2018年11月24日

クロスセルの醍醐味!

ども!

お疲れ様です。今日はモバイルの開通サポートでお客様のご自宅に伺いました。モバイルの開通はデータの引き継ぎに時間がかかります。お客様と趣味の話をしたり、仕事の話をしたり、楽しく営業をすることが出来ました。

お客様から「一人だったら大変だったよ」と言って頂けて嬉しかったです。

みんなの力があったからそう言って頂けたと思います。

冨所が菊名で営業して→原さんがアトカクして→吉原が携帯コールして→スズケンが携帯の営業をして今日開通が完了しました。

一人のお客様に対してクロスセルをすることにより、お客様と長く深く付き合うことが出来て、喜んで頂ける総量も増えます。モバイル事業部、エネルギー事業部の立ち上げが重要であり、各事業部の連携が顧客への価値の最大化に繋がると感じました。

これからみんなで連携してLIC事業部を作っていきましょう!

2018年11月07日

モバイル事業部の戦略!審査の時間をエンターテイメントに!

ども!

お疲れ様です。モバイル事業部を始めて3カ月経ちました。少しずつ成果が出てきましたが、問題点が山積みです。それをこれから抜本的に解決していきます。

一番の問題点は契約の意思を頂いてから切り替えまでの時間が長過ぎる点

アポ取得→営業→登録→端末発注→確認IVR→在庫発送→切り替えIVR→設定

合計で1週間〜3週間くらいかかります。

モバイル事業部は将来的には紹介の販路を作りたいという目標があります。しかし、これではショップで契約した方が楽だし簡単だから友達は紹介出来ないとなってしまいます。お客様にとってショップで契約する方がメリットがあれば私たちが営業する意味がありません。

これからは

アポ取得→営業→登録→端末発注→確認IVR→在庫発送→切り替えIVR→設定

このスパンを一日で完結。ショップのスピードに合わせます。そのためにディリットで在庫を抱えること、登録用ipadを用意することこちらが必要です。アポから3時間で開通出来るフローを作ります。ショップと同じスピードです。ショップでは他のお客様がいれば待ち時間もありますが、僕らの営業であればその必要がなくお客様だけに対応します。

そして、その審査までの待ち時間でお客様とコミュニケーションをたくさんとり楽しい時間を演出したいと考えています。たとえば、審査で時間が掛かるので一緒にカラオケいきませんか?一緒にビリヤード行きませんか?ただ待っている審査の時間をエンターテイメントにしていきたい。コミュニケーションをとることで信頼が生まれ紹介のチャンスが生まれす。

携帯の契約を楽しい時間にするという目標を掲げて、それを実現して顧客満足度を高めて紹介につなげていくためにも、お客様に喜んでもらえるフローを構築します。

2020年までに100人規模の会社を作るためにモバイル事業部の発展が鍵にになります。

お客様に喜ばれる仕組みを作っていくのでみんなもモバイルをガンガン勧めて下さい。よろしく!
検索
ファン
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
さんの画像

元サッカー少年、元ソウルサーファー、横浜で会社を経営しています。
プロフィール