で、正式な名前は「ズケラン養鶏場 ミニミニ動物園」といいます。

養鶏場のオーナーが、動物好きで、「自分の好きな動物たちを、一般の人にも楽しんでほしい」という気持ちから出来た動物園なんですね。

しかも入場料は無料なんです!すごいでしょ。

養鶏場が母体なので、施設内に、卵が売られていたり、この卵から作った、美味しいパイやケーキ、シュークリームなどが売られています。

ミニミニ3.jpg

ここのシュークリームがまた美味しくて、最高でしたよ!

沖縄では、ズケラン養鶏場のシュークリームは有名なので、沖縄旅行に来た際には是非、動物たちに癒されながら、シュークリームを食べ、あまーい思い出を作りに、「ズケラン養鶏場 ミニミニ動物園」に行ってみてくださいね!


■ズケラン養鶏場 ミニミニ動物園
〒904-2245
沖縄県うるま市 赤道660
TEL: 098-973-4323

年中無休
※詳細は、ミニミニ動物園とネットで検索すると、地図が出てきますよ!


2015年04月17日

那覇の夜おもしろい穴場スポット!沖縄レトロを感じられる商店街「栄町商店街」 沖縄の穴場スポット第1弾!

那覇市の夜の穴場スポット「栄町市場商店街(さかえまち いちば しょうてんがい)。

sakae2.jpg

天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム


沖縄に旅行に来る人は、まず綺麗な海をみたり、
首里城や美ら海水族館など、
有名な観光スポットを巡りますよね。

有名な観光地を回ったあと、
晩御飯でお酒を飲みながら、
土地に酔いしれるのも楽しいです。

地元人との出会いがあったら
更に楽しい旅になるのでしょう。

初めて沖縄に来た方、リピーターも楽しめる場所、
それが「栄町商店街」だと思います。^^

sakae4.jpgsakae7.jpg

お昼は、八百屋さんや衣料店などで割と静かなんですが、
夜はがらっと変わり、飲食店がズラリと並んでいて、
この夜が面白いんです。

栄町市場は、沖縄人、特に那覇の人にとても人気で、
毎晩行列が出来ている有名店の「餃子のべんり屋」があったり、
焼き鳥屋やバー、音楽を楽しめるレトロなお店まで、面白いスポットなんです。

旅の醍醐味の一つといえば、やっぱり人との出会い。

夜の「栄町商店街」にいけば、地元の人や、
県外から移住してきた方もよく飲みに来られるので、
絶対に面白い出会いがありますよ。

ここで出会って結婚しちゃったって方もいるぐらいですからね〜(笑)。

しかも、どの店も安くてリーズナブルな価格なので、
数千円で何件もハシゴできますし、昭和にタイムスリップしたみたいな
独特のムードが同時に楽しめます。

また、栄町では6月〜11月(月の最後の土曜)に、
「栄町屋台祭り」というお祭りを行っていて、
これもまた面白いです。

sakae1.jpgsakae3.jpg

栄町でお店を出している方々がバンドを組んで祭りに出演したり、
栄町のダンスチームが余興をして盛り上げたり、なかでも、栄町で働くおばーちゃんたちが、
「おばーラッパーズ」というラップユニットを組んでいて、沖縄ではとても有名なんです。

「屋台まつり」期間は、栄町のお店の方々みんなで、
この周辺の地域と期間限定のイベントを盛り上げているんですね。

この余興がプロ顔負けで、栄町のバンドマンやおばーラッパーズは
既にCDもリリースしていて、売れっ子なんです。

天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100 ザ・プレミアム


最近ではなかなか味わえない、
人の温かさ、ぬくもりを感じる本当に良い商店街なので、
是非一度見に行ってみてくださいね。^^

※栄町市場ついての豆知識
栄町市場は、戦後の復興時に誕生して、
今も、当時とほとんど変わらぬ姿で商店街が現存しているようです。


だから、昭和の雰囲気が残っていると言われているんでしょうね。

※アクセス 住所:沖縄県那覇市安里388-8(モノレール安里駅(あさと えき)徒歩1分)

[ここに地図が表示されます]

プロフィール
最新記事
カテゴリアーカイブ
関連サイト
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。