2017年01月24日

才能よりも努力!やり抜く力!

ども!

お疲れ様です。年始にやり抜く力という本を読み気付きがあったので共有します。社会に出て活躍する人はどんな人なのか?うちの会社でも挫折せずに活躍している人はどんな人なのか?そんなことを考えるとコミュニケーション能力が高いとか、IQが高いのではなく、やり抜く力がある人だと思いました。

ビルゲイツも採用テストでは簡単な単調なトラブルシューティングにひたすら何時間も取り組む問題を出題していたらしい。この試験で問われるのは、IQやプログラミングスキルの高さではなく、それよりも、粘り強く黙々と問題に取り組み、最後までやり遂げる能力を試すものだった。採用したのは、課題を最後までやり遂げたプログラマーだけだった。

ビルゲイツもやり抜く力を重要視していた。

やり抜く力とはどういう力なのか?
        
「目標に向かって粘り強く黙々と問題に取り組み、最後までやり遂げる能力」

やり抜くためには

興味→楽しいと思えるかどうか?
練習→日々成長を感じることが出来るか?
目的→誰かのためになっているか?人生のテーマに繋がっているか?
希望→ポジティブに取り組むことが出来るか?

この条件が満たしていないとやり抜くことは出来ない。自分にとってやり抜いた経験を思い返すとこの4つ要素がちゃんとありました。逆に簡単に挫折してしまったことはどれかが欠けていた。

営業は大変なことが多いですが、
楽しいことがあったからやり抜くことが出来た。

・お客さんとの駆け引きがうまくいった時
・結果が出て給与が上がる時
・お客さんと心が通じあえた時
・仲間と目標を達成した時

営業は日々成長を感じることが出来た。

・獲得件数が増えた時
・苦手なタイプのお客様から契約してもらった時
・出来ないスキルが出来るようにになった時
・結果が出ない部下が成長して結果がでた時

目的を持って仕事をしていた。

・営業でお金を貯めて起業する。
・起業する時のために営業スキルをつける。
・人に良い影響を与えられる人になりたい

ポジティブに仕事をすることが出来た。

・今できることを一生懸命やることが将来に繋がると思っていた。
・うまくいかないことがあっても死ぬわけじゃないと思っていた。
・駄目だったら佐川で気合いと根性で月収40万の精神でいた。

ビルゲイツは面接の時に2年以上の課外活動をしているかどうかも必ず聞いていた。その期間なにかに一生懸命取り組み成果を上げたか?なにやっても続かないような人材は不要だと思っていた。

株式会社ディリットは大学生にとってひとつの課外活動の機会を提供したい。自分に自信がないという人がディリットでやり抜くことを経験をして自信をつけて欲しい。ディリット出身者はやり抜く力があるねと言われるようにやり抜くことを文化にしていきたいと思います。

やり抜く力の著者のスピーチ!


2016年11月03日

社会に出て活躍する人の考え方!その2!群像の感覚!

ども!

お疲れ様です。先日リーダーミーティングの時に、一生懸命頑張っているのに成果が出ないメンバーをどうしたら成果を上げることが出来るか相談されました。その時にふと林修先生が言っていた「群像の感覚」の話を思い出した。 

群像の感覚とは「群像」の中に自分を置いてみて、自分がどういう状況でどの役だったらできるのかを客観的に見る目感覚のこと。

簡単に言うと自分はこの仕事内容が向いているのか?向いていないのか?自分がその集団でどのように役立つことが出来るのか客観的にみる力のことです。

向いているとはどういうことか?

@最低限の成果を上げることが出来ること
A仕事に意義を感じ楽しいと思えるのか
B仲間とノリがあうか

自分もいろんな仕事をしてその集団の中で向いていると思うこともあれば、向いていないとすぐ辞めたことある。

・皿あらいのアルバイトでは、人並み以上に仕事が出来たけど、やりがいを感じず半年で辞めた。
・サラリーマン時代では上司の機嫌とりのスキルが足りずサラリーマンに求められる最低限の成果を上げることが出来ずに1年持たずに辞めた。
・飲食店の強烈な上下関係についていけずに辞めた。

そして紆余曲折しながら、起業した。そして今は3つの条件がクリアして楽しく仕事をしている。

世の中にはたくさんの業種があり、職種があり、たくさんの働き方がある。就職してしまったから向いてないと思っても愚痴りながらずっと仕事をするのは不幸せなことだと思う。

大学時代に自分がどの仕事が向いているのか見つけた方がいい。自分もガソリンスタンド、スーパーでの品出し、旅館で接客、ピザの配達、結婚式の配膳、引越し、いろんな仕事を経験して、営業の仕事に出会いました。

そこで重要なのが、

中途半端に仕事をすると向いているのか?向いていないのか?この判断が出来ない。時間を無駄に使うことになる。本気で頑張って無理なら自分が活躍できる仕事を探せばいい。大切なのは本気で仕事をすること。そうすればどちらにせよ道が開ける。

営業の仕事が向いてると思えたら将来の出来る仕事の選択肢も広がる!本気で営業頑張りましょう!

橋下さんの動画1分10秒〜がハイライトです。
この動画をみて橋下さんのファンになりました。


2016年10月20日

社会に出て活躍する人の考え方!その1!他責にしない人!

ども!

お疲れ様です。最近面接に来た大学生と話ながら自分自身でも気付きがあったで共有します。

先日ある大学生が面接に来ました。どうやら他の代理店で営業をしているが会社に不満があるため他の会社を探しているらしい。

大学生→「上司がグレート−クでも獲得するようにと指導します。それが嫌なんです。」
    「部下を道具のように自分のためにつかうんだと教えられました。それは納得できません。」
    「会社にうまく使われている気がするんです。」


彼の口から出る言葉はすべて自分は問題ありません。所属している会社が悪いと言う。それを聞いたときに、彼が言うことは一見正論だが社会に出ても活躍できない人材になると思いました。


「グレートークを使いたくないんだったら、使わなくても成果が上がる方法をなぜ考えなかったのか?」
「上司に自分の考えを伝える努力をなぜしなかったのか?」
「上司の考えを理解する努力をなぜしなかったのか?」

責任はすべて相手にあり自分でその問題点を打開しようとする意欲がない。社会にでたら嫌な上司もいるし、理不尽なお客様もいる。その都度相手の責任にしても意味がない。他責にしないで、自分の問題点を見つけ打開策を考えることが出来る人材が社会にでて活躍すると思う。

偉そうなことを言っているが自分も正論を言って他責にする人間でした。

「サッカーのコーチの考え方がおかしいから他のチームに行きたい」
「大学時代の部活も年功序列がめんどくさいから辞めたい」
「上司が理不尽で間違ったやり方を押しつけてくる」

昔はいつも愚痴を言っては自分を正当化していた。でもそんなことを言ってる時はいつもうまくいかなくなった。この歳になってやっと高校の時の先生の言葉にありがたみを感じる。

「小島は言い訳ばかりだから駄目だ」
「小島は心技体の心が駄目だ」

昔は自分も他責任にする人間でした。社会にでてサラリーマンを経験して、経営者になって少しずつ他責にしなくなってきた。大学生の時からこのことに気付くことが出来れば未来は変わると思います。

「他責にしないで自分自身で問題解決できる人になりましょう!」

【橋下さん対他責女子高生】



2016年07月22日

率先力を発揮する!主体性について

ども!

お疲れ様です。仕事をする上で一番根幹の部分の「主体性」について話をします。

【率先力を発揮して責任を持って行動する!】

これは起業する時に一番最初に作った社訓です。それは一番自分自身が大切にしていることだからです。

・サッカー選手になりたかったから小学生の時にひたすら練習した。
・サーフィンを上手くなりたいから湘南に住みたいと思ってバイトを頑張った。
・海外に行きたいからお金貯めるために営業でお金を稼いだ。
・起業するためにスキルを身につけるためにリクルートで営業をしまくった。


上司にあれやれこれやれと言われるのが嫌でサラリーマンを辞めた。やりたくないことをやるのだけは嫌だった。自分の人生は失敗だらけだけど、主体性を失ったことは一度もないとういう自負がある。


そんな想いで仕事をしていてもコーチングとティーチングのバランスを間違えると主体性のない組織になってしまう。

ティーチングとは→知識をスキルを教えるのに適している。ただ一歩的なコミュニケーションになってしまうことがリスク。
コーチングとは→目標達成に向けて手助けをするイメージ。初期にやってしまうとやり方がわからなくて迷走してしまうことがリスク。

このバランスがとても大切でティーチングをし過ぎると主体性が欠けていく。コーチングをし過ぎると迷走してしまう恐れがある。これからは結果とプロセスをきっちりウォッチしてコーチングをしていくことにします。

『全員が率先力を発揮する組織を目指します!』

「なんのためにこの仕事をしているのか?」
「お客様にどんな価値を与えたいのか?」
「お金はどれくらい稼ぎたいのか?」
「目標と現状の埋めるために何を今までと変えるのか?」

自分自身で自問自答して

人生の目標達成に向けて
1年の目標達成に向けて
3カ月の目標達成に向けて
1カ月の目標達成に向けて
1週間の目標達成に向けて
日々の目標達成に向けて

主体的に行動しましょう!

【自らによって機会をつくり、自らによって成長せよ!】




2016年07月02日

人格は簡単には変わらない!変えられるのはスタンス・商品知識・スキル!

ども!

お疲れ様です。最近なかなか結果がでなくて悩んでいる営業マンと話しました。何が問題なのかを聞いてみると

「苦手なお客様が連続するとモチベーションが落ちてしまうんです。お客様がいやそうな顔をしていると、気落ちしてしまいます。どうしたらいいですか?」


ポイントがずれていることに気付きました。

成果が出るための要素は4つあります。


【人格・資質】=気が弱い、気が強い、すぐに相手の表情を気にして怖くなってしまう。あまり気にしない、怒られると落ち込みやすい、楽天的、暗い、明るい、などなど

【スタンス】=お客様のためになりたい、売上が上がれば他は気にしない、与えられた仕事だから仕方なくやっている、将来の自分のためだと思い真剣に取り組んでいる。

【スキル】=聞く体制をとるスキル、クロージングスキル、イエスを重ねるスキル、メリットを伝えるスキル、同調スキル、スキル

スキルについては過去に書いたもの→http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/58/0
                http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/45/0
                http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/44/0
                http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/40/0
                http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/34/0

【商品知識】=他社の解約料、他社の通信速度、自社商品の強み、固定回線の便利な活用方法、業界の今後の流れ、などなど


この4つの要素の中でその営業マンは最も変えることが難しい人格や資質のところで悩んでいました。僕も営業で苦手な人が連続して出てきたらテンションは下がります。それをどうにかしようなんて解決するのは難しい。それよりもスタンスやスキルや商品知識この三つを磨く方が結果を出すための近道です。

お客様のためになりたいというスタンスで仕事すれば、どうすればメリットが出るかを真剣に考えて、商品知識が自然とついてくる。そして、メリットがでるのに検討になってしまう場合はお客様のためにならなかったと悔しがり、スキル不足に気づきそこを改善する。

変えられないことを悩むのではなく
変えられることに集中しよう!

仕事へのスタンス(なんのために仕事をいているのか?)!

お客様へのスタンス(お客様にどのような価値を与えたいか?)!

商品知識×スキル!

結果がでる!

自信がつく!

マインドがかわる!

人格がかわる!


この順番で人は成長するのだと思います。スタンス→商品知識×スキルこの三つを高めていきましょう!


林修先生の話はわかりやすく本質をついていると思います。

2016年05月26日

トップ営業マンの秘訣!お客様の心を掴む!

ども!

お疲れ様です。先日お客様のご自宅に伺ってインターネットの設定をしました。お客様はとても優しい方で楽しい時間を過ごすことが出来ました。弊社トップ営業マンのお客様だったのですが、対応には問題があったのですが、最終的にはありがたいことに弊社営業マンのこと褒めて頂きました。お客様と営業マンの関係をみてなぜトップ営業マンなのかヒントがあったので共有します。


お客様の心を掴んでいる。

『とても話やすくて彼は営業に向いているね』そう言って頂きました。話やすい雰囲気をつくり、お客様の心を掴んでいるんだと思いました。

お客様の心を掴むためには、

@お客様のために最善を尽くす気持ちで営業している。
A話したい売りたいではなくて聞くことに徹している。

商品関連のことだけではなくお客様のプライベートのことまで聞いて人間関係を作っている。コミュニケーションする相手のことに心から興味を持ちお話頂いた内容に共感している。人が他人とコミュニケーションをとるために大切なことを営業の現場で実践している。

よく営業の本に

『営業は商品を売る前に人を売れ』

本当にそうだなと思いました。メリットはあるのに検討しますと断られてしまい、検討理由も明確ではない場合は信用されていないと思った方がいい。お客様の心を掴みお客様が味方になってくれた時の楽しさが営業の楽しさだと思います。

人の心を掴むスキルを身につけたら将来必ず役立つ。お客様の心を掴む営業が出来るようになるために頑張りましょう!

人の心を掴む田中角栄の人間力。いつの時代も人の心を掴む人間力がある人が社会で活躍する!

2016年05月03日

新企画発足!社会で活躍するビジネスマンを招いた食事会!

ども!

お疲れ様です。先月からリクルートラーニングクラブに営業マンが参加したところ

・すごい勉強になりました!
・早く営業に活用したいです!
・新しい発見がありました!

などなど反響の声がありました。ご提供頂いたリクルートラーニングの皆様ありがとうございました。先月から始まった外部研修参加制度のプラスの影響もあり営業目標を達成することができました。今月から更なる刺激になる機会を大学生に提供します!

『一流の社会人とお寿司を食べる会』

僕の知り合いの尊敬するビジネスマンの方を招いてお寿司を一緒に食べる会です。営業成績上位3名だけが参加資格があります。お寿司を食べれるだけではなく将来の目標である一流の社会人の方と意見交換をすることが出来ます。普通の大学生活ではなかなか会えないような方と会える貴重な機会です。

ねらいは、その方からたくさんの話を聞いてほしいです。

たとえば

・社会に出て活躍するためにはどんなスキルを大学生活で身につけるべきなのか?
・今まで挫折はあったのか?それをどのように乗り越えたのか?
・今の仕事のやりがいはなんなのか?

そんなことを聞きながら一流の社会人はどんな人なのかを肌で感じてほしいです。最終的にはこの会に武井壮さんを呼びたいと思っています。



2016年04月26日

さらなる成長の機会を!外部研修制度開始!

ども!

お疲れ様です。今月から営業メンバーがリクルートの研修に無料で通える制度を作りました。その制度を作ることの意図について共有します。


『教わる人は教える人を超えることが出来ない。』

この意味をポジティブに考えると、教える人は常にレベルアップを図らないと部下を成長させることが出来ない。だから常に教える側は進化しなければいけない。

この意味をネガティブにとらえると、一人ですべてを教えようとすると限界があるということです。

更なる成長の機会を提供するためには自分の知識やスキルだけではなく、他の優秀な方からの知識やスキルを習得する場を作ることで、自分の知識やスキルを超える人になって欲しい。よくつまらない上司は自分の影響力を誇示したいので他の人からの指導を嫌うことがあります。そんな小さなことは考えずにとにかく成長するために必要なことはすべてやっていきたい。


トップが出来ることをただやってもらう会社にしたら会社は成長しない。トップが出来ないことでも社員が主体性を持って働き社員が仕事を創造していくような会社にしたい。会社の主役は現場で働く社員であり社長ではない。

トップの役割は

・成長できる環境を提供すること
・会社の理念を口うるさく言い続けること
・志の高い仲間を集めること。
などなど

更なる成長できる環境を提供したく今回はリクルート研修制度を作りました。ディリットは人の成長に最大限投資する会社にしていきます。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
このリクルートの言葉が好きです。

リクルート出身の尊敬する藤原さんの動画をアップします。

2016年04月12日

お客様とのリレーションを築き長期的にサポートする!今後の方針について!

ども!

お疲れ様です。最近は社内の人材育成のことを書いていましたが、お客様に対しての方針をまとめましたので共有します。

『私たちがリアルキュレーターになりお客様にベストな通信環境を提供する。』

※リアルキュレーターとは→http://fanblogs.jp/okasurferatsushi/archive/47/0

この原則をぶらさずに3つの方針を打ち出します。


@提案の幅を広げる。

固定回線だけではなく携帯電話もポケットWIFIも提案できるようになる。

Aアプローチの幅を広げる。

・訪問だけではなく、イベントやWEBサイトで!
・マンションだけではなく、戸建てに!
・個人だけでなく、法人も!

Bお客様とのリレーションを築き長期的にサポートする。

・携帯電話が壊れてしまった。ディリットの人に聞こう。
・友達にネット引きたい人がいる。ディリットの人に聞こう。
・新商品のCMが気になる。ディリットの人に聞こう。


提案の質を高めて
たくさんの方に価値を提供し
長期的にサポートする。


これらを達成するために今までやってきたことだけでは実現出来ません。自分達ができることだけやるのではなく、ディリットのメンバー全員で創意工夫して達成できるように挑戦しましょう!

社訓5番→ひとつの成功に縛られない。変化を求める。


2016年03月22日

進路相談!新卒と企業の採用マッチングを変革する!

ども!

お疲れ様です。弊社の営業マンで今年就職活動をするメンバーがいます。その営業マンと今後の進路について話をする機会があり、その中で気づいたことや今後やりたいことが見つかってきたので共有します。


自分 『どういう基準で就職先を探しているの?』

営業マン『海外が好きなのと、営業のスキルを活かしたいので商社に入りたいです。』


それを聞いたときに就職活動ってのは大半はそうなのかもしれないけど、それで就職したら後で後悔すると思いました。

新卒の採用市場はどうなっているのかと考えると、一部の優秀な学生が大学時代に将来役立つことをやってきて、将来のビジョンを持って会社を選ぶ。そういう優秀な人財は当然優秀な会社がリクルートする。大学時代にたいしたことをしてこないで、就職活動になって焦って自分の頑張ったことを探し取りつくろって就職活動をする。当然優秀な会社はその学生を見抜き不採用にする。不採用になった学生は焦って就職先を探す。そして優秀じゃない学生と優秀じゃない会社がマッチングされる。そして就職してから思っていたのと違うというミスマッチをおこし退職する。

優秀な学生は
・大学時代でやるべきことをやっている。
・ビジョンを持っている。

優秀な学生と優秀な会社がマッチングする。

ダメな学生は
・大学時代は惰性で生きている。
・将来のビジョンを持っていない。

ダメな学生とその学生を見抜けない会社がマッチングする。

ダメな会社とダメな学生のマッチングすることで、よく言われる新卒の3割は3年以内に辞めるということが起きる。新卒社員はやりたいことが出来ずにやめる。会社は最近の若者は使えないと愚痴をいう。

これからどうするべきか?

学生は、大学生活を有意義のものにして将来役立つことをやる。将来のビジョンを持って就職先を探す。

企業は、人財を見抜けるようにする工夫をする。


そのなかで僕は、弊社に来た学生には社会に出て役立つスキルを身につける機会を提供する。これを追及する。そして企業は学生が書いたとりつくろった履歴書を読まずに第三者が履歴書をつくりそれを見て採用を決める。つまり、今の履歴書は自分で作るのでとりつくろうことが出来る。それが出来ないようにする。

たとえば弊社の学生の中にも個性があり強みや弱みがある。1年以上みているとその学生の本質が見えてくる。とくに弊社で一番活躍している学生のことは僕は、1冊の本を書くくらいの分厚い履歴書を書けます。


・社会で活躍できる学生を育成して、その学生が将来活躍できるステージに押し上げる!

・企業には使えない学生を採用しないで学生の本質を知って採用するシステムをつくる!


そして採用ミスマッチを起こさずに学生はやりがいを持って仕事ができるように、会社は優秀な人財を採用することでさらなる発展をしてもら。そのためにやることは山積みですが、一歩一歩着実に実現に向けて頑張ります。


孫さんは中学生の時から将来のビジョンを持っていた。最強の中学生。

検索
ファン
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
さんの画像

元サッカー少年、元ソウルサーファー、横浜で会社を経営しています。
ブログ
プロフィール
日別アーカイブ